連載
» 2015年02月26日 06時00分 公開

もっとも心地よく眠れる「おふとんの中」の状態は?すずまり流“続く”健康管理

快適な寝具や寝室環境については考えても、「おふとんの中」について考えたことがある人は少ないのでは? もっとも心地よく眠れる「寝床内気候」について見ていきましょう。

[睡眠改善インストラクター/すずまり,ITmedia]
当たり前に思える部分をきちんとすることが快眠への道!

 良質な睡眠を得るための環境について、「パジャマ」と「」の重要性についてご紹介してきました。どちらも直接自分の身体に触れるだけに、気持ちよさはとても大事。

 気持ちよさといえば、“寝具の中”について考えたことはありますか?

寝具の中が快適であることも大事!

 夏は寝苦しいので冷房、冬は寒いので暖房、と寝室の気温にはよく気を配ると思いますが、実はもう1つ考えておきたい環境があります。それは「寝床内気候」です。要するに寝具の中の温度と湿度のことですね。

 いくら部屋の温度や湿度が適切でも、寝具の中がムシムシ、ムレムレしていたら気持ち悪いもの。眠る前には深部体温を下げるために末梢血管が拡張し、手足などから熱を逃がします。これがスムーズにできないと眠りにくさにつながりますし、眠っている間もひんぱんな寝返りや中途覚醒の原因になり、深い眠りが得にくくなってしまいます。夏の夜が寝苦しいのは、気温が高くスムーズに熱を逃がせないから。寝具の中であっても、熱を逃がせるだけの余裕が欲しいわけです。

 人間の平均的な皮膚表面の温度は34〜36度程度だそう。これに対して、最適な寝床内気候は、皮膚温より少し低い温度32〜34度くらい、湿度は45〜55%程度がもっとも心地よく眠れるといわれています。

寝具は意識的にお手入れしよう

 とはいっても、中の温度や湿度を計るわけにはいきません。そのため、自分の肌感覚で常にコンディションをチェックし、できるだけ保温性、保湿性、通気性を保てるようにお手入れすることや、最適な寝具を選ぶことが大事になってきます。

 手入れを怠った寝具の中に入ると、ひやりとしませんか。なかなか体は温まらないし、重たく、べたべたしたような肌触りではないですか。それは汗や体から生じた汚れで通気性や保湿性が失われた証拠。もしかしたら、ダニなどのアレルゲンも豊富かもしれません。違和感がある状態では、安心して眠ることはできません。

 長期間干さずに使い続けた寝具より、太陽の下で干した、または乾燥機にかけた寝具のほうが快適なのはみなさんご存じのはず。シーツやカバーはこまめに交換・洗濯し、掛け寝具も敷き寝具は乾燥機にかけるなどしておきましょう。寝床内気候を快適に保ちやすいコンディションに戻してあげることで、眠りやすさも取り戻せるはずです。ふとんを干す、カバーを洗うなんて当たり前のことかもしれませんが、心地よい眠りを得るためには大事なことなんですね。

 お手入れしてもちょっと……という状態なら買い換えが必要かも。次回は、掛け寝具の選び方についてご紹介します。

関連キーワード

健康 | 睡眠 | 冷房 | 原因 | 選び方 | 交換 | 暖房


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」