自分の手で、狙って敵を撃ち抜くのがこんなにもキモチイイとは! トリガーでハッピーになっちまいそうだぜ!「ガンスリンガー ストラトス」体験会(1/2 ページ)

ゲーマー心をくすぐるシステムを満載した、スクウェア・エニックスの新作アーケードゲーム「ガンスリンガー ストラトス」。その体験リポートをお届けする。

» 2012年02月16日 18時47分 公開
[蒼之スギウラ,ITmedia]

 2月15日、「ガンスリンガー ストラトス」の開発元であるバイキングにて、「ガンスリンガー ストラトス」のメディア向け体験会が開催された。

 「ガンスリンガー ストラトス」は、1月11日にスクウェア・エニックスより発表され、今年夏の稼働を予定しているアーケード用オンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム。従来より、ゲーム性しかり、筐体の形しかり、色々な意味で挑戦的なアーケードゲームを創り上げてきたスクウェア・エニックス。そんな同社が今回挑戦したのは、2丁のガンコントローラーを用いた、ガンアクション。

 「アーケードのガンアクションゲーム」と聞くと、1人用レールアクションを想像するが、本作は4対4のオンライン対戦をメインに据えている。2丁のコントローラーを合体・分離させることで武装を変更できるなど、非常に独特なゲームシステムを採用した!

 ……なんて言われても、正直分かりにくいと思うので、ここからは早速、体験会でのプレイ体験を交えつつ、ゲームについての解説を行なっていく。

 ただし、今回体験できたのは、1月に行われた内覧会と同じバージョン。操作形態やユーザーインタフェースも、現行のバージョンでは大きく変化しているということもあり、細かな操作やキャラクターや武器の情報、ゲームバランスなどについては深く切り込んでいない。ゲームの雰囲気や、雑感を確かめる意味でご覧いただければ幸いだ。

敵をこの手で撃ちぬく爽快感を感じよ! 実機体験リポート

 用意された筐体は、チーム台4つが2セットの8台。ローテーションで、各台で1キャラクター2回ずつプレイできた。ゲームの目玉である、4対4のチーム対戦を最初から遊べるとは、なんとも役得な気分だ!

画像
画像 移動速度や攻撃力など、平均的な能力の主人公「風澄徹」

画像
画像 特殊な補助武器を持つヒロイン「片桐鏡華」

画像
画像 高威力のガトリングと、鈍重な移動速度が特徴の「羅漢堂旭」

画像
画像 高い機動力と、妨害武器を駆使して戦う忍者「草陰稜」

 体験会で使用できたのは、これまでにも情報が公開されていたベーシックな性能を持つ主人公「風澄徹」、回復や補助能力を多く持つヒロイン「片桐鏡華」、低い機動力を大火力でフォローする「羅漢堂旭」と、「羅漢堂旭」と、高機動キャラクター「草陰稜」の4人。

 キャラクターそれぞれには武装が設定されており、武装の能力によって、そのキャラクターのコストが決定される。チームには、使用限界コストのような「勢力ゲージ」(現状で詳細は不明)が設定されており、撃破されるとコストぶんの数値がマイナスされる。そして、早く相手勢力のゲージを0にした方が勝利となる。なるほど、非常に分かりやすい。

画像画像 両コントローラーのスティックは、ちょうどPS3のアナログスティックのように、押し込める。右スティックは、視点操作をフリーカメラにできた
画像 右コントローラーにはボタンがついており、これでダッシュやジャンプの操作を行う

 そして、注目すべきはやはり特殊なダブルガンデバイス。縦、横に連結できる合体・分離機構を備えており、両手に持てばハンドガンなどの通常武装、横に接続すればマシンガンなどの連射武器、縦に接続すればレーザーなどの大型武器に武装が変化する。

 ちなみにこのバージョンでは、画面外を撃てばリロード。両手で同時に画面外を撃てば格闘攻撃が行えた。ただし、この操作はまだ確定していないとのことなので、変更される可能性が高いので注意しておこう。

 移動やターゲット変更(視点移動)は、コントローラーの撃鉄部分に設置されたスティックで行える。割り当てられているのは、左スティックで移動、右スティックでターゲットの変更となっている。難しく聞こえるかもしれないが、コンシューマー機を触り慣れて、左スティックで移動、右スティックで視点変更という基本形を理解している方なら、スムーズにゲームへ入り込めるはずだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評