ニュース
» 2013年01月18日 14時16分 公開

日本じゃ余裕だけれども…… すれちがい通信を使って3DSの北米での普及度合を調べてみた【デジ通】

CES取材での訪米に合わせアメリカの西海岸ですれ違い通信を試してみた。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
アメリカでもヲタ系のアニメイベントならすれちがい通信を楽しめるが……。

任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の日本での販売数は、「とびだせ どうぶつの森」といった人気のタイトルが出たおかげで結果を出しており、メーカーの公式発表によると海外でもそこそこのようだ。単なる数字による結果ではなく、実態としてどのくらい活用されているかが気になるところ。

例えば日本なら、都市部など人の多い場所で、3DSを持って少しうろうろしただけで「すれちがい通信」機能を使ってやり取りができる。各人各様にそれぞれの3DSを楽しんでいるのが実感できる。2013年1月のアメリカではどうだろう? ということでCES取材での訪米に合わせアメリカの西海岸ですれ違い通信を試してみた。

■人の集まる場所なら、ほぼすれ違える日本

日本では鉄道のターミナル駅、人の多いショッピングセンターなどに行けば、かなりの確率で3DS同士が自動的に遊んでいるソフトの情報などをWi-Fiを通して交換する「すれちがい通信」機能を楽しむことができる。

これによって今ちまたで遊ばれているソフトの人気がわかったり、自分が遊んでいるゲームをより楽しむためのデータなどが転送され、ただ単に一人でゲームをやっている以上に3DSを楽しむことができる。

この「すれちがい通信」機能は、本体を所有し、すれちがい通信機能を使うように設定し、日常的に持ち運ぶ事で効果を出す。つまり、この機能を使っていると言うことは現役のゲーム機として愛用しているという何よりの証拠にもなるのである。

日本の都市部では、実際に3DSを持ち歩いているユーザーが多く、都内で1日持ち運べばかなりのユーザーとすれ違うことができる。すなわち3DSが、よく普及していることが実感できる。

■普及が進まないアメリカでのすれ違い通信機能

約1年前にアメリカで調査した際は、ユーザー自体はそれなりにいるようではあったが、アニメ関連など特定のイベントに行かないと、3DSを使っているユーザーとなかなかすれ違うことができず、日常生活に近い環境ではこの機能を楽しむことはほとんどなかった。

その後1年が経過し、3DS自体の販売数自体は伸ばしているはずなのだが、車での移動が基本のロサンゼルスなどでは、各ユーザーの物理的距離が離れていることもあり、日本と同程度に販売していたとしてもすれちがい通信を同じように楽しむことは難しい。

たとえばロサンゼルスで人の多い観光地、両車線合わせて10車線以上のハイウェイでの30分以上の渋滞、いくつかのショッピングセンターなど、人の多い場所ですれちがい通信の結果を確認しても、去年と同程度という日本とは全く異なる結果になった。そもそも3DSを持ち歩いていないと見るほうがいいのだろう。

日本で人が集まってくる場所に長時間いるような場合、1日も経たないうちに、いくつかのソフトですれちがいの上限に達してしまうが、ロサンゼルスの場合は、数件すれ違えるかどうかといった状況だった。

■すれ違いイベントの開催などで、もっと機能をアピールしたらどうか?

もちろん、人は多いが車移動が基本というロスアンゼルスの環境は特殊ではあるが、人口の多いこの都市ですれ違いが難しいなら、ここよりも人口の少ない場所で日常生活ですれ違うことは困難だ。お国柄の違いが、ここまで出るとは、筆者的にもかなりの驚きだ。

今後の3DSの普及がさらに増えればアメリカでのすれ違い通信も楽しめるようになるかもしれないが、現状では日本と同じように楽しむことはできない。すれ違い通信を楽しむイベントを開催するなどして、人を集め、すれ違い通信の楽しさが実体験として理解できるようなイベント等を開催するなどしないと、アメリカでのすれ違い通信機能は、無用の長物になってしまうかもしれない。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

デジ通の記事をもっと見る

記事提供元:ITライフハック

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」