第29回 想像以上に面白い、Apple Watchのバンド交換“ウェアラブル”の今

Apple Watchに対応したサードパーティーベンダー製のバンドが発売されたので、早速手に入れてみた。Apple純正と比べると少し質感は劣るが、バンドを交換する楽しさが手軽に味わえる。

» 2015年05月17日 06時15分 公開
[松村太郎ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
Apple Watch Band by Monowear Monowearのブラックレザーバンドのセット。持っているApple Watchのカラーに合わせて、アダプター部分の仕上げが選択できる。筆者は、ステンレススチールケースに合わせて、シルバーの磨きをチョイスした

 Apple Watchを使い始めて、もうすぐ1カ月になろうとしている。

 ほぼ欠かさず毎日充電し、朝装着して1日を過ごし、夜寝るときに外して充電する。そんなサイクルも板についてきた。朝起きてすぐに着けたいのは、アクティビティのトラッキングのため。

 できれば1歩も無駄にしたくない、という“もったいない精神”の表れではあるが、それならもう1ブロック余計に歩く方に神経を使った方がいいだろう。1日のアクティビティによる消費を500キロカロリーに設定し、達成したりしなかったりしている。

 達成するとApple Watch上で知らせてくれるのだが、その日の進ちょくを常にチェックできるため、夜少し歩いておこうかな? というオプションを選択する日も出てきた。行動が少しずつ変わっているということだろう。

ミラネーゼループはやはりよかった

 正直なところ、Apple Watchのバンドはミラネーゼループを選んでよかった、という感想がある。穴で長さを調節する革やシリコンなどのバンドに比べて、薄く、しなやかで、自由に長さを調節できる。すこししっかりと締めて装着するApple Watchにぴったりなバンドといえる。

 また、水に濡れてもあまり気にならず、水切れもよい。もちろん本体の心配をする必要があるが、「デジタルクラウンの回転がスムーズでなくなったら、流水に10〜15秒さらすように」というサポート情報もあるぐらいなので、さほど神経質にならなくてもよさそうだ。

 一方で、やっぱりどうしても「磁石」で止めるというのが引っかかる。何というか、バックルよりも、磁石というのがどうしても「低い質感」という個人的感覚にとらわれているのが悪いのだと思うが、どうしてもベルクロテープ(面ファスナー)と同じようなイメージ、というと伝わるだろうか。

 また、磁石が仕込まれている先端部分はステンレスの平面になっていて、アルミニウム製のMacBookでタイピングしているとすぐに傷が付く。Macが相手でなくても、手首は机に置いたり何かとものに当たることも多いため、気を付けていてもすり傷ができてくる。そして本体の傷よりも少し目立つので、注意が必要だ。

Monowear製の交換バンドコレクションを購入

 Apple Watchが発表されて、多くの人々が思い浮かべたのが「交換バンドが充実するだろう」ということ。発表直後から、Kickstarterなどのクラウドファンディングに、Apple Watchの交換バンドが掲出されるようになった。発売が決まってからは、その勢いはより強くなっている。

 そこで、いち早くKickStarterにプロジェクトを立ち上げた交換バンドのブランド、Monowearの黒い革のバンドを、早速取り寄せてみた。Monowearは、かなり早い段階でApple Watchのバンドのアダプターを再現し、本体に直接装着できるバンドを開発しているメーカーだ。

 Apple純正のバンドは、バンドとアダプターが一体型になっているものも多いが、Monowearはアダプターを自分たちで作っており、多彩なバンドが使えるのが魅力だ。アダプターはアルミ、ステンレス、ブラックの3色を用意して、Apple WatchとApple Watch Sportの各モデルに対応する。

 バンドには、レザー、メタル、そしてナイロンの3種類の材質を用意し、さまざまな色やデザインを取りそろえている。例えば純正のリンクブレスレットは5万円を超える精巧な仕組みを備えたものだが、Monowearでは非常にスタンダードなメタルバンドをおよそ1万2000円でオーダーできる。

Apple WatchのラグとMonowearのラグ Apple純正のミラネーゼループのラグとMonowearのアダプター部分の比較。Monowearのメタルバンド向けは、ピンで留めるタイプのアダプターが用意されている。このアダプター部分だけが流通しても、既存の腕時計のバンド資産を生かすことができる可能性がある

黒い革のバンドをApple Watchに付けてみる

 筆者はMonowearの黒いレザーバンドをKickstarter経由で取り寄せた。通常の販売価格はおよそ9500円で、純正のレザーバンドよりも8000円ほど安い。アダプターは、Apple Watch本体に合わせて、シルバーの磨きのものを選んでみた。

 ミラネーゼループを取り外し、Monowearのアダプターを装着してみる。特に違和感なく装着することができ、腕に巻いてみることにした。届いた革は厚手でピンとまっすぐに張っており、固くてまだ馴染んでいない。少しきつめに装着して様子を見ることに。

 装着してみると、当たり前の話ながら、特にこれといった違和感はなく、腕を振っても、アダプターがApple Watchから抜けてしまうこともなかった。心拍センサーもきちんと動作しており、大きな問題はなさそうだ。

 Monowearのレザーバンドは、非常にシンプルな作りであることから、バックルやアダプター周りの処理、そして無骨で分厚く固い革の感触が、Apple純正のレザーバンドシリーズに比べると安っぽい印象は否めない。

Apple Watch Band by Monowear Apple WatchにMonowearのバンドを装着してみた。特に問題なく、普通の時計のように腕に着けることができた。ただ、Appleのレザーバンドの質感に比べると、分厚く、固い革らしい素朴さが残っている。使いながら育てていくのも楽しみだ

 しかし、割とバンドは「何でもいい」ということも分かった。もちろんAppleはトータルデザインでバンドのコレクションを用意しているが、時計のバンド自体はさほど難しいものではなく、自由度の高いパーツである、ということだ。

バンドで発揮する個性とApple Watchのエコシステム

 レザーバンドは、少しフォーマルな服装をするときに使うことにして、普段はミラネーゼループに戻した。大きな理由は日常生活における水濡れを避けるためだが、折を見ながら付け替えて、革を柔らかくしていくことも必要だろう。

 Monowearのシリーズでは、ナイロン素材のバンドも面白そうだ。少し布のような雰囲気に仕上げてあり、Apple純正のスポーツバンドよりも馴染みやすいのではないだろうか。

 Monowearのバンドはまだ手元に2本しかないが、バンドを交換しながら時計を毎日使う、といのは想像していた以上に楽しい経験だった。腕時計は何本か持っているが、これまではバンドも含めてそのまま使うに留まっていたからだ。

 ワンタッチでバンドを取り外せる簡単さから、Apple Watchは「バンドのエコシステム」による発展の可能性を担保しているように思う。実際、Apple自身も、バンドの仕様を公開しており、サードパーティのバンド開発を奨励する方向に舵を切ったようだ。

 iPhoneがケースやバッテリーなどでエコシステムを作ったのに比べると、Apple Watchのそれはさほど充実しないかもしれない。

 Apple Watchの弱点の1つはバッテリーの持続性だが、Appleは心拍センサーの正しい動作を理由に、充電しながら利用できるバンドは認めないようだ。また、ケースといっても、小さな時計の装着感を損なわずにアレンジするには限度がある。

 ただ、Apple Watch向けのバンドは、充実の余地がある。ブランドやデザイン、素材、新たな機能性など、まだまだその可能性はあるはずだ。

 筆者の幼少期は、まだ腕時計が「大人らしさの象徴」だった頃だが、スポーツウォッチのバンドにコンパスを付けたり、カレンダーを装着したり、時計のバンドにも機能や情報を追加する様子を見てきている。

 もちろんカレンダーはApple Watchにも入っているので不要だが、バンドに機能を追加する世界も面白そうだ。例えば、Suicaのチップが入っていても便利かもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」