ニュース
» 2012年02月08日 10時32分 公開

世界最強ママチャリで往く! 埼玉発、東京湾行きサイクリング散歩するガジェット(2/3 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]

国道4号が綾瀬川にぶつかる場所から南下

 即、整備が行き届いている荒川サイクリングロードに行けば良いのですが、筆者が埼玉県在住につき、かなりの距離を一般道(国道4号線)で移動せねばなりません。そこで荒川に流れ込み東京湾まで続く、綾瀬川沿いに入りました。綾瀬川遊歩道は荒川サイクリングロードほど道幅はないのですが、歩行者の安全に注意して走れば自転車の走行も可能ということは草加市役所に確認済み。当然ながら歩行者優先です。

 しかし、車道をくぐるように走行することができ信号がない荒川沿いとは違い、川沿いを走っていてもすぐ車道にぶつかり横断歩道を渡らねばならなかったり、大迂回を強いられたり、幅の狭い車道も走行せねばならないのは、河川の規模からいってもいたしかたがないところでしょうか。さらに2012年1月末現在、護岸工事などで通行止めの場所もあり、筆者のような事情がない限り最初から荒川サイクリングロードに入るのが良いでしょう。松尾芭蕉像があったりして遊歩道としては楽しめる要素が多いのですが、現状、サイクリングにはおすすめできません。

画像 綾瀬川は護岸工事中の場所が多いこともあり、こんな川ぎりぎりまで近づけてしまう。現状、子供には危険な場所が多く、ファミリーでのサイクリングには向かない。初めて走行するコースを家族でサイクリングするシチュエーションでは下見が必要だろう

オートマチックでの走行が現実的

 いよいよ荒川サイクリングロードに入ります。ところで、荒川サイクリングロードは時速20キロメートルの速度制限があります。ビビチャージ・Wでアシストモードをオートマチックで走行していると時速20キロメートル前後が快適に巡航できるスピードになるのでちょうど良いスピードではあります。一般道に比べて、サイクリングロードは逆走もなく比較的安全に走ることができました。しかし、筆者を倍ぐらいの速度で追い抜く暴走ロードバイクもなくはありません。一般道からサイクリングロードへ入る際やサイクリングロード走行中に停車する際は、十分に後方を確認する必要があるでしょう。筆者はバックミラーがほしくなりました。

 それから、アシストモードは結局、ほぼすべてオートマチックで走りました。何度か平地充電モードを試してみたのですが、平地ではフィットネス用の自転車マシンを低負荷設定で漕いでいるようなペダルの重さなってしまいます。それでも旧型電動アシスト自転車のようにモーターを引きずるような重さはないのですが、よほど下り坂が続くとか、急な坂があってそこだけアシストがほしいとか、バッテリーの充電を忘れて困ったとか、特殊な事情がない限り使用することはなさそうです。

 逆にいえば、それだけオートマチックモードが良くできていてバッテリー容量も大きいので、ユーザーは何も考える必要がないということでもあります。考えなくて良いということでは、ギアは2段目だけを使って特に何も操作せずに走ることも可能ですが、内装3段ギアをすべて使えばよりスムーズに走り出せ、時速20キロメートルにも早く到達しきびきび走れます。信号待ち後の青信号のスタートダッシュでは、ロードバイクや原付スクーターに勝つこともあったぐらいです。

画像 堀切菖蒲水門の手前(上流)ぐらいから荒川沿いに入る。この独特なデザインの水門は、増水時に中川からの逆流を防ぎ、綾瀬川の効率的な排水を可能とするためのもの
画像 堀切菖蒲水門を少し下流へ移動した場所。左が綾瀬川、右が荒川。空のぼやっとした黒い点は野鳥。この画像には写っていないが、荒川対岸へ目を向けると東京スカイツリーも望むことができる

画像 後方に東京スカイツリーが見える。この画像では分からないが、ウサギ像の下には「海まで9.9km」とある
画像 荒川サイクリングロードのありがたいところは、ところどころトイレが設置されているところ。こちらは「河口から1k江東区東砂」の場所にあるトイレ
画像 首都高速中央環状線の後ろに見えるのが上平井水門。中川が綾瀬川と合流する場所にある、高潮の侵入を防ぐための防潮水門だ。河川沿いのサイクリングは、いろいろな建造物を見ることができて飽きることがない

「河口から0k」でもまだその先が

 荒川は両側にサイクリングロードがあり、海へ向かって走ったときの右側(西側)は左側(東側)を走ったときよりも先に終わってしまいます。また、左側も海というにはずいぶん手前で終わります。

 走りやすさとしては右側が良い気がしましたが、景色は左側が良い気もしたので、実走する機会があれば確認していただきたいポイントです。サイクリングロード脇に設置されている「河口から何k」の表示は、「ここはまだ海じゃないでしょ?」と思ってしまうような手前から「0k」を表示するのでうっかり「そろそろゴールか……」なぞと油断はできません。葛西臨海公園まで行く場合はペース配分に注意が必要です。地理でいうところの河口と、実際に走っている人間が思う河口にはズレがあるようです。

画像 「河口から0k江戸川区清新町」とある。実は、荒川と綾瀬川の間を走るとこの中州のような場所が終点となる。手前の清洲大橋を渡り、中川沿いに入ると葛西臨海公園まで行くことができる

画像 清洲大橋を渡り、中川沿いに入ったところ、撮影の都合でビビチャージ・Wは進行方向と逆(上流)を向いている。荒川河口付近は綾瀬川、中川が合流しておりどの流れがどの川なのか分かりにくい。前回ウェラブルカメラで動画を撮影したのはこの道だ

画像 とうとう葛西臨海公園に到着した。でも、まだここは入口のようなもの。インターネットで得た事前情報では西なぎさ、東なぎさと2つある小島のうち、西なぎさには渡ることができるようだったのだが……

画像 西なぎさに渡る橋まで行ったものの、「自転車・バイク進入禁止」の警告があり左脇には駐輪場が……。ビビチャージ・Wの撮影ができなければ意味がないので、渡らずに東京湾に近づける場所を探して移動することに。年始早々だったため門松が設置されていた

画像 後方の小島が西なぎさ。さらに後方には、中央防波堤内側埋立地にある東京臨海風力発電所の風車と、その左に建築中の東京ゲートブリッジ、小さいがジャンボジェット機、ヘリコプターも写っている。東京湾は被写体には事欠かない

向かい風、ランプ点灯の帰路

 さて、葛西臨海公園に無事到着しましたが問題は帰路です。ここでバッテリー残量が60%ですので、計算上は余裕で帰還できるはず。しかし、前日までの走行で葛西臨海公園までなら往復を走りきれるという感触を得て、せっかくの予備バッテリーを持たず車体重量の軽減を優先させてしまったのが悲劇を生むことに……。

 まず、荒川サイクリングロードを上流に向けて走り出すと向かい風です。さらに季節が冬だということもあり、日照時間が短く、夕方になるとすぐLEDビームランプがオート点灯します。当然、行きよりバッテリーの減りが激しくなります。

 結論からいうと、出発地点に戻る寸前にバッテリー残量が0%になってしまいました。見込み違いの大失敗だったのですが、おかげで電動アシスト自転車ならではの仕様を再確認できました。通常のママチャリは、ダイナモで発電してランプを点灯していますが、電動アシスト自転車ではバッテリーから給電してランプを点灯しています。つまり、バッテリーが切れるとランプも点灯しなくなります。これは夜間非常に困ります。

 しかし、そこはちゃんと安全面に配慮されていて、バッテリー残量表示が0%になりアシストされなくなってもバッテリーはある程度残っていてちゃんとLEDビームランプは点灯しています。メーカーによると、ビビチャージ・Wの場合、ここで電源を入れたままにして走行継続すれば、ランプを点灯するために軽い回生充電を行うのでランプが消えることはないそうです。この仕様のおかげで平地充電モードで走行しつつ、つらくなると降りて徒歩で自転車を押すというのを繰り返してランプを点灯したまま自宅までたどりつけました。ただ、それまでアシストがあって快適だった分、それがなくなった際のギャップで余計にペダルが重く感じるということも存分に体感することとなりました。

画像 「移動距離39.3km」、バッテリー残量「60%」。この状態から帰路へ。計算上は出発地点へ戻ることができるはずだったのだが、この後、平地充電モードのお世話になることに
画像 とうとうバッテリー残量なしに。分かりにくいが、LEDビームランプ点灯を示すもの以外、どの走行モードのインジケーターも消えている。出発地点に到着する寸前だった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  8. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」