「バイオハザード6」などの情報も、もりもりご紹介!――バイオハザード生誕15周年記念「バイオハザード プレミアムパーティー」バイオと聞いて、鈴木史朗さんが司会にやってきた!(1/2 ページ)

「バイオハザード」生誕15周年を記念し、盛大なプレミアムイベントを開催。最新作「バイオハザード6」などの情報が公開された、その様子をリポートする。

» 2012年01月21日 17時19分 公開
[蒼之スギウラ,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
画像

 カプコンは1月20日、バイオハザードシリーズ15周年を記念して「バイオハザード プレミアムパーティー」を、東京の渋谷O-EASTにて開催した。

 シリーズ第1作目、プレイステーションの初代「バイオハザード」が発売されたのは、15年前の1996年3月22日。ハイクオリティなビジュアルや、独特の恐怖を煽る演出で、ホラーアクションゲームの代表的なタイトルという地位を確立した。初登場のゾンビが、こちらを振り返る瞬間が印象に残っているという人も多いはず。

 イベントには、バイオハザードの公式ファンクラブ「CLUB96」から招待され、多くのファンが来場。最新作として発表されている「バイオハザード リベレーションズ」の映像や、待ちに待ったシリーズナンバリングタイトル「バイオハザード6」の最新情報などが発表された。本記事では、そんなイベントの様子をリポートする。

アニバーサリーイベント開幕! 15周年を記念した、様々な情報が公開された

 会場となった渋谷O-EASTには、バイオハザードに関連する様々なグッズが展示され、イベントだけの特別ドリンクやフードメニューが無料で振舞われた。

画像画像

画像画像

画像画像

 また、発売直前の「バイオハザードリベレーションズ」は、イベントの合間に実機プレイができる試遊台も用意された。1人プレイ用台とコープ(協力)プレイ用台があり、どちらかというとコープ用の台が人気を集めていた様子。

画像 フリーアナウンサーの鈴木史朗氏

 イベントがスタートし、まず最初に登場したのは、総合司会を務めるフリーアナウンザーの鈴木史朗氏。73歳という高齢ながらかなりのゲーム好きで、バイオハザードシリーズにおいては、並のプレイヤーでは太刀打ち出来ない腕をお持ちとのこと。

 鈴木氏は登場から挨拶もそこそこに、バイオの面白さをガッツリ語り、さらに「昨日の夜も、バイオ4のマーセナリーズモードをやっていました。なかなか20万点以上を出せないんですよ。今19万7600点まで行ったんですけど、もしやりかたの分かる人がいたら、どうやって出すのか後でこっそり教えて下さい」とコメント。最初からエンジン全開で、来場したファンからも笑いが起きていた。

画像 カプコンのバイオハザードシリーズ総合プロデューサー、小林裕幸氏
画像 カプコンの「バイオハザードリベレーションズ」プロデューサー、川田将央氏

 鈴木氏に続いては、バイオハザードシリーズ総合プロデューサー、小林裕幸氏と、「バイオハザードリベレーションズ」プロデューサー、川田将央氏が登壇。紹介されるタイトルや、映像についての解説を行った。ここからは、紹介されたタイトルごとに分けて掲載してゆく。

ストーリーが見えてくる、新ロングPVを公開! 「バイオハザード リベレーションズ」

画像

 最初はもちろん、1月26日に発売予定の「バイオハザード リベレーションズ」。まず、本邦初公開のロングPVが公開され、その後は川田氏による簡単なゲーム解説と、実機による協力プレイの実演が行われた。

 川田氏は「これまでは、ストーリーを感じさせるような部分は伏せてきましたが、今回はゲーム内のクライマックス近くまでの映像を公開しています」コメント。

 実際その通り、ゲーム画面だけでなく、これまで公開されたプロモーションビデオで顔が見えなかった「ガスマスクの男」の素顔が登場している。PVは公式ホームページで見られるが、ネタバレを嫌う方は、あえて観ないで発売を待つのもいいだろう。

画像 カプコンの「バイオハザード リベレーションズ」ディレクター、中西晃史氏(左)。同じくカプコンの「バイオハザード リベレーションズ」アシスタント・プロデューサー、竹中司氏(右)
画像

 続く解説とゲームプレイは、本作のディレクターである中西晃史氏と、同じく本作のアシスタント・プロデューサーである竹中司氏が担当した。2人で「レイドモード」と呼ばれるコーププレイを、かなり高い難易度のステージをプレイしつつ、解説を行なってくれた。

 竹中氏は「本編をしっかりとホラーにしたので、レイドモードは遊びやすいように、本編とはかなり違う仕様になっています」と話した。ゲーム画面を見ると、敵の体力が表示されていたり、ダメージが数値で出るなど、ユーザーインタフェースに色々な違いが見受けられる。

 難易度を上げると、本編には登場しない強力な敵も出現するようで、やりこみ派には欠かせない要素だろう。また、使用するキャラクターを選択できたりと、自由度の高いモードとなっている。

画像画像 4つある「最強の武器」の1つ、伝説のショットガン「ドレイク」。

 プレイ終了後は「レイドモード」に登場する、新たな要素が公開された。これまでのシリーズでも武器の強化が行えたが、本作には「レイドモード」内に、4つの「最強の武器」が隠されているようだ。これをすべて探し出すのはかなり難しいようなので、全国のやりこみ派「バイオ」プレイヤーは、全力で探し出そう。

かつての仲間たちと戦う、バイオ初の本格TPS作品「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」

 お次は、今年発売を予定している新作タイトル「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」のストーリーを描いたロングトレーラームービーが公開された。

 本作は、これまでのシリーズでは敵として扱われていた「アンブレラ社」側の視点で戦う、TPS(三人称視点シューティングゲーム)。これまで主人公として戦ってきた、クリスやレオン、ジルなどが敵として登場することになる。

 解説役を務めた小林氏によると、これまでの「バイオ」シリーズと違い、アクションゲームとしてではなく、TPSとしての完成度を突き詰めた作品となるそうだ。

 映像を見た鈴木さんは「これはもう、映画超えちゃってますね」と、楽しそうにコメントしていた。本格TPSの世界で活躍する鈴木さんの姿も、ぜひ見てみたいところ。

画像画像

 ここで公開された新情報は「先着特典」として用意されるDVD。「バイオ」シリーズを愛するアーティストたちによるメッセージや、開発チームによるインタビューなどが収録されるとのこと。購入予定がある方は、予約を確実に行おう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」