ニュース
» 2011年11月22日 11時35分 公開

ミクロの世界へようこそ! デジタル顕微鏡「EV5680B」で見る極彩色に魅了される美しすぎる(3/4 ページ)

[池田圭一,ITmedia]

多焦点処理で、驚愕の顕微鏡写真を撮ろう

画像 サンプルの植物細胞切片を、接眼レンズ部にコンパクトデジカメをつけて撮影

 EV5680Bは「デジタル顕微鏡」。フィルムカメラがデジタルカメラになって、新世代の使い方を得たように、顕微鏡にもデジタル化のメリットはある。ここではそのひとつを紹介しよう。従来、顕微鏡写真などは、接眼レンズをカメラのレンズでのぞき込むようにして撮るコリメート法で撮られることが多かった。EV5680Bでも試してみると、こんな感じになる。

 しかし、この方法で撮った写真はあまり鮮明とはいえない。なぜなら、顕微鏡は極端なマクロレンズのようなもので、高倍率になるほどピントの合っている範囲(被写界深度)が極端に狭くなるからだ。接眼レンズ越しに肉眼で見ているなら、人間の目の焦点調節が自然に働いて、もう少し広い範囲まで鮮明に見えるのだが、写真だとそうはいかない。400倍で植物細胞を見ているなら、細胞の表面、細胞壁の直下、核や葉緑体などの細胞内構造などすべてピント位置が違う。

 こういうときに使って便利なのが「多焦点合成」という処理だ。ピント位置を変えながら撮った複数枚の写真から、ピントの合っている部分だけを抽出して1枚に合成する。そうすることで、視野の全域にピントが合い鮮明になるのだ。

画像画像 「グミ」の葉の裏側は、傘のような形をした毛でおおわれている。【100倍】で見ていると、その一部分にしかピントが合っていないが、多焦点合成を行うとこうなる

 焦点位置を変えながら(上から下へ、あるいは下から上へと)撮影した一連の画像ファイルを用意する。EV5680Bの場合は専用ソフト aigo ScopeImage 9.0の「ビデオキャプチャー」、「連続キャプチャー」で1〜2秒間隔で撮影しながらピント調節つまみをゆっくり動かせば一連の画像が撮れる。多焦点合成ソフトにはいくつかあるが、ここでは、フリーソフトウェアの「CombineZP」を紹介しておこう。

画像 長く定評のあった多焦点合成ソフトCombineZMの後継として開発されたCombineZP。Windows向けパッケージはサイト上のCombineZP Packageをクリックして入手できる

 CombineZPに読み込ませると、その段階で各画像の大きさや位置が自動解析されひとつのイメージファイルになる。その後、プルダウンメニューで「Do Stack」、「Pyramid Do Stack」など合成手法を指定、「GOボタン」をクリックすると自動的に処理が進み、数分でイメージが完成する。最後にセーブすれば、多焦点合成写真の完成だ。合成処理には、幻想的なイメージに仕上げるもの、コントラストの高いところを中心に重ねるものなど、さまざまな手法が用意されている。中には時間がかかるものもあるが、完成画像を見ながらいろいろ試してみよう。


画像 「NEW」をクリックし、ピントをずらしながら撮った一連の画像ファイルを読み込ませる
画像 スタック(積み重ね)処理の手法を選択して[GO]をクリックすれば自動処理の開始だ

画像 クエン酸の粒(結晶)を【100倍】で20コマ撮影、[Pyramid Weighted Average]処理
画像 そのとき、ピント位置から逆算し、被写体の奥行きを示したのがこちらの画面だ

画像画像 ジャガイモの葉【100倍】には細胞が複雑に並んでいる。ハコベの子房【40倍】も形が面白い

画像画像 カタバミの花粉【1000倍】と、キクの花粉【1000倍】。花粉にはいろいろな形がある

画像画像 水たまりに珪藻の仲間を捉えた【1000倍】。頬の内側に綿棒をあてて採取した粘膜細胞【1000倍】

画像画像 怪獣のように見えるのはシソの花【100倍】。重曹の結晶【100倍】も形状が興味深い

画像画像 クエン酸の結晶【40倍】。硫安の結晶【40倍】は水に溶かしプレパラート上で自然乾燥させた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」