コラボも多数発表の発売直前イベント 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」発売直前パーティGACKTさんが軍服で戦場の空を駆ける(1/2 ページ)

11月14日、スクウェア・エニックスは「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の発売直前イベントを開催した。ゲストのGACKTさんが戦場を爆撃!?

» 2011年11月15日 13時29分 公開
[蒼之スギウラ,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 11月17日に発売を予定している「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の発売を記念して11月14日、東京品川のインターシティホールにて開催された。

 本作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」は、世界的な人気を誇るFPS「コール オブ デューティ」シリーズの最新作。キャンペーンモードなどで語られるストーリーは、前作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」に引き続き、多国籍特殊部隊「タスクフォース141」の戦いが描かれる。

画像画像

 本記事では、スペシャルゲストとしてGACKTさんも登場したイベントの様子をお届けしよう!

和田洋一社長の強気コメント! 「本作は日本でも売れる」

 イベント会場は、映画も上映できる特大ホール。この席が完全に埋まるほどのファンや報道陣が来場した。会場の席がすべて埋まった頃、今回のMCを務める森一丁氏、柿沼佐智子さんが登場。簡単な挨拶の後、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏が登壇した。

画像 スクウェア・エニックス代表取締役社長、和田洋一氏

 「どうも、社長の和田でございます」と慣れた様子で挨拶し、「本シリーズは、毎回新作が出るたびに、世界中の開発会社が打ちひしがれるかのようなクオリティを実現してきました。そして本作もまた、前作を上回るクオリティとなっております」と、作品のクオリティを強気にアピールする。

 さらに、FPSや海外向け作品が日本では受け入れられにくい、という現状に対して「“洋ゲー”というレッテルで、敬遠されがちなジャンルではありますが、本シリーズに関しては、日本のゲームファンにも受け入れられています」と発言。日本でも本気で売る、という力強い姿勢が見られた。

 「このタイトル最大の特徴は、コミュニティのプラットフォームとしても優秀であるという点です。ゲーム内で知り合った友人とともに戦う、という経験を、ぜひ皆さんにしていただきたいと思っております」とコメント。シリーズの発売前イベントではおなじみとなった「公式フラゲ」を来場者全員に約束してくれた。

シリーズの世界観を生かした、数々のコラボレーションを発表!

 本作の特徴に、タイアップによるグッズなどの展開などが挙げられる。このあとは、実施されるタイアップの内容についてお伝えする。発表を担当したのは、スクウェア・エニックスの宣伝部、本作の宣伝プロデューサーである井上和則氏。

 最初に発表されたのは、様々なゲーム作品とのコラボレーションを行なっている、カラオケパセラリゾーツとのタイアップ商品。

画像画像

 11月28日まで、パセラ秋葉原電気街店が「CALL OF DUTY CAFE」として、専用のフードメニュー、およびドリンクを提供する。

 RPG-7の砲弾模した形の「RPG7パフェ」や、戦車型のチョコレートが鎮座した「CALL OF DUTY ハニートースト」など、作品の特色を生かしたメニューばかりとなっている。メニューの種類は全部で20種類あり、それらをすべてオーダーすると、オリジナル缶バッチがプレゼントされる。

 また、秋葉原電気街店以外の店舗でも、オリジナルのドリンクを提供している。こちらも、一品オーダーするごとにオリジナルのコースターがもらえるので、ファン同士でカラオケに行く機会があれば、ぜひ立ち寄って注文してみよう。

 井上氏によると、このコラボレーション企画は、関西地方で多くの店舗を構えているカラオケ店じゃんがらの、一部店舗でも行われているそうだ。

画像画像

 次に発表されたタイアップは……。という発表がされる前に、まずは映像が流された。戦場を黒いジープ車が駆けてゆく、というものだが、どうやらゲーム映像ではなく実写のようだ。

 それもそのはず。2つ目に発表されたコラボは、クライスラー社とのタイアップによって開発された特別仕様車「ジープ・アングラー・アンリミテッド ルビコン Call of Duty 2」の発売。なんともスケールの大きなコラボレーションに、会場のファンたちは唖然、といった具合だった。

画像画像 会場には、実車が展示されていた。ラインアップには、シルバーのモデルも用意されるとのこと

 「アングラー・アンリミテッド ルビコン」を基本としており、オフロードレースにも耐えうる仕様となっている。さらに、インテリアなどのデザインの各所には「コール・オブ・デューティ」シリーズを思わせる刺繍などが施されている。

 値段は428万円。限定60台のみの販売となっているので、一生自慢できること間違い無し。我こそは真の「コール・オブ・デューティ」ファンだと言う方は、ぜひ購入していただきたい。購入のご相談は、全国のクライスラー店頭へ!

画像

 最後には、少しコラボとは毛色の違った情報が発表された。それは、本作を使用した大会「東京6大学対抗戦」についてだ。

 その名の通り、東京6大学に数えられる名門校、慶應義塾大学、東京大学、法政大学、明治大学、立教大学、早稲田大学の学生たちがチームを組んで戦う対抗戦となる。賞金の総額は100万円で、国内で行われるゲーム大会としては、かなり大きな部類に入るだろう。

 井上氏によると、本作のプレイヤーには大学生が多く、大学生をターゲットとした大会を開催するとのこと。聞きようによっては、今後はより範囲を広げて大会を行う可能性もあるといった趣旨の発言も見られたので、戦いを渇望しているプレイヤーは、ぜひ期待しておこう。

 また、この大会には大学生以外のプレイヤーもゲストとして登場できる枠が用意されている。詳細は、追って公式ホームページなどに掲載されるので、気になる方はチェックしておこう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評