ロボットでサバイバルゲームができるのか「ロボでサバゲ!」ゲーム編

なんと! サバイバルゲームを人間ではなくロボットを使ってプレイするという試みを、定期的に行っている「ロボでサバゲ!」という集まりがある!! 実際にゲームを観戦してきたので、ここに紹介しよう。

» 2012年08月08日 10時27分 公開
[種子島健吉,ITmedia]

本格装備でアバウトなところが魅力か

 そもそもロボットでサバイバルゲームといっても、予備知識なしではどういったものか分からないと思うので、最初に基本的な部分を説明しておこう。まず本来サバイバルゲームというと、人間がアウトドアのフィールドで電動ガンで撃ち合うというものが一般的だと思われる。それをロボットで行うということで、フィールドは屋内としロボットも日本で運用するにおいて現実的なサイズである、RCカーぐらいのサイズとしている。ただし、実際に電動ガンでBB弾を撃ち合うというところは、人間のサバイバルゲームと同じだ。これは、ロボットでサバイバルゲームをやってみたい! と参加者が思ったときに、一部の市販されているRC戦車のように赤外線などを使った擬似的な射撃判定システムではなく、「やっぱり実弾(BB弾)でしょう!」ということになったそうで、実弾(BB弾)で行うというところは最初からこの競技に一貫している部分だという。

 さてここで、サバイバルゲームに参加したことがある読者諸兄姉は疑問に感じであろう。「ロボットが被弾の自己申告をするの?」かと。そのあたりは、ロボでサバゲ!Wikiにも解説されているのだが、太陽電池を使用した被弾センサーを装備することで解決している。大まかな仕組みは、アルミホイルで太陽電池を覆った被弾センサーのアルミホイルがBB弾によって打ち抜かれていくと、じょじょに専用回路に流れる電圧が上がっていき、ある電圧まで達するとロボットは被弾モーションを取り動作を停止するというものだ(被弾モーションを組み込めないクローラー、タイヤタイプの場合は被弾ランプを点灯して停止する)。被弾センサーは規格化されており、同じものを使用することで各機は同じ条件で闘うことになる。人間が自己申告するより正確かつ、公正なインチキできない仕様であるといえるだろう。

 ちなみに、その日の会場の状態によって明るさは違うため、試合前のレギュレーションチェックの段階で、参加機体すべてが同じ条件になりフェアなゲームが成り立つように調整する。会場が明るめであれば、ある一定の電圧、閾(しきい)値を上げてアルミホイルに大きな穴が開かないと撃破判定にならないように設定する。そうすることで、被弾センサーがすぐに反応してゲームが一瞬で終わってしまうのを防ぐのだ。閾値は、実際に穴の開いた被弾センサーを取り付け、機体の電源を入れ撃破モーションが発動するか確認しながら設定する。当日の参加者の「今日は大きめにしとくか」といったノリで変えることもあるという。「ロボでサバゲ!」を始めてすぐの頃は、なかなか命中させるのが難しかったので、2発命中で撃破判定の設定にしていたそうだが、最近は3、4発命中で撃破判定にすることが多いそうだ。

 操縦は搭載カメラのトラブルなどがなければ、基本的に目視ではなくカメラの映像を観ながらすることになる。ロボットのRCでただ撃ち合うのかな? という予想を裏切る、高度な仕掛けがそこには施されているわけだ。実物を見ないと大袈裟に感じるかもしれないが、筆者は現場で実際に目にして米軍の無線操縦兵器の簡易版のように感じた。

 とまあ、思った以上にちゃんと競技化されているというか、高度な技術が投入されているのだが、まだまだ参加者を募って競技の裾野を広げている段階ということで、移動タイプは多脚歩行でも2足歩行でも、クローラー(無限軌道)でも、タイヤでもなんでもOK! 動けばかまわないというスタンスで、高度なメカニズムを用いながらもアバウトな点が多々あるのがユニークなところだ。レギュレーション、ルール的にはどうかな? という試みや新メカニズム搭載の提案が参加者からあったときの判断基準も、危険だったりほかの参加者や会場として借りている模型の王国 浅草物件の迷惑にならない限り、「おもしろいかどうか」がかなりのウェイトを占めるそうで、ガチガチの競技というより参加者みんなで楽しもうというお祭りのような雰囲気だった。

 さてそれでは能書きはこれぐらいにして、実際にどういったものなのかをご覧いただこう。

画像 この日は十数名の参加者が自慢の機体を持ち寄った。実は「PDFクラフト スコープドッグ1/1」の制作者である大日本技研 田中誠二氏(前列向かって一番右)が世話役として「ロボでサバゲ!」に関わっている。安全のため、見学者も含めたすべての参加者にゴーグルの着用が義務付けられている

各機が搭載する電動ガンから発射されているBB弾が高速かつ小さいので、なかなか戦況が分かりにくいが擱(かく)座、動作停止していく機体の姿が増えていく。最後の笑いは、なんらかのトラブルで被弾したのに動作停止ランプが点灯しなかった「ゾンビ機」が発生してしまっていたためのもの


画像 戦闘後の被弾センサー。見事にBB弾の貫通跡がある。屋内戦ということで、パワーが低めの東京マルイ製ミニ電動ガン(対象年齢10才以上用)を使用しているが、十分な威力である。筆者は撮影のため特別にフィールド内にいたので流れ弾を被弾したが、衣服越しでもそれなりに痛かった

画像 カメラに被弾しヒビが入ったノボリサカ氏の愛機、アーノルド・スタローン。幸いにもヒビがちょうどカメラの中心からは外れていたということで、視野に影響はなく操縦に支障もないとのこと。歴戦の証、名誉の勲章といえるだろう。「当たり所が悪ければ……」とか「ヘルメットがなければ……」とか、ロボットアニメファンならそういうフレーズが浮かびそうなところ

 なお、gons氏の愛機「電龍」が搭載したカメラから送られてくる映像を見て操縦している。電龍は氏が昔制作した機体を「ロボでサバゲ!」用にカスタムしたもので、UHF帯電波で映像を飛ばすデジタルカメラをはじめ、デジタルではないアナログ通信機器が使われている。

アーノルド・スタローンによる射撃デモ。ちらちらと映る赤い点が電動ガンと同軸上に固定されたレーザーポインターの光で、その点を目安に射撃を行っている。左右2門搭載された電動ガンは、同時射撃だけでなく片側のみ任意の射撃も可能だ


画像 個性的な参加ロボットの数々。「勝てる」機体が評価が高いのかと思いきや、撃破モーションが作り込まれた「やられっぷりの良い」機体の評価も高かったりする。いかにも作り手のこだわりや、苦労が分かるロボットビルダー視点でおもしろいところだ

 今回の「ゲーム編」では競技の全体像を紹介したが、次回の「メカニズム編」では、実際に機体に使用されているパーツはどんなものかを紹介する予定だ。今回以上にメカメカしい内容となるので、メカ好きな読者諸兄姉には期待していただきたい。

関連キーワード

ロボット | サバイバル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  6. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  7. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  8. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  9. /nl/articles/2404/11/news121.jpg サンシャイン水族館が「カワウソに破かれたシャツ」を展示 → その“衝撃の意図”に「説得力半端ない」「インパクトある」
  10. /nl/articles/2404/13/news009.jpg 猫が横になった瞬間に駆け寄る子ウサギ→驚きの行動に!! 保護された2匹の種を超えた触れ合いが1870万表示を突破
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」