ニュース
» 2012年05月12日 16時27分 公開

名作ゲームを言い値で買える! 「PLAYISM」で1周年キャンペーン実施中日々是遊戯

インディーズゲーム配信サイト「PLAYISM」が1周年。13日まで、名作が100円から好きな価格で買えるぞ!

[池谷勇人,ITmedia]

ゲーマーなら当然、PLAYISM、知ってますよね!(よね?)

 インディーズゲーム配信サイト「PLAYISM(プレーイズム)」が5月11日で1周年を迎え、これを記念したキャンペーンを実施中だ。

 5月13日まで、期間限定でほぼ全品を100円からのPay What You Want方式(プレイヤーが好きな価格をつけてゲームを買える方式)で提供するほか、5月17日時点でPLAYISM会員になっている人の中から抽選で1名にiPadが当たるキャンペーンも。また、期間中はサイト内をPLAYISMの主要キャラクターがジャックし、隠しコマンドなど様々な仕掛けも用意される。

画像

 PLAYISMについて簡単に説明すると、「世界中の良質なインディーズゲームを日本語化して販売しているサイト」。昨年大ヒットを記録した「Minecraft」などを筆頭に、近年海外ではインディーズゲームのレベルが飛躍的に向上しており、その注目度は年々高まってきている。そんな海外のインディーズゲームの中から、名作・良作だけを厳選し、日本のユーザーに向けて配信しているのがPLAYISMだ。

 僕らが海外のインディーズゲームを遊ぼうとすると、どうしても購入方法や言語など様々な壁が立ちはだかる。「マシナリウム」や「Dear Esther」など、海外では高く評価されているタイトルでも、日本ではほとんど知られていないというのが実情だ。

 そうした「壁」を取り除き、橋渡しをするのがPLAYISMの役割。普通のゲームに飽きてしまった人や、もっともっと斬新なゲームで遊びたい人は、この機会にぜひ、PLAYISMを通じてインディーズゲームの魅力に触れてみてほしい。

画像 キャンペーン期間中は、トップページをPLAYISMの様々なキャラクターがジャック中

 ついでに、せっかくなので筆者の個人的なオススメ作品を紹介。5月13日までならどれも100円から、好きな価格で購入できるのでぜひ!

マシナリウム

 街を追い出され、ゴミ捨て場に廃棄されてしまったあるロボットの物語。チェコ生まれの謎解き&脱出アドベンチャーゲームで、その独特のアートワークや、文字を一切使うことなく、それでいて厚みのあるストーリーや謎解きを描いた点が世界中で評価された。これまで数えきれないほどのインディーズゲームアワードに輝いており、おそらくPLAYISMで配信されているタイトルの中ではもっとも有名。

 なお今回のキャンペーン対象外ですが、同じスタジオの「botanicula」も超オススメです!


スペースケム

 頭がぐっちゃぐちゃになるほど難しくて、でも解けた時には脳がとろけるくらい気持ちいい、そんな化学パズルゲーム。ゲームのルールは複雑すぎて、ここではとても説明しきれないので一言、「動画を見ろ」!

 とにかく、いままでに誰も見たこともないルールを持ったパズルゲームで、遊ぶほどにそのルールの奥深さと、解法の自由さに驚かされる。もしかしたら、この作品がきっかけで化学に目覚める人もいるんじゃないだろうか。


TRAUMA

 他人の「夢」を覗き、その中をGoogleストリートビューのように歩き、さらに干渉までできてしまうという、ある意味「禁断のゲーム」。ホラー要素はないが、なぜか異様に怖い。夜中に部屋の電気を消して遊ぶとぞくぞくする。

 夢のあるじは、交通事故に遭い、病院のベッドでこんこんと眠る女性。プレイヤーはゲームという媒体を通して、彼女と、彼女の夢と一体化する。でも、そもそもこれ、ゲームと言っていいんだろうか……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」