ニュース
» 2012年01月21日 17時19分 公開

「バイオハザード6」などの情報も、もりもりご紹介!――バイオハザード生誕15周年記念「バイオハザード プレミアムパーティー」バイオと聞いて、鈴木史朗さんが司会にやってきた!(2/2 ページ)

[蒼之スギウラ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「クロニクルズ」シリーズの感動と恐怖が、HD映像で蘇る! 「バイオハザード クロニクルズ HDセレクション」

画像

 続く紹介タイトルは、「バイオハザード クロニクルズ HDセレクション」。これは、シリーズのストーリーを追体験できる作品「バイオハザードアンブレラ・クロニクルズ」と「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」のHDリマスター版となる。

 まだ現状では細かな情報は公開されていないが、シリーズのストーリーを追える作品なので、最近「バイオ」を知ったファンには特にお勧めしたい。

 発売日などの情報は随時公開されてゆくとのことなので、気になる方は情報を随時チェックしておこう。

なにもかもが「圧倒的」なシリーズ最新作「バイオハザード6」

 そして最後はお待ちかね、最新作「バイオハザード6」の情報が、限定的ながらも公開された。紹介を行ったのは、引き続き登場した小林氏と、「バイオハザード6」のディレクターを務める佐々木栄一郎氏、同じくプロデューサーを務める平林良章氏の3人。

画像 カプコンの「バイオハザード6」ディレクター、佐々木栄一郎氏
画像 カプコンの「バイオハザード6」プロデューサー、平林良章氏

 まず最初は、本作を紹介するロングトレーラームービーが流され、その後に解説が開始された。ちなみに、このムービーも公式サイトにて視聴できるので、まだ見ていない方は是非視聴してほしい。

画像
画像 こちらが新たな「恐怖」を表現する存在「ジュアヴォ」。現在は名前以外のすべてが不明

 バイオハザードシリーズに受け継がれる「その先にある恐怖」が、1つのコンセプトとのこと。そのために、久しぶりにゾンビが登場することが発表された。

 小林氏はゾンビについて「今回のゾンビは、これまでとは違った動きをします。そこにも本作ならではの、秘められた理由があります」という意味深なコメントを残している。ゾンビの「動き」にヒントがあるのだろうか。

 さらに、プレイヤーへ新たな「恐怖」を与える存在として、「ジュアヴォ」という敵も存在する。こちらについての情報はまだ不明なので、今後の情報に期待しよう。

画像画像 おなじみの主人公、クリスとレオン

画像 3人目の「謎の男」
画像

 次に開設されたのはストーリー。これまでのシリーズに登場したレオンとクリス、そして新たな「謎の男」が主人公となり、複数の視点で物語が進行してゆく。

 レオンのストーリーは、大統領とともにバイオテロに巻き込まれ、大統領がゾンビと化す場面。クリスのストーリーは、バイオテロが発生した中国の町からスタートする。中国の町について佐々木氏は「ある町」という表現をしたが、ここでその名前を伏せる意味とは何だろうか。想像は膨らむばかりである。

 サブキャラクターとしては、レオンとともに行動し、バイオテロを引き起こした女性「ヘレナ・ハーパー」。クリスを「隊長」と呼ぶ男などが確認できた。今後どのようにストーリーへ絡んでくるのかが楽しみだ。

画像

 ゲームプレイ面では、特徴として「臨場感あるゲーム内演出」が挙げられた。これについては、まだほとんど情報を公開できないらしいが、映像の美しさとその迫力を見れば、その意味も理解できる。

 さらに佐々木氏は「ご紹介したムービーは、半分以上がプレイアブルの画面です」と語っており、特徴の「臨場感」がプレイアブルの中にもしっかりと組み込まれていることをアピール。

 操作系統について平林氏は「過去バイオを触れた中で、もっとも手触り感のいい操作システムになっています。直感的にいろいろなアクションを取れるようになっていますよ」と発言。細かな調整もしっかりと行なっているのは、嬉しいポイントだ。

 小林氏によると、本作は過去最大規模の精鋭スタッフを用意しており、国内で150人。海外スタッフまで合わせれば600人以上が関わっているとのこと。

 発売日はすでに今年の11月22日と発表されており、今後はどんどん発表されてゆくので、発売日までの期間はしっかりと情報に目を光らせておこう。

画像画像 「バイオハザード」のmixiページとフェイスブックページ。続報が追加されてゆくので、興味のある方は登録してみよう

 最後には、本作の発表を機にオープンされる「バイオハザード」シリーズのmixi公式コミュニティと、フェイスブックページ、YouTubeのバイオハザード専用チャンネルの存在が発表され、アニバーサリーイベントは終了となった。記事のラストは、イベントに登場した各人のコメントの紹介をもって締めくくりたい。

鈴木氏 バイオハザードをプレイするのに後ろめたさを感じる必要はありません。ハーバード大学の調査により、ゲームには、体の様々な機能の向上に役立つそうです。みなさん、バイオハザードをプレイして人間力をアップしましょう!

佐々木 僕自身がこのシリーズの大ファンでして、今製作しているバイオハザード6は、この世界の中で見たいシーンや体験したいシーンを詰め込んだ作品です。ぜひご期待下さい。

平林 モノを作るのが好きで、バイオが好きなスタッフが、現在も昼夜問わず制作作業を続けております。今後も情報は要チェックです。

小林 バイオハザード6は、制作スタッフのみなさんやファンの皆さんが待ち望んだ作品だったと思います。本当に過去最高のバイオになったと思います。今後はいろいろな情報を出していきますので、発売まで今しばらくお待ちください。これからも、バイオハザードシリーズは展開を続けていきます。本日は長い間ありがとうございました。

画像

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」