デフォルトのままが良い? それとも……本当にモテる「待ち受け」とはモテ機 Vol.3

常に持ち歩くものだからこそ、お気に入りの画像にしたい――それが待ち受け画面の持つ本来の意味だった。しかしモテを狙うならそうはいかない。女子は待ち受けを見て、一瞬のうちに相手のイメージを作り始める。そう、待ち受けは「セルフブランディング」の一種でもあるのだ。

» 2012年05月28日 10時03分 公開
[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 待ち受け画面、それはその人物を表す鏡だ。好きなもの、こだわり、愛する人……そういった情報がむき出しになっている部分だから。マナー的にどうなのかは議論の余地があるけれど、食事や飲み会に行くと、テーブルの上にスマホを置く人は多い。そこでどうしても目に入ってしまう待ち受けからは、わずかな時間にさまざまなことが推察される。どういった待ち受けが女子ウケするのかを、複数の男子から探ってみた。

デキる男系はカレンダー、オシャレ男系は木目調

 ロック画面をカレンダーにしている男子もいる。彼に聞いてみたところ「Quick Calenderというアプリで、2カ月に1度貼り替えている」とのこと。こういった“カレンダー全面押し出し系男子”を見ていると「仕事をきっちり管理したいんだな」「仕事を一生懸命にしてそうだな」と女子は勝手に想像する。よほどのチャラ男でなければね。最も長時間目にするロック画面をカレンダーで硬派に固めているわけだから、ポイントが高くなるのは明らかだ。100点を与えたいかも。

 ほかにも不動の女子人気を誇る待ち受けといえば、連載Vol.1のスマホケースでも優秀だった「木目調」だろうか。「木のケースに合わせてAppleの木目調の画像を使っている」なんていう男子には、もうクラクラしてしまう。実際にそういった“トータルコーディネートが完璧系男子”を見たことがある。いやん、もうズルいなぁという感じ。センスに脱帽。本棚の画像を使っている男子にも惚れ惚れしてしまった。「カレンダー、メール、ニュース、フィードのアプリショートカットを置いている」という彼からは、“シンプルライフ実践系男子”のにおいがしてたまらない。

カレンダー(左)、木目(中央)、本棚(右)

こだわりが強そう……個性派すぎる人々

 人とはかぶらないというか、「これは何ですか?」と、会話の口実としてではなく、普通に「素朴な疑問」として尋ねたくなる待ち受けもある。青いぐにゃぐにゃした模様のような、よく分からない画像を待ち受けにしている男子に思わず質問したことがあるが、「大好きな攻殻機動隊のイメージを反映した意味不明な画像だよ。でも実はこれ、攻殻ファンでも気付かないようなマニアックなやつね、えへへ」とのご回答。見た目はイケている男子なのに! 俺マニアックだぜアピールされちゃったよ! 別の意味で興奮した。

よく分からない青い待ち受け

 「うーん、不思議ちゃん系男子ですか」と問いたくなる、「ご当地キャラでもないぞ?」という謎のキャラクターを待ち受けにしている男子も存在する。彼らの言い分は「癒しが欲しい。このキャラ癒し系でしょ。ロック画面は見る時間が長い分、見ていて癒されるものを持ってきたいのよ」とのこと。癒しって何回言った? 疲れすぎでしょ。

 「佐々木希の水着姿」をロック画面にしている男子もいた。これは絶対につっこんでしまうだろう。「頑張って仕事して『女優と結婚するぞ!』と自分を奮い立たせてるの。この行動は非モテだと分かってるよ。でもこうしないと疲れすぎて倒れてしまう」のだとか。これも癒しの一環といえる。うーん、これらは正統派なモテとは言えないですな。これが「YUKI」や「いきものがかり」なんかだと女子ウケも良く、さらに音楽の話で盛り上がると思うんだけど。

「あえて飾らない」ことでモテる

 iPhone男子に限るが、待ち受け画像はいじることなく、もともと設定されている「水滴」の画像のままだという男子も多く見られた。彼らに共通していたのは“リア充感あふれる雰囲気”である。明らかにモテ系なのだ。“リア充=水滴”なのかぁああ! 私も水滴にしてやる! そう叫びそうになりながら、彼らが「あえてデフォルトにしている理由」を聞いてみた。

 「壁紙やホーム画面を彩るオシャレ画像には、ときに心引かれることもあるけれど、iPhoneのデフォルト画像はやっぱり飽きがこない。さらに言わせてもらうと、スマホの画面ごときで差異化を図るなんて二流だぜ!」(31歳・メディア)

 「僕はApple信者ということもあって、デフォルトの画像を使っている。これはAppleのプロダクト責任者から現場のメンバーも含めて、妥協のない観点からの選択がなされているからね!」(29歳・Webディレクター)

 基本的には“デフォルト男子”にも2パターンあり、飾らない方がカッコいいと理解した上で狙ってやっている男子と、Apple信者すぎるあまりにほかの画像を使うという選択肢はまずないという男子がいる。女子目線では「彼女とか奥さんを待ち受けにしている人よりも、シンプルで味気ない待ち受けの方が、男の色気を感じる。飾らない真の色気ってやつね」「あえて変えないという姿勢に、何だか強い意思のようなものを感じて萌える」といった意見が。

 手をかけることなくモテたいなら、デフォルト画像に決まり。たまたまずっとデフォルトのままにしている男子も、「あえてイジってないのね。うわー、超オシャレ!」などと、女子からあこがれの眼差しで見られていることを意識して。

 ではまとめましょう。ナチュラルなカッコよさを狙うならデフォルト。「おっ!」と思わせたいならカレンダーか木目を。つっこまれてその後のトークで引っぱりたいなら、つっこまれ系個性派画像を。背景が白めのシンプルな画像にして、「何かあったときにすかさずライト代わりにして、大切な女性を守りたいからね」と発言するのも、一部のダンディー男子好きな女子には需要がありそう(実際にいた!)。待ち受けで自由自在にセルフブランディングしちゃえば良いと思うよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」