オンラインゲームでは初上陸 沖縄で「タワー オブ アイオン」&「リネージュ2」のオフラインイベント開催

めんそーれ沖縄。エヌ・シー・ジャパンの「公認ネットカフェ 3on3 バトルトーナメントin沖縄」が提供したのは“ゆるやかで充実した時間”だった。

» 2011年08月31日 09時40分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 その日はゆっくりとした時間がネットカフェに流れていた。沖縄の那覇市中心に位置する国際通りに面して店舗をかまえる「スペースクリエイト自遊空間 国際通り店」において8月27日と28日、エヌ・シー・ジャパンが3人一組でチームを組んだプレイヤーvsプレイヤー(以下、PvP)対決イベント「公認ネットカフェ 3on3 バトルトーナメントin沖縄」(以下、本トーナメント)を開催した。

 初日に行われたのは「タワー オブ アイオン」の3on3 バトルトーナメント。午後1時の開場だったが、東京などで開催されるイベントと比べ、実にのんびりした出だしだった。人もどこかよそよそしい。そうした中、今回の大会の趣旨とルールの説明からイベントは始まった。

画像 国際通りにあるスペースクリエイト自遊空間 国際通り店。受付にはイベントの告知が1
画像 大会当日は無料で来場でき、液晶テレビや羽の無い扇風機といった賞品が当たる抽選会が催された
画像 普段はビリヤードなどを置くスペースにPCが並ぶ

 3on3 バトルトーナメントは、「タワー オブ アイオン」のPvP機能を活用したトーナメント制の大会。アステリア要塞インスタンスダンジョンを舞台に、天族と魔族に分かれて対決する。クラス破りでの編成はできないが、回戦ごとに職業を変えてもいい。武器・防具はすべて「テンペル シリーズ」。神聖付与。魔石はなし。羽はストームウイング。武器は「沈黙効果」「失明効果」の2種があり、各クラスに運営判断による武器が用意されている。なお、消耗品はスクロール(上級勇気、上級疾走、上級覚醒、高級衝撃緩和)、上級治癒ポーション、高級生命の秘薬、高級精神の秘薬、最上級生命の新薬、最上級精神の新薬、ボウ/シャドウ専用消耗品を各1000個、下級封魔石20000個を用意。スティグマはすべてキューブ内に用意。キャラクター待機場所に各種族のスティグマ各人がおり自由にカスタマイズ可能だ。公式ルールに準じて行われる。

 大会の優勝チームと準優勝チームには豪華ゲーム内アイテムがプレゼントされるほか、観戦者にもミニゲームやガチャアトラクションなどが設けられている。

 事前の応募で20人がエントリーされていたが、当日になってメンバーの欠席などがあり、即席チームを呼び掛ける場面も。なお、3on3の勝利条件は制限時間内に相手を全員倒すこと。終了時に残った場合は生存人数で決める。

画像 田邊氏と青木氏が進行。アイオンガールの木下彩さんも沖縄初上陸

 MCに立ったのは、タワー オブ アイオンのイベントでおなじみの田邊裕貴氏と青木淳氏。そしてアイオンガールの木下彩さんが華を添える。まずはクイズ大会で場の空気をやわらげる。クイズを通して、当初遠巻きだった参加者の距離がぐっと近づいたように思う。どれくらいの動員を予定していたのかは分からないが、参加者の数は他の会場と比べても少なかった。だが、沖縄人の気質か距離が近づけばそんなことは気にならないほど、独特の気持ちいい空間がそこに流れていたのではないだろうか。

 そもそもなぜ今回、沖縄での開催を決めたのか? 企画をしたスタッフに話を聞いてみたところ次のような回答があった。

「沖縄という場所柄、今までイベントがあって行こうと思っても行けない、イベント実施実績が少なくどのようなイベントかあまり知られていないということがあったと思います。そのため、沖縄の既存のお客様もイベントに参加して身近なものとして感じていただき、オンラインゲームの特徴である繋がる楽しみを、リアルの場においても感じていただいて、お客さん同士で新たなコミュニケーションを創出してもらえれば、と思い開催致しました。また、イベントを開催することで、まだ『リネージュII』や『タワー オブ アイオン』などを知らない方、オンラインゲームをプレイしたことが無い方も多数巻き込んで、まずは“触れる”という実体験をしてもらいたいと思っておりました」


画像 タワー オブ アイオンをやったことがない参加者が、約4時間でキャラメイクからミッションクリアまでやってみる。どうやらまた数人のプレイヤーが誕生したようだ

 その言葉どおり、大会は田邊氏と青木氏も舌を巻くような圧巻の試合運びを見せたり、ティーンエイジャーのルーキーがキャラメイクからミッションクリアまでを見届け盛り上がったりと、思ってたよりも進行もやりやすかったという。もちろん、反省もあるだろう。集客や宣伝が十分だったのか、プログラムの進行に不備はなかったのか……。だが、PCトラブルもなく天気にも恵まれた、気持ちのいい時間は提供できたのではないかと手ごたえはあったと2人。

 事実、参加者からは「また沖縄でもイベントをやってほしい」「自身のキャラクターレベルは低いのでトーナメント参加は難しいと思っていたが、イベントの様子など分かったので遠くから来た甲斐があって良かった」と声があがる。とかくこうした地方での大会は、福岡や大阪などで開催されることが多く、沖縄での開催を諦めていたという参加者がほとんどだった。だからこそ、「このような参加は初めてでその場で知らない人とチームを編成して対戦するのは不安だったが、チームとして勝利するとやっぱり嬉しかった」というコメントが印象的だった。イベントとして成功したかどうかは主催者の判断に任せよう。ただ、初めてこうしたイベントに参加することができたというユーザーの声がある限り、開催した意義はあったのではないかと思う。


画像画像画像 参加したのは7チーム。すべての試合がストレートで勝負を決していた。結果、スペルウィングの使い方が抜群にうまかった「竜族エリート戦闘兵」が勝利をもぎとった

画像 田邊氏が飛び入りで参加したが、いつのまにか3対1に。さすがに多勢に無勢
画像 クイズ大会では多人数にうっかり釣られて移動してしまい、全員不正解なんてことも
画像 ミニゲームの「キャプってハニー」。ダイスに出た数をNPCからの距離としてピタリ賞を狙う

The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (C) 2009 Ncsoft Corporation. NCJapan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  5. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  6. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  8. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  9. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  10. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」