ニュース
» 2011年07月04日 14時38分 UPDATE

こんな明るいイベント見たことない!? 佐藤聡美さんとささきのぞみさんも登場!――「タルタロス 感謝祭 2011」イベントリポート (2/2)

[蒼之スギウラ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

今後のアニメタイアップや、コミカライズの情報も公開!

 ランキングなどの情報公開が終了すると、カンファレンスの締めくくりとして、今後のプロモーション活動に関するアナウンスが行われた。

 まず、6月9日〜30日まで開催されていた「魔法少女まどか☆マギカ」とのコラボ企画の結果が公開。なんと、この短期間のうちに、キュゥべえが約1万体、そしてグリーフシードが1千万個以上もの数が確認された。これだけグリーフシードがあれば、魔法少女になっても。もうなにも怖くない!

wk_110704tartaros25.jpgwk_110704tartaros26.jpg

 それに続くコラボとして発表されたのが、「ぼくらの」や「ラストエグザエル」を手がけたアニメーション製作会社GONZOの完全オリジナル作品「こぴはん」だ。放送に先駆けてのコラボとなるので、作品の予習として触れてみてはいかがだろうか。

wk_110704tartaros27.jpgwk_110704tartaros28.jpg

 さらに「タルタロス×電撃オンライン」と称して、ユーザー投稿型ブログ「天空の投稿陣」が7月よりスタート。その後にはコミカライズ化の計画も進行しているそうだ。まだこれらのキャンペーンに関する詳細は明らかにされていないが、「天空の投稿者」に関しては7月中のスタートということで、近いうちにアナウンスがあるだろう。

 ここまでで、新情報の公開などは終了となる。イベント中は、なんらかの発表があるごとに、終始笑い声や歓声が上がっていた。「タルタロス」という作品に対する熱意が、製作側、ユーザー側問わずに高いことが感じられた。

ルコ役の佐藤聡美さん、リアン役のささきのぞみさんによるトークショーが開幕!

 プロモーションが終了すると、ルコ役の佐藤聡美さん、リアン役のささきのぞみさんにが登場。その際に織田氏は降壇し、川原氏がそのまま司会を務める流れとなった。

wk_110704tartaros29.jpg ルコ役の佐藤聡美さん
wk_110704tartaros30.jpg リアン役のささきのぞみさん

 お2人の演じるルコとリアンは、1月に行われたキャラクター人気投票総選挙にて、それぞれ1位と2位を獲得しており、とにかく人気が高い。シークレットゲスト、といった扱いだったため、登場した瞬間の会場の盛り上がり方には、なかなかすさまじいものがあった。

 ここからは、河原さんがふたりに質問し、それにトークで答えていく、という形式になった。

  • 質問1:各キャラクターを演じた際に、気を配った点は?

佐藤さん ルコちゃんはですね、お姉ちゃんのことがすごく大好きで、猪突猛進な性格の女の子です。最初はかなりやんちゃな部分があったけど、物語が進むにつれて、色々なことを学んでいく。っていう成長していく姿を感じられるように演じました。

ささきさん しっかりもので責任感のあるリアンは、真面目なキャラクターでありながら、お姉さんとしての愛情を感じられるように。強さの中に、穏やかなやさしさが感じられるように、気をつけて演じました。あとは、聡美ちゃんのことを考えて、妹に対する愛情っていうのを、駄々漏れな感じに!

  • 質問2:各キャラクターを演じていて苦労した、大変だった点は?
wk_110704tartaros31.jpg

佐藤さん 基本的にはまっすぐな子なので、演じていて難しいっていう所はあまりありませんでした。でも、ルコちゃんはかっこいい男の子口調を使う子なので、それをいかにかっこよく言うか、っていう点では苦労したかもしれません。

ささきさん そうですね。リアンは嬉しくても、怒っても、悲しくても、凛とした姿勢を崩さない子なので、それを表現するのが少し難しいところでした。

佐藤さん 姉がしっかりしてるから、妹は安心してやんちゃになっちゃうんですよ。うちの妹はものすごく自由ですし。

ささきさん ウチはその間逆ですね。私が姉なんですけど、私のほうがかなりおっちょこちょいで、妹がどんどんしっかりしていくんです(笑)

佐藤さん 逆のパターンもあるのですね!

wk_110704tartaros33.jpg
  • 質問3:タルタロスをプレイしていますか?

佐藤さん してます! でも、もともとあんまりオンラインゲームをやってなかったので、すごく進行が遅いです。今はナギが仲間になった、レベル20くらいです。ルコに会えるようにがんばろうかなと思っています。

ささきさん 私は、そうですね。……あの世から見守っていようかと思います。ホームページは何度も見ているのですが、今ちょっとインターネットがつながっていなくて、昭和初期のような暮らしをしております。

  • 質問4:好きなキャラクターは?

佐藤さん ルコです。やっぱり自分のキャラが大好きですよ。それ以外なら、今時分が使っているロト様ですね! 使いやすいんですよこれが!

ささきさん リオネとか、ユリとか、好きなキャラクターは挙げればキリがないんですが、やっぱり私はナギがいちばん好きです。見た目もそうなんですが、見ていてとにかく癒されます。

  • 質問5:タルタロスで他に演じてみたいキャラクターは?

佐藤さん たくさんいて難しいですね。

ささきさん 私はミミかな! 猫の。

佐藤さん ありですね!

ささきさん いつでもルコと一緒にいられるし、なにより猫が大好きなので。

佐藤さん 女性なら、エルピントさんやリアンみたいな年上の方で、男性ならお話の初期に出てくる某覆面系のあの人を(笑)

ゲストふたりによる生アテレコ! 他出演による豪華なボイスメッセージも

 質問コーナーの次に始まったのは、ゲストのふたりによる生アテレコのコーナー。ゲームの収録は基本的に別々で録っており、このように生のかけあいが見られるのは、非常に貴重と言える。

 アテレコした場面は、ルコが暴走してリアンに刃を向ける、というシーン。先に実際にゲーム中で見られるシーンを上映した後、同じシーンにアテレコする、という流れで行われた。

 イベントという環境でありながら、まるで本来のアフレコ現場にいるような、迫力の演技を見せてくれる。最後の「ニャーン」というミミの声をなぜかささきさんが演じ、見事にオチをつけてくれた。

wk_110704tartaros36.jpgwk_110704tartaros37.jpg ソーマ役の下野紘さん。ソーマ君がこれからどこに向かうのか、不安で仕方ないらしい

wk_110704tartaros38.jpgwk_110704tartaros39.jpg ピンコ役の広橋涼さん。どうもイベントの日は大好きな映画の公開日だったそうだ

wk_110704tartaros40.jpgwk_110704tartaros41.jpg シュバルマン役の鳥海浩輔さん。普通のことを淡々と喋ってるだけなのになぜか笑いが起こる

wk_110704tartaros42.jpgwk_110704tartaros43.jpg イリシア役の大原さやかさん。「イベントは出たい!」と言ってた筈なのにハブられた、と悲しい話題に……

wk_110704tartaros44.jpgwk_110704tartaros45.jpg アエルロト役の野島浩史さん。「僕も行きたかったですよ!」と、悲しみを叫んだ

wk_110704tartaros46.jpgwk_110704tartaros47.jpg ナギ役の福井裕佳梨さん。コメントがなかなか出てこない裕佳梨さんに、会場からは「がんばれ!」といった声が

wk_110704tartaros48.jpgwk_110704tartaros49.jpg クロモド役の浪川大輔さん。「アルポォンス!」の叫びが会場に響いた

wk_110704tartaros50.jpgwk_110704tartaros51.jpg エルピントス役の小清水亜美さん。総選挙で10位だったことをひきずっているご様子

 アテレコが終了すると、それに続けて、今回のイベントには未出演の、キャストの方々によるボイスメッセージが公開。デフォルメされたキャラクターが、ぴこぴことアニメーションしつつ喋る、という手の込んだ仕様で、来場者を驚かせていた。

ユーザー参加ステージその1「タルタロス、マルバツクイズ!」

 ここからは「感謝祭」らしく、ユーザー参加型のステージが行われてゆく。まず最初は「タルタロス マルバツクイズ大会」がスタート。その際に一旦、佐藤さんとささきさんは降壇した。

wk_110704tartaros52.jpgwk_110704tartaros53.jpg

 最初は、ストーリーを進めていれば誰もが分かるような「ピンコは、レナルト村の神童と呼ばれていた?」という質問から、だんだんと難しくなっていき、後半になってくると「ロトルア村の村長マイドスは、片眼鏡を左目にしている?」や「アクセサリーの“黒猫の耳”と“白猫の耳”の制作費用は同じ?」という、難易度の高い問題まで。

 難問を制して最後まで残った正解者には、イリシア専用アバター「ブルーマリンセット」と、オフラインイベント用缶バッチ11種類セットがプレゼントされた。

 景品が授与され、コーナーが終了したと思われたが、その後にエクストラ問題として2つ、1問正解すると次のタルタロスDAY(7月10)の午前11時〜午後11時にかけて、経験値が2.5倍。2問正解するとアイテムドロップ率も2.5倍となる問題が出題された。

 1問目「“タルタロス”とは、結界陣の名前である」、2問目「タルタロスのキャッチコピーは“僕の運命。あなたとの運命”である」という2の問題に見事正解! 晴れて経験値とアイテムドロップ率が2倍になることが決定。タルタロスプレイヤーは時間を合わせて狩りに出よう。

ユーザー参加ステージその2「目指せ! 最後のひとり!」

 マルバツクイズが終了すると、先ほど降壇した佐藤さん、ささきさんが再び壇上に立った。次のユーザー参加型ステージ第2弾は、佐藤さん、ささきさんによる「目指せ! 最後のひとり!」だ。

wk_110704tartaros57.jpgwk_110704tartaros58.jpg

 来場者を、佐藤さん率いる「チームルコ」と、ささきさん率いる「チームリアン」に分けて行う対戦型ゲーム。ルールは簡単、まずは全員が立ち上がり、各チームのリーダーである佐藤さんとささきさんが、チームに向かって交互に質問を投げかける。

 その質問に当てはまった人のみが立ったままで、当てはまらなかった人は座る。4つ質問をした時点で、最後に立っている人物の少ないチームの勝利となる。ただし、質問に対して誰も座らなかった場合。または全員が座ってしまった場合は、即チームの敗北となってしまう。

wk_110704tartaros59.jpgwk_110704tartaros60.jpg

 質問は自由にして良いとのことだが、一応簡単な質問リストも作られていた。だが、その中には「職業がニンジャの人」や「実はオボロスを持っている人」など、どう考えても選んではいけなそうなものまで用意されていた。

 最初は無難な質問をしていたが、勝負を決したのは、以外にも佐藤さんの「猫を飼っていますか?」という質問。普通にありそうなものだが、全員が座ってしまう。佐藤さんの「さてはみんな犬!?」という叫びが会場の笑いを誘っていた。

 何気にその数をふたりまで減らしていたささきさんのリアンチームが勝利。最後に2人には、景品としてタルタロスオリジナルWebマネーカード500円分、タルタロスまるごとパッケージ、そして推奨ゲームパッドと缶バッジがプレゼントされ、「目指せ! 最後のひとり!」は終了となった。

ユーザー参加ステージその3「タルタロス 助っ人を探せ!」

 最後のユーザー参加型ステージは「タルタロス 助っ人を探せ!」。引き続き、佐藤さんとささきさんが指揮を執っての、対抗戦となった。

 勝負の内容はタイトルの通り「ユーザーたちの中から、お題に合った助っ人を連れて来て勝負してもらう」というもの。今回はお題を変えての2回戦となった。

 1つ目のお題は「自分こそは、ゲーム内“おしゃれNo.1”という人は誰?」、2つ目のお題は「チャット入力なら誰にも負けない!」というもの。

 それぞれ、実際にログインして勝負をしてもらう予定だったが、1つ目のお題を確認する際にトラブルが発生してしまい、引き分けとなってしまう。

 しかし、タイピング勝負では、ワープロ検定一級を持っているという、佐藤さんの助っ人が見事に勝利を飾る。意味のない、キャラクターの名前が列挙されただけの文字列を、手馴れないキーボードで打ったにもかかわらず、かなりの速度をたたき出していた。流石の一級である。

wk_110704tartaros64.jpgwk_110704tartaros65.jpg

 勝利を飾った佐藤さんのチームには、本イベント限定のポスターに、佐藤さんとささきさんの直筆サインをその場で入れてのプレゼント。ささきさんのチームにも、別の景品が贈られた。

どこまでも期待に応える! アンコールに応えてじゃんけん大会!

 3つのユーザー参加ステージをもって、本イベントの全行程が終了となった。佐藤さんとささきさんが退場し、川原氏による終了の挨拶が入った。

wk_110704tartaros66.jpg

 これで終了かと思いきや、ここでユーザーよりアンコールの声がかかる。それに応えて佐藤さんとささきさんが再登場し、最後の華とばかりに盛大なじゃんけん大会が行われた。

 最後らしく景品もとにかく豪華。勝者にはオリジナルのUSBメモリ、イリシアの特大タペストリー、そしてメインキャラクターを演じるキャスト9人によるサインが入った色紙が、ひとりづつに手渡された。

 これが終わって、本当のエンディングが始まった。スクリーンにはサプライズとして、イ念とに参加したすべてのプレイヤーネームがスタッフロールのように流れ、会場は歓声に包まれた。

wk_110704tartaros69.jpg イベント終了時の寄せ書きボード。ハミ出すほどに愛が溢れている!

 最初から最後までユーザーライクな姿勢を貫き、来場者のみならず、スタッフにも笑顔の耐えないという、良い雰囲気のイベント。いちユーザーとして、そしてファンとしてこれほどうれしいイベントは少ないだろう。

 今後またこういったイベントが開催されるかは分からないが、もし次の機会があるのならばぜひ参加して、この空気を味わっていただきたい。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.