連載
» 2015年03月26日 06時00分 公開

一つのくしゃみが命取りに! ロードバイク乗りの花粉症対策自転車はガジェットだ!

今年も花粉が辛い時期になってきた。花粉症を発症した筆者がサイクリスト向け花粉症対策を紹介する。

[布施繁樹,ITmedia]

 春だ!サイクリストは冬眠から目覚めて、シーズンに突入しよう!

 しかしながら、同じように目覚めてしまうものがある。それは「花粉症」。そう、サイクリストの大敵である。

 冬は寒い、雪が降る、強風でサイクリングがしにくい時期だった。それが解決したかと思えば、次は梅雨の時期まで花粉症ときたもんだ。梅雨になったら、雨でまた乗れなくなる、それが過ぎたら暑い。と、「いったいいつ乗ればいいの」という悪循環になりかねない。

 実は筆者、軽い花粉症である。自宅にいると、鼻水ずずーっ、くしゃみも止まらない。屋外で運動していると症状が軽くなるのが幸いなのだが……。

 重い花粉症の人はそうはいかない。そして、今年から健康に気を使ってスポーツバイクをしようとロードバイクやクロスバイクに乗り始めた花粉症同士の諸君。サイクリストならではの花粉症対策を紹介しよう。

ヒルクライムをしていると、わざわざ花粉を浴びに来るドMの気分になりかねない

薬は飲むべきではない

 本来であれば、花粉症対策に最も効果的な方法は薬だと思う。しかしながら、サイクリストにはそうはいかない。

 ロードバイクだろうがママチャリのようなシティサイクルだろうが、自転車は立派な車両である。したがって、小さなミスが大きな事故につながる可能性だってある。

 薬を飲んで「ボーッ」っとしてしまうと、急な飛び出しに対応できない場合だってある。したがって、ポタリングだろうがサイクリングだろうが、自転車に乗るときの内服薬はご法度だ。

 なお、眠くなりやすい成分が入っていない内服薬は大丈夫だろう。その辺は医師と相談してほしい。

ロードバイク花粉症対策3種の神器

スポーツバイクには、花粉症対策3種の神器がある…と、筆者は勝手に思っている。

1. アイウェア

 まず、「アイウェア」。一般的に通じるのは「サングラス」だが、「アイウェア」のほうがかっこいい。したがって、スポーツバイク乗りは「アイウェアがさぁ〜」と言おう。これにより、玄人さが少し上がる。

 当然ながら、アイウェアを装着することで目に入る花粉が軽減される。メガネをしている人は、度の入ったアイウェアか、メガネの上から装着できるオーバーサングラスを装着しよう。

 また、普通のアイウェアでは効果が薄いと感じた場合は、花粉症対策用アイウェアがあるので、それを利用するべき。

普通のアイウェアでも効果はあるが、やはり一番なのは花粉症対策をうたったモデルだ

2. スポーツマスク(スカーフ)

 続いて、鼻に入る花粉もシャットアウトしたい。

 その際に注意したいのは、市販されている通常のマスクは利用できないのだ。ひんぱんに呼吸をするスポーツバイクでは、少しでも息苦しいとかなりのストレスになってしまうほか、アイウェアが曇ってしまう場合がある。

 そこで用意したいのが、専用のスポーツマスクだ。エアバルブがあり、呼吸がしやすい。

 ちなみに、筆者は幸いにも運動中はそれほど花粉症の症状が出ないため、スカーフで代用している。これはこれで、少しだけ効果があると思われる。

スカーフをするだけでも多少の効果は見込める

3. 点鼻薬

 これ、超大事。

 最初に薬はNGと書いたが、点鼻薬は眠くならないので良い。点鼻薬をすると、おおよそ30分程度は鼻水やくしゃみを抑えることができる。

 欠点としては、持続時間が短いこと。例えばヒルクライムのような呼吸が荒くなるような状況では、効果時間が極端に短くなる場合がある。しかしながら、1回のくしゃみで危険になる場合があるスポーツバイクでは、それでも点鼻薬を用意しておきたい。

点鼻薬を忘れてしまうたびに購入するため、コレクションが増えてしまう……

 ちなみに、上記3種の神器以外で持ち歩くべきは、ティッシュ。これは、花粉症の時期のみならず、さまざまなときに役立つのでかならず持って行こう。

 また、少し効果があるのが「ワセリンクリーム」だ。もともとは保湿クリームだが、ロードバイク乗りでは股ずれ防止として有名なアレである。このワセリンを鼻の穴の入り口周辺や、口の周辺、目のまわりに塗ると、花粉の侵入が軽減されるらしい。

昨年、エンデューロという耐久レースの際に股が痛くなったので購入したワセリンクリーム

 実際に塗って走行したこともある。しかしながら、筆者の場合、運動中は症状があまり出ないので、効果の違いはあまり感じられなかった。もし花粉症ライダーで、ワセリンが自宅にあるよという場合は試してみてはいかがだろう。

 このように、屋外スポーツであるスポーツバイクと花粉症は切っても切り離せないため、対策も大変なのだ。

 いっそ、屋外に出るのをやめてローラー台で練習を続けるのもあり……いや、つまんないからないな。なお、アイウェアにスポーツマスクをした状態でコンビニに入るのは通報されかねないので注意しよう。

関連キーワード

花粉症 | バイク | 自転車 | 症状 | メガネ | サングラス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい