こんな明るいイベント見たことない!? 佐藤聡美さんとささきのぞみさんも登場!――「タルタロス 感謝祭 2011」イベントリポート(1/2 ページ)

7月2日に、タルタロス初のユーザーイベント「タルタロス 感謝祭 2011」が開催された。アップデート情報もザクザク放出!

» 2011年07月04日 14時38分 公開
[蒼之スギウラ,ITmedia]

 シーアンドシーメディアは7月2日、東京都東銀座の時事通信ホールにて、同社の運営するオンラインゲーム「Tartaros-タルタロス-」のオフラインイベント「タルタロス 感謝祭 2011」を開催した。

 「Tartaros-タルタロス-」は、韓国のINTIVSOFTの開発したオンラインRPG。高いグラフィッククオリティと、オンラインゲームでは二の次にされがちなシナリオ面が大いに作りこまれており、高い評価を受けている作品となっている。

 また、そのストーリー性の高さから、登場するキャラクターの人気が高く、キャッチコピーも「ひとりでも仲間と遊べるオンラインRPG」としている。ゲームの導入部分の難易度も低めとなっており、ライトユーザーや女性ユーザーからも人気が高い。

 イベントのゲストとして登場したのは、ルコ役の佐藤聡美さんと、リアン役のささきのぞみさん。「タルタロス 感謝祭 2011」では、今後のアップデート情報に加え、「感謝祭」らしくゲストのふたりを絡めたトークショーや、ユーザー参加型のクイズイベントなどが行われた。本記事では、公開された情報と、イベントの様子を併せてお伝えする。

アップデート情報続々公開! 今年の夏は新ファッションアバターできまり!?

 本イベントの開場は午後1時からだったのだが、午前中より開場の周りには人だかりができていた。イベントの開始前より、ユーザーの熱はかなり高かったようだ。

用意された寄せ書きボードで、こちらは開場してすぐの状態。記事の最後にはイベント終了後の写真も掲載する

 会場には、ポスターや寄せ書きボード、撮影コーナーなども用意されており、待つ時間にも飽きさせないような気配りが見て取れた。ユーザー間でのコミュニケーションも多く行われているようで、明るい雰囲気の中開場の時間を迎えた。

シーアンドシーメディアより「Tartaros-タルタロス-」プロデューサー織田英治氏
シーアンドシーメディアより「Tartaros-タルタロス-」ディレクター川原久義氏

 まず最初に行われたのは、シーアンドシーメディアの本作プロデューサー、織田英治氏と、同じく本作ディレクターの川原久義氏による、アップデート情報などの情報公開だ。

 詳細は後に記載してゆくが、公開された情報は下記のとおりだ。

公開されたアップデート情報

追加される21階から40階にかけては。精霊系のモンスターが多く登場するという

【近日実装予定】

  • 新ファッションアバター(夏モデル)登場

【今年夏季中実装予定】

  • エターナルダンジョン階層追加 20階→40階へ
  • 新マップ「Aisen エイセン(仮)」追加
  • 新マップ追加に伴う、新NPC、新モンスターの追加

【年内実装予定】

  • シナリオリプレイ機能
  • アバター合成機能
  • インベントリー構造改変

 今年夏季中にアップデート予定のものとして、最初に大きな情報が3つ公開された。1つ目は、タルタロス内でも屈指の難易度を誇るコアユーザー向けダンジョン「エターナルダンジョン」の階層が、21階から40階まで一気に追加。2つ目は、新マップである「Aisen エイセン(仮)」、およびそれに伴う新NPCや新モンスター実装の発表である。

 「エターナルダンジョン」の新階層では、これまでとマップの雰囲気が大きく変化し、出現するモンスターも、ゴーレム・マシン系から精霊系へと変化するとのこと。織田氏が「階層が一気に、2倍の40階までとなります!」と発表した際、会場からは盛大な拍手が巻き起こった。難易度は見当もつかないが、挑戦するユーザーたちのやる気は十分のようだ。

スクリーンに映し出された瞬間に、会場がどよめいた、女の小子型モンスター

 「Aisen エイセン(仮)」は、現在の最新マップ「結界の帳幕」に続く新マップ。こちらでは、水系統のゴーレムや、包丁を持った女の子のモンスターに加えて、新たなNPCの姿も公開された。

 ストーリーを重視する作品だけに、作品の世界観を作り上げるNPCにも、細かな性格設定やクエストがそれぞれに用意されている。どんなストーリーが楽しめるのか、キャラクターたちを見て想像を膨らませておこう。

左が男性用、新ファッションアバター、右が女性用、新ファッションアバター

 続いては発表されたのは、近日に実装予定となる新ファッションアバターに関しての情報。男女ともに、シンプルで涼しげな姿がデザインが見て取れる。露出度高めなクロモドさんのVネックや、イリシアさんの生足サンダルなどなど、なかなか良いポイントを押さえている。……なお、取り上げた注目点は筆者の趣味とは関係ないことを明記しておこう。

 最後に、現在開発中の実装予定新システム情報が公開された。

 実装が予定されているのは過去に見たシナリオをリプレイで観覧できる「シナリオリプレイ機能」、使用していないアバター同士を組み合わせて新たなアバターを製作できる「アバター合成機能」、アイテムの収納システムを改善する目的の「インベントリー構造改変」の3つとなる。

 各システムは、現在開発中のためか詳細な情報はまだ公開されていないが、今年中の実装を目指しているとのこと。

ここでしか見れないマル秘開発裏情報、色々なランキングが公開!?

 アップデート情報の公開が終わると、続いて始まったのは、本作の開発会社となるINTIVSOFT社への潜入(?)リポート。そしてタルタロス、日本サーバーの国勢調査(ランキング)の情報公開だ。

キャラクターモーションやデザイン製作している真っ最中の、貴重な映像が公開された
INTIVSOFTの社長であるイ・ジュウォン氏

 開発会社であるINTIVSOFTへの取材を行ったのは織田氏だが、次々に出てくる開発中の情報やデータを見てきたからか、子供のような表情で「楽しかったです、初めてディズニーランドに行ったときみたいな気分でした」と語り、川原氏からは「あなた仕事で行ったんですよね」とツッコミを受けていた。

 撮影した手撮りのムービーが終了すると、なんとINTIVSOFTの社長イ・ジュウォン氏が登場。イ氏は会場のユーザーに向け「今回は、日本のユーザーさんたちの顔を直接見ることができて、大変うれしく思います。今後も、より皆様の力で、タルタロスを盛り上げていただきたいと考えております」とコメントし、降壇となった。

 次に行われたのは、オンラインゲームのイベントでは欠かせない、国勢調査と銘打ったサーバー内のデータ公開。

ワールドはどれも均衡しているが、ゼウスが少し多い。レベルは、10以下の低レベルと50以上の高レベルが多く見られる
アンケート「好きなチャレンジ」のトップは「封印から解き放たれたテスベル」
「苦労したシナリオ」と「好きなシナリオ」はそれぞれ「エグリートの魂」と「迷いの森の姉妹」が1位を獲得

「好きなBGMランキング」の1位は、ログイン画面で流れる「Wheel of fortune」
注目のキャラクター人気投票。前回総選挙で1位だったルコが2位となり、1位を獲得したのはイリシア!

男女比は7対3の割合で男性が多く、年齢層は25歳以下が7割を占めるという結果に

 各ランキングやデータは下記にまとめておいたので、タルタロスの現状を知るために、ぜひともチェックをしておいていただきたい。

 ちなみに、このランキングの中の「好きなBGMランキング」の結果を元に、タルタロスオリジナルサウンドトラックを製作する予定もあるとのこと。まだこれについては詳細は不明なので、続報を期待して待つこととしょう。


タルタロス男女比

  • 男性 71.4%
  • 女性 28.6%

プレイヤー年齢層

  • 15歳以下 4.5%
  • 16〜20歳 30.8%
  • 21〜25歳 34.6%
  • 26〜30歳 16.9%
  • 31〜35歳 8.3%
  • 35歳以上 5.0%

ワールド比率

  • ガイア 32.7%
  • ゼウス 38.3%
  • アテナ 29.0%

レベル帯の分布

  • 10以下 29.7%
  • 11〜20 13.1%
  • 21〜30 10.3%
  • 31〜40 10.7%
  • 41〜50 11.3%
  • 51以上 24.9%

「好きなチャレンジ」

  • 第1位「封印から解き放たれたテスベル」
  • 第2位「氷龍の巣」
  • 第3位「エターナルダンジョン」

「苦労したシナリオ」

  • 第1位「司祭の最後の祈り」
  • 第2位「迷いの森の姉妹」
  • 第3位「エグリートの魂」

「好きなシナリオ」

  • 第1位「アデルリン女神の物語」
  • 第2位「エグリートの魂」
  • 第3位「迷いの森の姉妹」

「好きなBGM」

  • 第1位「Wheel of fortune」
  • 第2位「Burning Obolus」
  • 第3位「夜明けに鳴り響く小さな鐘の音」
  • 第4位「Adrenalone Rush(A-Nu-Vies MOONLIGHT mix)」
  • 第5位「拘束 -サスペンス-」

「メインキャラクターランキング」

  • 第1位:イリシア
  • 第2位:ルコ
  • 第3位:ナギ
  • 第4位:アエルロト
  • 第5位:ソーマ
  • 第6位:シュバルマン
  • 第7位:ピンコ
  • 第8位:クロモド
  • 第9位:エルピントス
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」