自作リアル戦車戦アトラクション「パンツァーウォリャーズ」を見てきた!!(1/2 ページ)

第二次世界大戦の西部戦線をリアルに再現!? RC戦車にカメラを搭載、自作戦車戦アトラクションはあまりにも本格的だった!

» 2012年12月06日 08時31分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

予測できない戦場体験を!

 「パンツァーウォリャーズ」は第二次世界大戦当時のドイツ軍の戦車4台、アメリカ軍の戦車4台で戦闘するというRC戦車アトラクションです。施設内はドイツ軍サイド、アメリカ軍サイドと各陣営ごとにスペースが分かれており、その中で1両につき砲手、操縦手の2名がペアになって戦うので、8人対8人の総勢16名で1ゲームが行われることになります。これだけ大がかりのアトラクションを賃貸ビル物件から1人で探し出し、戦車1両1両はもとより、フィールドの木々の1本1本にいたるまで一人で配置して作り上げたのが、森 正道氏なのです。

画像 戦車戦アトラクション「パンツァーウォリャーズ」を自作した森 正道氏。手に持っているのはタミヤのRC戦車だが、改造され内部にはカメラなどが追加されている

 森氏は、元々、プレイステーションの戦車戦ゲーム「パンツァーフロント」をプレイしていた際、全ミッションをクリアするまで堪能したところで、「1人だけでなくみんなでプレイしたいな」と思ったそうです。それに加えて、ゲームのプログラムの中の限定された条件、設定された条件で戦うのではなく、偶然性の伴う「予測不能なリアルな戦闘がしてみたい」と思うようになったのもアトラクション製作にいたった理由だそうです。

 RC戦車では、いつもはなんということもなく走行していた道の障害物に、なぜかそのときだけ引っかかり走行不能になったことがきっかけで撃破されるということも起こります。もしゲームでそういうことがあったとしたら、バグだとか、データがおかしいと思ってしまうかもしれません。しかし、RC戦車が引っかかったらそれはもう、操縦手がそういう操縦をしたということですから、文句のいいようがないわけです。

画像 ベースのRC戦車はすべてタミヤ製。製作当時いろいろと試行錯誤していたところ、タミヤから赤外線バトルシステムが搭載されたRC戦車が発売されたことが、「パンツァーウォリャーズ」のシステム構築を強力に後押しした

これが4対4、8両の戦車による実際のゲーム中映像だ。ゲームごとに、森氏が編集した映像をYouTubeにアップしている

なぜ全部1人で用意してしまったのか?

 しかし、森氏はなぜすべて自前で用意してしまったのでしょうか? 聞けば、RC戦車好きの同好の士がいないこともないようです。フィールドだけ森氏が用意して「おのおのが自慢のRC戦車を持ち寄る」という方式でも良かったのでは、という疑問がわいてきます。ところがそれが大問題なのだとか。

 個人個人が自分の戦車を持ち寄る方式だと必ず、無線の干渉が問題となってプレイどころではなくなったり、人によってはあまりに外装に凝りすぎてしまいパーツが折れてしまってゲームが中断ということが多いのだそうです。ならば、自分で戦車もフィールドもすべて一式セットで用意してしまって、トラブルなく存分にプレイに集中したいと思ったのが「パンツァーウォリャーズ」を作った一番の動機なのだそうです。

画像 使用しているRC戦車は、戦車同士の激突や障害物との接触で割れたり折れたりするパーツが極力外されている。カメラなどの固定には、接着剤を使わずレジンで固めているという徹底ぶりだ

画像 何気なく配置されているように見える壁のコントローラーも、アンテナの位置が計算されており戦車がフィールドのどの位置に行っても干渉することがないようになっている

ドイツ戦車と米国戦車の違いを再現

 もともとの製品では、ドイツ戦車と米国戦車の違いは見た目だけです。しかし、それではおもしろくないし、リアルでない。そこで、森氏はドイツの装甲の厚いタイガー戦車とヤクトパンサーに関しては、米国のシャーマン戦車の砲では前面装甲を射抜けなかったという史実に基づき、被弾判定なしにしています。つまり、シャーマンの攻撃が有効となるのは、後方、あるいは左右側面からのみということです。また、重装甲のドイツ戦車と米国の戦車が同じ速度なのもおかしいので、ドイツ戦車は元の速度の3分の1に、米国戦車は2分の1にしています。これらの差異で、重装甲のドイツ、機動力の米国とそれぞれの持ち味を生かした戦法を要求されるようになっています。

画像 ドイツのヤークトパンサーには、左右側面と後部にしか赤外線センサーが配置されていないため、前面からの攻撃は無効となる設定だ

画像 米国のシャーマンは、前後左右すべてに赤外線センサーが配置されているので撃たれ弱いが、速度はドイツ戦車より速い。ちなみに砲塔上面などの処理が甘いのは、操縦手、射手のカメラ視点だと映らない部分だからだ

画像 ドイツの三号突撃砲。森氏が指差している部分に、操縦手用のカメラが仕込まれている。実際の戦車でも、操縦手は戦闘中、スリットから外を見て操縦していたのでリアルである

画像 操縦席の様子。操縦系は、家庭用ゲームのレーシングコントローラーを改造して使用している

操縦中の様子。後ろに配置されている射手席のプレイヤーと、コミュニケーションを取りながら操縦している

画像画像 射手席の様子。ヘッドマウントディスプレイを見ながら、砲塔を左右に旋回させて砲撃する

射撃中の様子。砲手が車長的立場も兼ねて、操縦手をリードして射撃位置に導き敵戦車を撃破するのが秘訣か

タイガーとシャーマンの速度比較。戦闘では、この速度差を考慮した立ち回りが要求される

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評