ニュース
» 2012年05月14日 11時10分 公開

これは確かにトミカかも。インパクト大のトミカ パトカーベビーシューズとなりの便利道具

ある日、カミサンが買ってきたベビーシューズがパトカーだった。

[種子島健吉,ITmedia]

分かりやすいインパクトのある製品

 先日、我が家でとことこ歩き始めた息子用にカミサンが買ってきて、思わず「ナニコレ!」と注目してしまったのがこのトミカのべビーシューズです。聞けば、ちょっと足が大きめでも「大きく開いて履かせやすい」そうで、インパクト満点な外観だけでなくベビーシューズとしてもしっかりしているらしい。オモチャほどの効果はないにしろ、履いている本人は興味津々のようで楽しくお出かけできているようです。ということで、これはもう立派に便利道具といって良いでしょう、と勝手に認定し紹介させていただきます! トミカのほかにプラレール版もあるんです。

画像 左からパトカーべビーシューズ、N700べビーシューズ、ドクターイエローべビーシューズ。2012年1月末に販売開始され、トミカ1車種、プラレール2車種の3車種がラインアップされている。サイズはそれぞれ12.0、13.0、14.0を用意。実売価格1500円程度

見た目のインパクトだけにあらず

 ちょっとネットで検索かけてみたところ、この製品の公式ホームページというのが見つからない……。「どういうこっちゃ?」とタカラトミーに確認してみたところ、タカラトミーからライセンスを受けたフットウェア専門商社コマリヨーが企画開発しているということが分かりました。公式ホームページが見つからなかったのはライセンス製品だったり、コマリヨーが小売りはしていないという事情があるようです。

 それではとコマリヨーの名古屋本社に確認したところ、このベビーシューズは今年1月末に販売が開始されたもので、今のところ3車種をラインアップしており拡充は考えていないとのこと。企画開発にあたっては、今まで少年少女向けキッズ製品はあったもののベビー向けは初だったため、小さい子供がいるお母さんなどにリサーチ。その結果、乳幼児でも履かせやすい履き口が大きいデザイン、歩きやすい足指を動かしやすい扇状の足形、つまずきにくいようにそり上がったつま先、不安定な足元をサポートするしっかりしたヒールカウンターなどを採用したそうです。キッズ向けのシューズの中には、4〜5000円するものもありますが、「この値段で、デザインも作りも良いのはほかになかった」というのはウチのカミサンの評です。

 サイズ15センチメートル以上からのキッズ向けのラインアップではシューズを履く本人にキャッチーなデザインにするという企画方針だそうで、車種も多めです。しかし、ベビー向け商品はそうではなく、ターゲット層は履く本人やお母さんよりも、お孫さんに買ってあげたいという、おばあちゃんだそう。そのため、おばちゃんにも分かりやすいパトカーや新幹線などをラインアップしているとのこと。

画像 パトカーは本家「トミカ」でも大人気な車種でなおかつ、孫にプレゼントしたいおばあちゃんにも分かりやすいデザインということで採用された。売れ行きは好調とのことで、筆者はついつい今後の新展開(新車種の登場)に期待してしまう

画像 面ファスナーをはずすと中には、運転してるおまわりさんが! 写り込んでいるのはいじりたくて仕方がない息子。デザインがデザインなだけにオモチャと完全に勘違いしている模様

 トミカ、プラレールブランドということで注目度も高くWebショップ、実店舗に関わらず、ベビー用品店では扱っているところも多いこちらの製品、ご家族に小さなお子さんがいらっしゃる読者諸兄姉はいちどご覧いただいてはいかがでしょうか。サイズさえ確認できればプレゼントにも喜ばれそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる