ニュース
» 2012年08月24日 16時13分 公開

「ゲームを作るのに、ゲームなんかやらなくていい」――「もしドラ」作者、ゲーム業界にアドバイス (3/5 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

開発者はもっとサルになれ

 では、そんなミリオンセラー作家の目に、今のゲーム開発はどう映っているのか。「今日はぜひ話したいことがあったんです」と前置きしたのち、「結局みなさん、本当にヒット作を作りたいと思ってますか? 例えば100万本売れるゲームを、自分が手がけてみたいと思っていますか?」といきなり開発者たちに問いかける岩崎氏。なんとなく、会場の空気が一瞬ピリッとしたような気がした。

画像 以前は「パチンコ中毒だった」と言うだけあって、パチンコになぜハマるのか、という説明には妙な生々しさがあった

 岩崎氏の主張はこうだ。100万本売れるゲームとは「ゲーマーをサルにさせるもの」である。そしてそれを作るには、まず開発者自身が一度サルになる経験をしないといけない。

「でも、僕からすると、みんなどこかで冷めてしまってる。サルになった経験がないんじゃないかって疑ってしまう」(岩崎氏)

 例えば麻雀を36時間ぶっ続けでやってみる。パチンコで5万円すって、泣きながらATMにお金をおろしにいって、そのお金でまたパチンコを打つ。そういう「やめたいんだけどやめられない状態」を自分で味わってみないと、サルになるとはどういうことか分からない。逆に言えば、それさえ分かってしまえば、あとはその状態を「何も知らないガキどもに味わわせて」やれば、必ずや「刺さる」ものは作れるという。

 「これは確か宮本茂さんの受け売りですが、ゲームのバイラル(口コミ)でもっとも重要なのは、『やってるやつが楽しそうかどうか』なんです。AKB48もそうで、結局歌がうまいとか、女の子の顔がかわいいとかは重要ではない。アイドルオタクたちが、あまりにも楽しそうに話してる、つまりサルになっている、その姿が興味を抱かせるんです」(岩崎氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる