ニュース
» 2012年05月14日 16時19分 公開

「着けている理由」を説明できなければ、スマホはケースに入れるな?モテ機 Vol.1

たかがスマホケース、されどスマホケース。スマホケースをめぐる話は悲喜こもごも。女子ウケ確実な鉄板モテケース、微妙なケースをさまざまなエピソードから探ってきた。

[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 合コンへ行くと、参加者全員がスマホ――最近こういった場に出くわすことが実によくある。昔はスマホを持っているだけで「キャー、スマートフォンだよねこれ。カッコいい!」「最先端だね」「お洒落男子じゃーん?」などと、流行に敏感な女子は騒いでいたものだが、今は違う。ただスマホを使っているだけではなく、カッコよく使っていないと、特に注目を集めることはない。今回はモテる「スマホケース」に焦点を当て、合コンや飲み会、デートなどで話のきっかけになったり、相手に好印象を与えたり、逆にNGの烙印を押されたりするか、見てみることにしよう。

木の素材は女子ウケ100%保証!

 よく一緒に飲み会に参加する男子が、木のスマホケースを使っている。どこかのお洒落系メーカーの、わりと高級なものらしく、値段を訊くと「○万円くらいかな」と言われて驚いた記憶がある。オーダーメイドか何からしく、詳しくは教えてくれなかった。あのケチ男子め! ただ、飲み会のときにテーブルの上にスマホを置いた瞬間、女子から「えー、これ何? すごいー」とリアクションが来ること確実。6戦6勝といった素晴らしい勝ちっぷりを、この目で確かに見てきた。その後は大抵「お洒落男子」的な扱いを受けていて、いい思いをしているみたいだ。

 確かにデジタル小物×天然の木という、一見逆に見えるものの組み合わせは目を引くものがある。また木で作られているのに、丸みを出せているという、特徴的なスマホケースに美的センスを感じ、「ついでにその男子そのものもセンスが良く見えてくる」という女子の声も。木は最強、ということを覚えておきたい。そのほか、革など高級感のある素材を使用したものも、上品で女子ウケは悪くない。

「理由」は用意しておく方がいい

 特に何の特徴もないスマホケースを使っている男子もいる。よくあるのはビニール素材でできた、ぺらぺらした薄いタイプのものだ。これは何もツッコミしようがない。以前、ガジェット好きな男女が偶然集まった飲み会で「スマホケースを着けるか着けないか」討論が始まったことがある。「んー、別に理由はないけど、買ったときにもらったから着けてる」と答えた“着ける派男子(iPhone保有者)”に、「え。理由がないって? なら着けんじゃねーよ!」と叫んだ女子がいた。酔っていたのか、真のApple製品信者なのか定かではないが、間違いなく彼女はキレていた。特にApple製品愛好者には、製品の美しい造作を愛してやまないので、理由がなければ着けるなという人がチラホラいる。こっちの勝手だろう……と言いたくなるのも分かるが、Apple信者女子には気をつけて。

こだわりが強そうな「裸族派」、神経質そうな「防御派」

 長年のApple製品フリーク、iPhoneに魅せられてApple製品を使うようになったというような人には、裸族派も多い。「ケースを着けるとiPhoneの美しさが損なわれる」といった意見である。いかにiPhoneが優れた外観、機能を持っているかについて、やたら詳しく説明したがるタイプの男子は危険。「へー、iPhoneもiPadも持ってて、Appleの歴史に詳しいなんて、本当に好きなんだね」などと聞いてくれている女子は、心の中で「あー面倒くさいな。早くコイツの説明終わらないかな」と思っている。さらに、Apple製品がいかに美しいかについて非常に長く語られるので、「(美のみならず何に関しても)こだわりが強そうで大変そう」といった印象も抱いている。

「ケースを着けるとiPhoneの美しさが損なわれる」派も

 逆に「北極にでも行くんですか? 画面が凍結することを恐れているのですか?」と言いたくなる、サバイバル系のがっちりしたケースを着けている男子もいる。電話が鳴っていることにも気付かないよね、とむしろツッコミたくなる。女子に聞いてみると「スマホを大事にしすぎているのが神経質そう」「スマホを借りたとして、画面がちょっとでもメークで汚れると不機嫌になりそう」との意見が。守り過ぎも良くない。ただ、あまりに目立つ防御系ケースだと、別の意味でつっこまれる機会は増えそう。

お寿司、天丼、パフェ……オマエは女子大生か?

 スマホケースの裏にお寿司、天丼、パフェやモツ煮込みなど、リアルなフードの模型が付いている「デコ系」はどうだろうか。女子高生・女子大生時代には現役バリバリで「デコレーション」にハマっていた女子も、大人になると一気にデコを卒業する。立体的であることに価値を見出さなくなるのだ。それが大人の階段を上り始めた証拠でもあるだろう。そんなわけで、いい年をして派手なデコ系スマホケースを使っている大人男子を目にすると「幼い」「何をアピールしたいの?」と感じるのだとか。「女子大生っぽい」という感想を抱く女子も。あまり良い印象はないっぽい。実際にかさばるし、女子からは幼稚だと思われるし、良いことなし!

 まれに「画面ひび割れ派」もいる。「これどうしたの?」と毎回ネタになりやすいが、周りから「こいつ、もう4カ月くらい割れたまま使ってんだよー。買い替えろっていつも言ってるんだけど」などと、余計なことをバラされる可能性も。こうなると「ケチなのか?」と思われて、モテなくなってしまうので、諸刃の剣だと思っておきたい。王道は間違いなく、木! エコを押す時代の空気感にもマッチしている。男子諸君は、今日から木のケースを着ければ良いと思うよ。

画面ひび割れは諸刃の剣

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声