「着けている理由」を説明できなければ、スマホはケースに入れるな?モテ機 Vol.1

たかがスマホケース、されどスマホケース。スマホケースをめぐる話は悲喜こもごも。女子ウケ確実な鉄板モテケース、微妙なケースをさまざまなエピソードから探ってきた。

» 2012年05月14日 16時19分 公開
[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 合コンへ行くと、参加者全員がスマホ――最近こういった場に出くわすことが実によくある。昔はスマホを持っているだけで「キャー、スマートフォンだよねこれ。カッコいい!」「最先端だね」「お洒落男子じゃーん?」などと、流行に敏感な女子は騒いでいたものだが、今は違う。ただスマホを使っているだけではなく、カッコよく使っていないと、特に注目を集めることはない。今回はモテる「スマホケース」に焦点を当て、合コンや飲み会、デートなどで話のきっかけになったり、相手に好印象を与えたり、逆にNGの烙印を押されたりするか、見てみることにしよう。

木の素材は女子ウケ100%保証!

 よく一緒に飲み会に参加する男子が、木のスマホケースを使っている。どこかのお洒落系メーカーの、わりと高級なものらしく、値段を訊くと「○万円くらいかな」と言われて驚いた記憶がある。オーダーメイドか何からしく、詳しくは教えてくれなかった。あのケチ男子め! ただ、飲み会のときにテーブルの上にスマホを置いた瞬間、女子から「えー、これ何? すごいー」とリアクションが来ること確実。6戦6勝といった素晴らしい勝ちっぷりを、この目で確かに見てきた。その後は大抵「お洒落男子」的な扱いを受けていて、いい思いをしているみたいだ。

 確かにデジタル小物×天然の木という、一見逆に見えるものの組み合わせは目を引くものがある。また木で作られているのに、丸みを出せているという、特徴的なスマホケースに美的センスを感じ、「ついでにその男子そのものもセンスが良く見えてくる」という女子の声も。木は最強、ということを覚えておきたい。そのほか、革など高級感のある素材を使用したものも、上品で女子ウケは悪くない。

「理由」は用意しておく方がいい

 特に何の特徴もないスマホケースを使っている男子もいる。よくあるのはビニール素材でできた、ぺらぺらした薄いタイプのものだ。これは何もツッコミしようがない。以前、ガジェット好きな男女が偶然集まった飲み会で「スマホケースを着けるか着けないか」討論が始まったことがある。「んー、別に理由はないけど、買ったときにもらったから着けてる」と答えた“着ける派男子(iPhone保有者)”に、「え。理由がないって? なら着けんじゃねーよ!」と叫んだ女子がいた。酔っていたのか、真のApple製品信者なのか定かではないが、間違いなく彼女はキレていた。特にApple製品愛好者には、製品の美しい造作を愛してやまないので、理由がなければ着けるなという人がチラホラいる。こっちの勝手だろう……と言いたくなるのも分かるが、Apple信者女子には気をつけて。

こだわりが強そうな「裸族派」、神経質そうな「防御派」

 長年のApple製品フリーク、iPhoneに魅せられてApple製品を使うようになったというような人には、裸族派も多い。「ケースを着けるとiPhoneの美しさが損なわれる」といった意見である。いかにiPhoneが優れた外観、機能を持っているかについて、やたら詳しく説明したがるタイプの男子は危険。「へー、iPhoneもiPadも持ってて、Appleの歴史に詳しいなんて、本当に好きなんだね」などと聞いてくれている女子は、心の中で「あー面倒くさいな。早くコイツの説明終わらないかな」と思っている。さらに、Apple製品がいかに美しいかについて非常に長く語られるので、「(美のみならず何に関しても)こだわりが強そうで大変そう」といった印象も抱いている。

「ケースを着けるとiPhoneの美しさが損なわれる」派も

 逆に「北極にでも行くんですか? 画面が凍結することを恐れているのですか?」と言いたくなる、サバイバル系のがっちりしたケースを着けている男子もいる。電話が鳴っていることにも気付かないよね、とむしろツッコミたくなる。女子に聞いてみると「スマホを大事にしすぎているのが神経質そう」「スマホを借りたとして、画面がちょっとでもメークで汚れると不機嫌になりそう」との意見が。守り過ぎも良くない。ただ、あまりに目立つ防御系ケースだと、別の意味でつっこまれる機会は増えそう。

お寿司、天丼、パフェ……オマエは女子大生か?

 スマホケースの裏にお寿司、天丼、パフェやモツ煮込みなど、リアルなフードの模型が付いている「デコ系」はどうだろうか。女子高生・女子大生時代には現役バリバリで「デコレーション」にハマっていた女子も、大人になると一気にデコを卒業する。立体的であることに価値を見出さなくなるのだ。それが大人の階段を上り始めた証拠でもあるだろう。そんなわけで、いい年をして派手なデコ系スマホケースを使っている大人男子を目にすると「幼い」「何をアピールしたいの?」と感じるのだとか。「女子大生っぽい」という感想を抱く女子も。あまり良い印象はないっぽい。実際にかさばるし、女子からは幼稚だと思われるし、良いことなし!

 まれに「画面ひび割れ派」もいる。「これどうしたの?」と毎回ネタになりやすいが、周りから「こいつ、もう4カ月くらい割れたまま使ってんだよー。買い替えろっていつも言ってるんだけど」などと、余計なことをバラされる可能性も。こうなると「ケチなのか?」と思われて、モテなくなってしまうので、諸刃の剣だと思っておきたい。王道は間違いなく、木! エコを押す時代の空気感にもマッチしている。男子諸君は、今日から木のケースを着ければ良いと思うよ。

画面ひび割れは諸刃の剣

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」