初の100km超えに「ガイドツアー参加」が最も適している理由自転車はガジェットだ!

脱初心者に向けてひとつの壁となる「100kmライド」。なにかと準備が必要だが、実はガイドツアーに参加すると簡単にクリアできるそうだ。今回は実際にツアーに参加して「初めてのロングライド」にいかに向いているかレポートしよう。

» 2015年05月19日 06時00分 公開
[布施繁樹ITmedia]

 「100km」。これだけ聞くと、えらく遠くと感じてしまうだろう。フルマラソン(42.195km)2回以上の距離である。

 ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていると、この「100km」ライドを経験しているかどうかで初心者が自信を付けられるかどうか決まってくると言っても過言ではない。

 以前、「春だ! スポーツバイク初心者は最初に50キロライドへ挑戦してみよう」という記事を書いたが、今回はその倍となる100kmに挑戦というワケ。

 しかし、単に100km走りましょうと言っても、ペース配分や準備、トラブル対策など考えなくてはいけないことも、とっても多く、それだけで「ハードルが高いな」と感じてしまうかもしれない。

 しかしながら、ロングライドに適したガイドツアーがあるというので、参加してみた。

都内からのアクセスも便利な「奥武蔵自転車旅行社」のツアー

 今回参加したのは、5月3日(日)に開催された、奥武蔵自転車旅行社の「ときがわ小川町ロングライド」というツアー。都内からもアクセス良好な埼玉県戸田市をスタートとして、埼玉県内を北上、おおよそ70kmほど離れた比企郡小川町まで往復しましょうという企画である。往復距離は実に135〜140kmとなり、同社でも最長のイベントとなる。

 通常、そこまで行って帰ってくるだけでも、交通量の少ない道や、勾配のない道を選択するコース設定が非常に重要になってくる。それだけロングライドは疲労配分が重要なのだ。

 だが、ガイドツアーはコースも、道案内もお任せである。超楽ちんなのだ。

 ちなみに、今回参加した「ときがわ小川町ロングライド」以外にも、初めて100kmライドを達成するために企画された「はじめて100km」や、ヒルクライム向けイベントも毎月企画されている。

7時にスタートして快調なライド

 イベント当日、(ヒルクライム時もそうだったが、イベント前はあまり眠れない)6時すぎに集合場所へ到着した筆者は、颯爽と愛車を組み立てる。7時にはイベントスタートだ。今回の参加者は16名、それらにサポートライダーやサポートカーが付き、ロングライドをサポートしてくれる。

 実は筆者、今年に入って最長のライドがこれだったため、若干不安になりつつも参加している。

 イベントではまず、参加者を3グループに分ける。それぞれ、巡航速度の速いグループ、中間グループ、ゆっくり走るグループの3グループだ。これは、参加者同士で速度帯を合わせることで抜き返しやグループが途切れてしまうことを防ぐのと、長い列になってしまったときでも交差点の横断をスムーズにし、後ろからの自動車が前を抜く際の危険を低減させる効果がある。

 スタートしてしばらくは、荒川サイクリングロードを北上するルートを取り、5月初旬の気持ちいい空気の中、快調にサイクリングしていく。

 さらに定期的に休憩が入るため、疲労もたまりにくいようだ。ロングライドでは、スタートしてすぐは疲労していないためペースを上げてしまいがちだが、実はコレは間違い。ロングライド熟練者ほど、最初はペースを抑え目で走るそうだ。今回のロングライドはどうかと言うと、先頭にサポートライダーが入るためペースは上がりようがなく、最適なペースで走ることができた。

ロングライドイベントは毎回大人数となる人気イベントだそうだ
気持ちいい空気の中、快調に自転車を走らせていく

とてもありがたい補給食&水分の提供

 このライドで魅力的なのは、サポートカーがついてきてくれることだ。しかも、単についてくるだけではない。休憩時には補給所としても機能し、補給食と水分(スポーツドリンクやお茶)も提供してくれるのだ。ロングライドで注意しなければならないのは、体内のエネルギーが枯渇してしまう「ハンガーノック」と、脱水症状だが、それらにならないようにするために普通は補給食などを持ち歩く必要がある。

 だが、本ライドでは補給食も水分も用意されているため、わざわざ用意する必要も、持ち歩く必要もないのだ。

おおよそ50kmほど走ったところで休憩。ちょっと疲れたかなというときのスポーツドリンクは格別だ
酒造で休憩して大吟醸アイス(ノンアルコール)を食べる機会があった「ん〜フルーティ」

ガイドツアーの魅力と向かい風

 比企郡小川町で食事(これもとってもおいしかった!)が終わると、いよいよ帰路となる。しかしながら、ライドはまだ半分。軽く疲労を覚えてきた筆者に容赦ないダメージを与えるヤツが存在するのだ。その名は「向かい風」! サイクリストの天敵とも言える空気抵抗によって、疲労度が倍、さらに倍と、どんどん積み重なってしまう。だが、これは単独走行の場合。今回は違うぜと言わんばかりに、先頭をサポートライダーが引いてくれるため、空気抵抗が低減される。これはありがたい。

ロングライドではいかにおいしい食事にありつけるかでモチベーションが変わるが、今回のパスタはとってもおいしかった

 また、ガイドツアーだけあり、名所などでは説明が入るのもありがたい。あくまでも自転車を使った旅行である。単に走るだけであればトレーニングになってしまいかねないが、立ち止まってガイドをしてくれるため、歴史にもちょっぴり詳しくなってしまうお得さなのだ。

さまざまな場所で記念撮影をしてくれる。最近は1000枚程度まで撮影してくれるそうだ
走行中も記念撮影してくれるため、普段のサイクリングよりも躍動感あふれる写真となる
小さな鳥居など細かい場所も巡ってくれるのは本イベントならでは

 そうこうしているうちに、筆者のサイクルコンピューター上で約136kmのロングライドが幕を閉じた。後半は風が強かったため、1人ではおそらく挫折していたかもしれない。こうして、今年一番長いロングライドを達成することができたのだった。

ひとりではなかなか達成できない136kmというロングライドを無事達成できた!

ロングライドにガイドツアーが良い理由とは

 さて、まとめとして初の100km超えロングライドにガイドツアーが良い理由をまとめてみよう。

  • サポートライダーが先導してくれる:向かい風もそうだが、道に迷う心配がない
  • サポートカーがつく:補給食、水分の提供や、トラブル時に対応してくれるほか、万が一リタイヤしても遠くで途方にくれる心配がない
  • 適切なペース配分:初心者にありがちなペース配分を間違えてしまうといったこともない
  • 安心・安全なルート設定:度重なる試走により開発されたコースは再現不可と言われるほどだ
  • 記念撮影サービス:通常のサイクリングでは不可能な走行中の写真などを撮影してくれるほか、集合写真も撮影してくれる
  • 名所のガイド:里山ならではの名所などを紹介してくれるため非日常を味わうことができる

 このように、初めてロングライドするために大事な「補給」「トラブル回避」「道案内」「ペース配分」「非日常感」をまとめて提供してくれるのだ。

 もし、今後「ロングライドに挑戦してみたいな」という場合は、ガイドツアーに参加してみてはいかがだろうか。

取材・撮影協力「奥武蔵自転車旅行社」http://okumusashibiketours.com/


関連キーワード

自転車 | イベント | 撮影 | 初心者 | 埼玉 | バイク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」