ニュース
» 2013年03月28日 20時19分 公開

久々のアーケード版「ぷよぷよ」はガチャあり、協力アリのソシャゲ風 「パズドラじゃねーか!」との声も日々是遊戯

3月28日からロケテストが始まった「ぷよぷよ!!クエスト アーケード」。ゲームセンター初の「基本無料」モデルを採用した本作、果たしてその内容は?

[池谷勇人,ITmedia]

 セガのアーケード用「ぷよぷよ」最新作、「ぷよぷよ!!クエスト アーケード」のロケテストが、3月28日より池袋ギーゴ、クラブセガ秋葉原新館、セガワールドトレッサ横浜の3店舗でスタートした。

 レバーやボタンがなく、タッチ操作で遊ぶ点もさることながら、アーケードゲームとしてははじめて「基本無料」スタイルを採用しているのが本作の特徴。実際に遊んでみたが、他のプレイヤーとの協力あり、モンスター育成あり、そして「ガチャ」ありと、かなり“いまどきのソーシャルゲーム”色の強いタイトルになっていた。

画像 ロケテストは3月28日から4月7日まで

画像 メインのゲーム画面。右側でぷよを消し、左側でモンスターと戦う

今回の「ぷよぷよ」はガチャもアリ

 ゲーム内容は、一言で言えば「ぷよぷよ」+「パズル&ドラゴンズ」。手持ちのカードでパーティを組み、スタミナを消費してクエストに出発。モンスターとのバトルは「ぷよぷよ」で行い、最後に待ち受けるボスを倒せばクエストクリアとなる。クリア後は新しいカードが手に入り、手持ちのカードと入れ替えたり、合成したりしてパーティをさらに強化していく。

画像 手に入れたモンスターでパーティを組もう

 課金要素は、続けて何度も遊びたい時の「スタミナ(げんき)回復」、あと少しなのに負けた! という時の「コンティニュー」、そしてお馴染み「ガチャ」の3つ。スタミナは初期状態だと100あり、3分ごとに1回復。クエスト1回で40消費するので、原則1日2クエストまでなら無課金で遊べる計算となる。また、ガチャは無料と有料のものがあり、有料ガチャはレア以上確定で1回1クレジット(100円)。有料ガチャは、ゲーム中に手に入る「スペシャルスター」を5個集めることでも引くことができる。

画像 1クレジットでげんき100回復。自然回復だと100が上限だが、クレジットで回復する場合は最大200まで回復できる

画像 「星の神殿」と言う名のガチャ。1回300円でないあたりがちょっと良心的?

画像 ためしにスペシャルスターを使って「金の神殿」で引いてみた(ロケテストに参加するともれなく8個もらえる)

「ぷよ」を消してモンスターと戦う

 バトル部分は、消したぷよの色に応じて手持ちのモンスターが攻撃する「パズドラ」方式。タッチパネル操作なので、今までのように“上から振ってくるぷよを落とす”のではなく、ずらっと並んだぷよをタッチとスライドで並べ替えて消していく。

 自分のターン(20秒間)中なら何度ぷよを動かしてもOKで、ターンが終わると、消したぷよの分だけドバッと攻撃が炸裂する。ぷよをつかんだ時のもっさりレスポンスがちょっと気になったが、「ぷよぷよ」「パズドラ」のいいところをうまく組み合わせたシステムだと感じた。

画像 タッチとスライドでぷよを入れ替える。画面上部に表示された「TIME」がゼロになると攻撃

 なお、クエストは標準で4人協力プレイとなっており、自分以外の3人はリアルタイムで遊んでいる他のプレイヤーと自動でマッチングされるようだ。

画像 ほかのプレイヤーとの協力要素も。同じターンにスキルを使用すると……

画像 「協力だいまほうボーナス」で効果がアップ

ゲームセンターで遊ぶソーシャルゲーム

 1日2クエストまでなら無課金でプレイでき(長く滞在するなら3クエスト目も)、頻繁にゲームセンターへ足を運ぶ人なら、お金を使わなくてもそこそこ遊べそうな印象。普段あまりゲームセンターへ行かない人でも、例えば通勤途中のお店などにこれが置いてあったら、ちょっと立ち寄って遊んでいこうかな、という気になるかもしれない。ただ、ガチャについては抵抗がある人も多そうだ。

 アーケードゲームというよりは、ゲームセンターで遊ぶソーシャルゲームといった印象。あまりにも「パズドラ」すぎるのがちょっと気にはなったが(隣で遊んでいた学生たちがしきりに「パズドラじゃねーか!」と突っ込みまくっていた)、それだけよくライバルを研究しているとも言える。

 ロケテストは3月28日から4月7日まで実施予定。正式版へのデータ引き継ぎはないが、ロケテスト参加者には特典として、クエスト挑戦回数や有料ガチャの利用回数に応じた「レアカード召喚チケット」が後日プレゼントされるそうだ。

画像 基本プレイは無料だが、プレイデータを保存するために別途「Aimeカード」が必要(データ保存なしでもよければ、筐体付属の「おためしAimeカード」で遊べる)

画像 クラブセガ秋葉原新館でのロケテストの様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」