iPhoneとゲームボーイの共通点――横井軍平、そしてオモチャの時代遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論(1/2 ページ)

優れたオモチャには、子どもにもすぐ遊べるシンプルさと、触った途端にパッとスムーズに動くレスポンスが必須だ。iPhoneを触っていて思ったことがある。「コンピュータはいま、ようやくオモチャの世界に追いついたのではないか?」

» 2011年07月06日 13時29分 公開
[遠藤 諭,アスキー総合研究所]

「遠藤諭の『コンテンツ消費とデジタル』論」とは?

 アスキー総合研究所所長の遠藤諭氏が、コンテンツ消費とデジタルについてお届けします。本やディスクなど、中身とパッケージが不可分の時代と異なり、ネット時代にはコンテンツは物理的な重さを持たない「0(ゼロ)グラム」なのです。

 本記事は、アスキー総合研究所の所長コラム「0(ゼロ)グラムへようこそ」に2010年07月12日に掲載されたコラムを、加筆修正したものです。遠藤氏の最新コラムはアスキー総合研究所で読むことができます。


 1996年頃、私の編集部に配属になったEくんが、「エンドウさん、横井軍平って知ってますか?」と言ってきた。「知らないよ」と私。すると、彼は小判のゲーム雑誌の記事(彼が関わったらしい)を取り出して、その人物がどんな仕事をしてきたのかを教えてくれた。なんでも、私が子供の頃にあこがれた「マジックハンド」を作った人物だという……。

 そうして、『横井軍平ゲーム館』(牧野武文著、アスキー刊)という本が作られることになった。私は企画を通しただけで何もやっていないのだが、この本はやがて、ゲームに興味のある人たちの間で「幻の本」になった。

ゲームボーイの生みの親

『横井軍平ゲーム館』

 なにしろ、横井軍平という人は、任天堂の「ゲームボーイ」の生みの親でもある。ゲームボーイといえば、2000年までの販売台数が世界中で1億台を突破している(ゲームボーイアドバンスを含む)。世界中の子供たちの手に届けられ(ある国では「BOY」という名前が性差別ではないか? という議論が起きたこともあった)、湾岸戦争のときには戦場に兵士たちが大量に持ち込んだというニュースもあった。こうしたトピックは、ゲームボーイが世界で本当に浸透していたから出てきたものだろう。

 『横井軍平ゲーム館』が幻の本となった理由の1つは、本が出た直後の1997年に、横井軍平氏が交通事故で亡くなったというのもある。我々にデジタル時代の「遊びのインフラ」とでもいうべきものを提供してくれた人の声を、二度と生では聞くことができなくなったからだ。2003年、IGDA(国際ゲーム開発者協会)はゲームの世界で多大な貢献をした人物として、「GUNPEI YOKOI」に『生涯功績賞』を与えた。

 ゲームボーイ以降、横井軍平の仕事が世界中の人たちに感動を与えたのは事実だろう。しかし、『横井軍平ゲーム館』で紹介されているのは、ビデオゲームの時代がくる前に横井軍平の生み出した数々のオモチャが中心である。それは、たしかにどれもサイエンスの香りのする、頭をひねらされる逸品ばかりである。

横井軍平の代表作である「ラブテスター」のケース。黒一色に英語表示のみで、いかにもオトナ向けといった印象

 しかし正直なところ、世界中にはもっと優れたオモチャはたくさんある。より天才肌のオモチャ作家もいるに違いない。世界最初の音ゲー的オモチャである「サイモン」や世界最初のテレビゲーム機を作ったベアードもいるし、日本にだって学研の『科学』や『学習』の付録を作った作家たち(彼らの作品は単品の科学教材として世界に輸出されていた)、横井軍平の同時代ならエポック社という強力なライバルもいた。

 エポック社の「スーパー・ヘリコプター」は、極限までシンプルな作りなのに、いま遊べばTVゲームのように完全にはまってしまうという秀作(モーターで浮遊するヘリの角度と回転数だけで、当時憧れのラジコンのようにコントロールして遊ぶ)。横井軍平だけがオモチャ作家ではないし、我々をワクワクさせたわけではない。

 すべてのオモチャ作家は、アルキメデスではないかと思うのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評