電動スクーター、e-Let'sで往く! 新宿発、秋葉原行き買い出しツアー散歩するガジェット(1/3 ページ)

原付スクーター感覚で運転でき、電動アシスト自転車のようにバッテリーを取り外して充電可能な電動スクーターe-Let'sで、新宿から秋葉原まで往ってまいりました。

» 2012年02月23日 09時00分 公開
[種子島健吉,ITmedia]

“Let's”の名にスズキの本気を感じた!

 2012年2月現在、電動二輪車を発売しているいわゆる国内大手メーカーは、EV-neoの本田技研工業と、EC-03のヤマハ発動機、そして1月9日に発売したe-Let'sのスズキです。

 しかし、どれもガソリンエンジン車でいうと50cc相当の原付一種(以下、原付)という同じカテゴリーの車両なのに、製品の性格はまったく異なっています。EV-neoは質実剛健で業務用向けを主眼としており、EC-03は今までとは異なる近未来的デザインで、新機軸のヴィーグルという位置づけを狙っているといった具合です。そしてe-Let'sですが、これはもうスズキらしいリアリティのある車種ではないでしょうか。

 筆者も以前、乗っていましたが、スズキのベストセラースクーターにアドレスV125シリーズがあります。アドレスV125も体現していましたが、スズキの持ち味は実用性の追求と限られた製品カテゴリーの中でそれをパッケージングにおさめる絶妙なバランス感覚にあるのではないでしょうか。e-Let'sを製品化する際のコンセプト、アプローチも今までのガソリンエンジンの原付スクーターと同じ使い勝手を目指した正攻法ともいうべき観点に立ちつつ、ガソリンエンジン車にはなかった利便性を加味しています。筆者は、ガソリンエンジンの原付スクーターとして歴史ある“Let's”の名を製品に冠したところに、スズキの本気を感じました。

 ちなみに読者諸兄姉の「スズキは電気モーターとか専門外なんじゃないの?」という懸念は、インホイールモーターやリチウムイオン電池などは、パナソニックグループから供給されているという事実が払拭してくれるのではないでしょうか。

画像 ラインアップはe-Let's(メーカー希望小売価格31万2900円)、e-Let's W(メーカー希望小売価格39万6900円)の2車種。車両本体はまったく同じ仕様で、違いはWにスペアバッテリーが付属しているところ。カラーはスプラッシュホワイトのみ

画像 シート下にはバッテリーが入っているのでトランクスペースがない。収納スペースとしては、この容量25リッターの「ロール式シャッター付フロントビッグバスケット」があり、ハンドル下には2リッターのペットボトルが収納可能な「フロントインナーラック」、足下に置いたカバンの持ち手をかけて固定できる「かばんホルダー」を装備している
画像 シート下の様子。前部が下にソケットのある電池収納スペースで、後部がスペアバッテリーか専用充電器が収納可能なスペースになっている。スペアバッテリー、充電器を出した状態なら小物ぐらいなら収納可能だ。キャリアに載っているのが専用充電器

画像 専用リチウムイオンバッテリー。重量7.5キログラムで、容量14.2Ah。家庭用電源で充電でき、充電時間は約4時間。スペアバッテリー単品売りの価格は8万4000円。e-Let'sには1つ、Wには2つ標準装備されている

走行音より風切り音が大きい印象

 筆者は前回のビビチャージのように、電動アシスト自転車には何度か乗ったことがあったのですが、電動バイクには今回初めて乗りました。走ってみた最初の印象は、話には聞いていたものの「ホントに静かだな」というものです。走行中は、アライヘルメットの耳まで覆われるジェット型のヘルメットを被っていましたが、スピードによっては走行音よりもヘルメットが風を切る音が聞こえていました。ガソリンエンジンのバイクに乗っていると、早朝や深夜に近所迷惑にならないよう手前の道路でエンジンを切って、集合住宅の駐輪場まで押して帰るなんてことをやったりしますが、電動であればそんな苦労はなくなります。

 ただし、周囲がエンジン音でこちらを発見できないというのがデメリット。今回、細い車道でしばらく自転車の後ろを走るというシーンがあったのですが、抜くまで自転車はこちらの存在に気がつきませんでした。バイクだと自動車に比べて避けやすいこともあり、歩行者や自転車に対するクラクションをためらいがちですが、電動スクーター乗車時は危険だと感じたらすぐ鳴らすべきだと思いました。賛否両論あると思いますが、場合によってはカスタムスクーターのごとく、何か音楽でも流しながら走る必要があるかもしれません。あとは当然ながら、ガソリンや排気ガスとは無縁ですから、その手の臭いもありません。もちろん、ガソリン補給の必要がないのでガソリンスタンド探す必要もありません。エンジンオイルの交換をする必要がないのも利点ですね。


細い道路を幹線道路に向かって走っている。最後に映っている幹線道路を走る自動車の走行音と比べると、e-Let'sの走行音の小ささが良く分かる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」