連載
» 2015年01月30日 11時11分 公開

「ポータル1つが2キロ先……」――地方のIngressエージェントは“クロスバイク”を買おう自転車はガジェットだ!

健康にいい上、中毒性の高い「Ingress」を始めてみようと決意した私。しかしながら、そこには地方ならではの大きな壁があったのです。そしてそれを解決するカギは「自転車」でした。

[布施繁樹ITmedia]

 12月某日。ITmedia編集部で打ち合わせをしているときに、「布施さん、Ingressってしてます?」という発言。

 実は私、Ingressはスルーしていました。その場では「あまりしていないですが、多少なら(汗)」と解答したのですが、すみません。していませんでした。ITクラスタでも流行り始めているIngressは、要はリアル地図を使った陣取りゲーム。その場所を陣地にするには、実際にそこに行かなければ行けないというもの。散歩気分でIngressを始めてみたところ、ハマってしまい1日に1万歩歩く人もいるそうな。

 実は最近あまり屋外で散歩していない私。

 ちょっとIngressでも試そうじゃありませんか。ちなみに、このIngressというゲームはGoogleのゲームですが、Gmailアカウントを持っていればiPhoneでもできます。幸いにも最近筆者の持っている、iPhone 6 Plusにも正式対応したようで良かった。

 さぁ、「Ingress」とやらを始めてみるぞ!

そこには「地方」ならではの大きな壁が!

 「Ingress」というゲームは、実際の店舗や史跡などのポイントを陣地(ポータル)としています。したがって、その場に足を運ぶことで「あ、こんな場所があったんだね」と新たな発見もあります。特に史跡好きにはたまらないゲームだそう。

 東京都内などの大都市であれば、ポータルは大量にあるからいいのです。ちょっと歩けば棒に……ではなく、ポータルに当たる。「次のポータル、次のポータル……」と、森の中にまいてあるパンくずのごとき歩くことで、歩数も伸びるし、面白いことでしょう。

 しかしながら、地方はどうなのかと言うと。

 私の住んでいる埼玉では、最寄りのポータルまで約550メートルでした。歩くと5分ぐらいでしょうか。まだまだ恵まれています。しかしながら、その次となると、いきなり2キロ先となります。そう、そこまで歩く必要があるのです。ウォーキングで20分。往復で40分。ポータル1つに。

最寄りの陣地(ポータル)まで555メートルだった。遠い……
筆者の住まい近くはスカスカなので歩くのはちとキツイ

 大変効率悪いというよりも、これは苦行でしょう。ポータル目指して歩いても、1時間半以上かけてポータル1つなのですよ。

 そう、地方ではポータルとポータルの間が空きすぎているという問題があるのです。しかしながら、車で移動したら意味がありません。運動ではないし。

Ingress向け自転車はコレだ!

 そこで役立つのが、自転車です。移動がカンタンで、小回りも効く、そして運動になる。良いことばかりです。

 自転車は何でもいいと思います。ママチャリでも、マウンテンバイクでも、ロードバイクでも。しかしながら、オススメは「クロスバイク」でしょう。

 まず、ママチャリでは、Ingressにハマってしまい片道10キロのポータルまで行くというのはそこそこ大変です。地方ではそんなことはザラにありそうですし。

 次いで、マウンテンバイク。山に入る、未舗装路に入るのであればいいのですが、ポータルは原則として舗装された道の横にあるようです(たぶん)。そしたらロードバイクという手もありますが、これはこれで、それなりの格好(サイクルジャージにビンディングシューズなど)と、用意だけで時間がかかります。

 ロードバイクを使うのであれば、Ingressではなく、もっと本格的なスポーツサイクリングをしたいもの。そこで役立つのが、クロスバイクです。ロードバイクほどではないものの、舗装路を快適に走ることができる。そして気軽にパッと出かけることができる。

 また、ロードバイクのドロップハンドルとは違い、クロスバイクのフラットバーハンドルは市街地の走行で小回りが効くうえに、ブレーキもロードバイクよりも効く傾向があります。これほどまでにIngress向けな自転車があったでしょうか!

 幸い、筆者の自宅にはロードバイクが来たために、あまり乗られなくなったクロスバイク(GIANT ESCAPE RX3(2013))がいます。出番です! 決してこの子を動かすために、理由付けしているのではありません。筆者の運命なのです!

もう壁のオブジェとなる必要ないんです!GIANTの自転車にCOLNAGOのホイール付けて走ります!

 したがって、今後は筆者のクロスバイクをIngress専用号として地方でIngressを楽しんでみようと思います。これぞ、ITと自転車の融合だ〜!

関連キーワード

Ingress | バイク | ポータル | 自転車 | ゲーム | 東京 | iPhone


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」