数千万円の賠償請求も……絶対に加入しておきたい「自転車保険」の比較と選び方のコツ加入率わずか2割

過去に9000万円以上という高額賠償判決もあった自転車事故。公道を走るれっきとした“軽車両”として自転車保険の選びかたを考える。

» 2015年05月02日 06時00分 公開
[布施繁樹ITmedia]

 以前、スポーツバイクを買うときに一緒に買うといいものを紹介したが、もうひとつ、とっても大事なものがあった。

 それは、自転車向けの保険である。近年、健康を気にする人にはウォーキングやジョギングなどの運動が人気を集めているが、サイクリングには他とは違う特徴がひとつある。それは、れっきとした軽車両に乗ってスポーツするということだ。そう、ロードバイクに乗ろうが、シティサイクル(ママチャリ)に乗ろうが、それは“車”である。自転車が歩行者にぶつかってしまったら、「ちょっとすみません」では済まないのだ。疑う余地なく交通事故となる。

 実際、2015年4月には女子大生が自転車で歩行者とぶつかったのちに立ち去ったとして、「ひき逃げ」扱いで書類送検されているほか、過去には9000万円を超える賠償請求判決もあった。

 そんな中、自転車向け保険の加入率はわずか2割程度と言われている。今回は、スポーツバイクに乗る、乗らないにかかわらず入っておきたい保険のハナシだ。

自転車向け保険には2種類ある

 一口に自転車向け保険といっても、実は2種類あるのだ。

  • 自転車向け盗難保険:自転車が盗難されてしまった時に、ある一定の割合まで補償されるもの
  • 自転車向け障害保険:自転車で事故にあった場合に賠償責任補償や入院保険が受けられるもの

 といった具合である。

 「自転車向け盗難保険」は、原則購入時もしくは購入からごく短期のうちに加入するもので、盗難が多い「ロードバイク」や「クロスバイク」などにかける場合が多い。

 例えば、ちょっと目を離した隙に数十万円するロードバイクを盗まれてしまったとしたらどうだろう。もう目の前真っ暗である。そのような万が一の時に備えるのが、この盗難保険。この保険は主に自転車販売店で加入案内を受けられるだろう。

 すっごく大事なのは、「自転車向け傷害保険」の方である。交通事故にあってしまった場合に、数千万円という賠償に発展する可能性があり、そのまま人生が……となってしまいかねないためだ。

 しかしながら、最近はスポーツバイクの流行にともなって、各社から自転車向け傷害保険も数多く登場している。いったいどれを選べばいいのか分からない。

 そこで今回は、自転車保険を選ぶコツを紹介しよう(やっと本題)。

加入するべき自転車保険を見分けるコツ

 実はこのコツ、それほど難しいものではない。絶対にクリアしておきたいポイントは2つだけだ。

  • 賠償責任は最低1億円以上

 最近は自転車事故に対する賠償責任が大変重くなっている。2008年には9000万円以上の賠償責任が発生したほか、数千万円クラスの賠償がつぎつぎと起こっているのが現状だ。

 自分が交通事故の加害者になってしまった場合に備えて、最低でも賠償責任は1億円以上のものを選択しよう。

  • 示談交渉サービスは必須

 例えばスポーツバイクに乗っていて、不幸にも相手と接触事故を起こしてしまったとしよう。通常は示談交渉を行うのだが、それには大変な時間と労力がかかってしまう。そこで、その示談交渉を保険会社側で行うサービスがその名の通り「示談交渉サービス」だ。このサービスに入っているのと入っていないのでは、事故後の対応に大きく差が出てしまう。

筆者が加入しているのはセブンイレブンの自転車向け保険。年間4160円で最大1億円まで補償してくれる

 つまり、最低でも「賠償責任1億円以上」「示談交渉サービス付き」の2点をクリアしておくのが選ぶコツなのだ。

 ちなみに、自身で自動車保険、火災保険、生命保険といったなんらかの保険に加入している場合は、自転車での交通事故もカバーできる特約がある場合が多いため、自転車向け保険に加入する前に保険代理店などに問い合わせすると良い。

意外と便利なTSマーク(赤)

 自転車保険には、あまり知られていないとても便利な保険がある。その名は「TSマーク(赤)」だ。自転車安全整備士のいる自転車屋で整備をしてもらうことで貼り付けてもらえるマークで、有効期限は1年間。賠償補償は5000万円(2013年10月1日以降に貼り付けた場合)と、やや物足りない。

 しかしながら、補償の対象は「TSマークを貼り付けている自転車」になり、例えば自転車を誰かに貸したとき、その自転車が交通事故を起こしてしまっても、最大5000万円まで賠償補償をしてくれるというものだ。

 スポーツバイクに乗っている人はなかなか愛車を貸すことはないと思うが、「ちょっと乗ってみる?」といったやりとりはあるかもしれない。そのような時に役立つ保険として加入しておくと良いだろう。加入費用は、自転車屋さんの整備点検費用によって異なり、1000円〜2000円程度が相場となっている。

TSマークの期限は1年間のため、いつが期限なのか把握しておく必要がある

 事故は起きない、起こさないのが基本だが、こちらがじゅうぶん注意していても、事故が起こる可能性がある。特に車両に乗って走る自転車は、マナーとして自転車向け保険に入るべきだ。

関連キーワード

自転車 | 保険 | 賠償 | 事故 | バイク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」