インタビュー
» 2015年03月11日 06時30分 公開

NTTドコモはヘルスケア領域で何を目指すのか(3/3 ページ)

[すずまり,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ヘルスケアとメディカル、両方をしっかり見ていく

―― ドコモとして、ヘルスケア分野やフィットネス分野などに選択肢を広げる中で、注力していこうと考えていらっしゃる領域はどこですか。

安部氏 今はまだ我々自身がこの分野に対して新参者ですので、どちらかに注力するというのではなくて、両方ちゃんと見てやっていきたいなと思ってます。ただ、我々なんかはしいて言えばヘルスケアかメディカルかという話だと思うんですね。

NTTドコモ ヘルスケア

 メディカル分野には難しいところがたくさんあります。厚生労働省さんの制度的な問題もありますし、海外の事例も参考にさせていただきながら、国内でできることってなんだろうと少しずつ手探り状態ですね。それと比較すると、ヘルスケアは比較的取り組みやすくビジネスにもなりやすいので、そういうところから入っているっていうのが現状です。

 手前味噌ですが、メディカル分野では以前から東京大学さんの健康空間情報学講座に出資して、連係研究をやっています。糖尿病の自己管理支援ですとか、救急搬送時に病院側とスピーディに情報をやりとりして、治療を1秒でも早めるための研究ですとか、そういったことをさせていただいてます。

 お医者さんという、すばらしい知見を持たれた方が、日本だと約30万人くらいいらっしゃいますので、そういった方たちの知見なりエビデンスをちゃんと生かしたうえで、そこにさらにICT(情報通信技術)を生かせるのではないかと。医療の世界っていうのは、ICTがまだまだな部分がありますので、そこに我々としてできることは何か、ということで協力させていただきたいですね。そういったことは着々とやらせていただいたうえで、どこかでちゃんとビジネスにしていきたいと考えてます。

NTTドコモ ヘルスケア 母親を対象にした支援サービスなどの提供も視野に入れる

 その例の1つでもありますが、博報堂さんと提携して、NTT関東病院の協力のもと「妊婦手帳」というアプリを提供しています。妊婦さんてお腹に赤ちゃんがいるので、生活が制限されるし、情報もすごく制限される。情報をもとめてインターネットにアクセスされるんですが、中には間違った情報も多い。病院側からすると、間違った情報を使わないで欲しいのですが、それを伝える方法がないですね、と。だったらお医者さんのほうからちゃんと伝えられるような仕組みを提供しましょう、という目的で作っています。

NTTドコモ ヘルスケア ヘルスケアアプリをパートナー企業と共に開発している
NTTドコモ ヘルスケア 医療関係者向けにもアプリの提供などを行う

 こんな風に、メディカル分野を通じても結構やれることはあるかなと思ってまして。こういう部分でももしかするとウェアラブルデバイスを生かす手があるかもしれません。

―― 活動量計を使っていると、データの善し悪しや対策が分からないという問題がでてきます。その点「からだの時計」ではかなり細かいアドバイスを提供するようになってきましたよね。こういう部分は続けられるかどうかにも影響する大事なところだと思うのですが、海外ではマネタイズの面も含め、生身の人が介在することが大事とも言われるようになっているとか。

安部氏 まさにそうだと思っています。海外でもマネタイズできてるサービスはどこかっていうと、人の存在があるところだったりします。そこは日本も一緒で、単にアプリやサービスで連携しているだけじゃなくて、例えばその後ろに栄養士がいて、食事の指導や健康指導をちゃんとやっているような形っていうのは、日本でも成り立つんじゃないかと思っていますし、そういう風にしていくべきだと思っています。人の影を感じさせながらいかにサービスできるか。そういう意味では、まさにネットとリアルをいかに融合させてお客様にサービスを提供できるかっていうのは、すごく重要かなと思っています。

 ただ、いくらでもコストがかけられるわけではありません。費用対効果の中で適切な範囲で関わっていく必要があります。しかも、重要だからといって関わりすぎるのもよくない。ちょうどいい距離感が大切です。心地よい距離感で、適切なレコメンドができるのが理想なんだろうなって思っています。

―― サービスもデバイスも、ここからさらに進化していきそうですね。どうもありがとうございました。



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声