ハウツー
» 2015年06月02日 06時00分 公開

iPhoneの「ヘルスケア」アプリで何ができる?

iPhoneのOSがiOS 8になって突然現れた「ヘルスケア」アプリ。実はなかなか便利なアプリですが、使っていない人も多いのではないでしょうか。ヘルスケアアプリとは何なのか、そしてどう使うのかを詳しく解説します。

[園部修,ITmedia]
iOSのヘルスケアアプリ iOSのヘルスケアアプリ

 iPhoneの最新OS、iOS 8では、これまでなかった新しいアプリがいくつか追加されていますが、その中の1つに「ヘルスケア」があります。OSを旧バージョンからアップデートすると、白地にピンクのハートマークの付いたアイコンがいきなりホーム画面に増えるので、邪魔に感じた方もいるのではないでしょうか。開いてみても、何ができるのか分かりにくいため、そっと閉じて二度と起動していない、あるいはフォルダやホーム画面の後ろの方に移動してしまった、なんていうこともあるかもしれません。

 ですが、このヘルスケアアプリ、実はとても便利なものなのです。今後、iOSの中でも重要なアプリになるはずですので、今からその準備をしておきましょう。

ヘルスケアアプリのポイント

  • HealthKit対応アプリで収集したデータを一元管理する
  • 記録したデータは許可した他のアプリから参照できる
  • iPhoneのモーションコプロセッサーが自動収集したデータをグラフで表示できる

ヘルスケアアプリって何をするもの?

iOSのヘルスケアアプリ ヘルスケアアプリの「ソース」画面を開くと、情報にアクセスを求めたアプリが一覧表示されます。このように、多数のアプリがデータを共有できます

 そもそも、ヘルスケアアプリとは何なのか、改めて解説しておきます。

 ヘルスケアアプリは、iOS上で動作するヘルスケア関連アプリの情報を集約する場であり、そのデータをまとめて表示できる画面でもあります。

 iOSに対応したアプリのうち、「HealthKit」と呼ばれる開発者向けのツールを組み込んだものは、ヘルスケアアプリにデータを記録したり、記録されたデータを読み出したりできます。つまり、別々のサービスで計測したデータが、1カ所で管理できるようになるのです。

 例えばApple Watchで計測した心拍数や消費カロリーのデータと、Fitbitのような活動量計で計測した睡眠状態のデータをまとめて記録しておけ、それぞれ連係させることができます。将来的には、あるアプリで計測したデータを元にして、別のアプリでその結果を分析する、といった連係も可能になるはずです。

 現在のヘルスケアサービスの課題の1つに、データがさまざまなアプリやサービスにバラバラに点在していることが挙げられます。あるサービスから別のサービスに乗り換えたり、機器を買い替えたりすると、それまで計測していたデータが使えず、またゼロからやり直しになることもあります。ヘルスケアアプリはそのデータの断絶を解消する、共通プラットフォームになるわけです。

専用機器がなくてもデータは見られる

 そんな便利なヘルスケアアプリですが、Apple WatchやFitbitなど、専用機器がないと活用できないかというと、そんなことはありません。iPhoneは「モーションコプロセッサー」と呼ばれるチップを内蔵しており、歩数などの基本的な数値は計測可能です。それらのデータを読み出すだけでも、ヘルスケアアプリでグラフの表示が可能です。

 ちなみにiPhone 5sには「M7」、iPhone 6とiPhone 6 Plusには「M8」という名のチップが搭載されています。M7には加速度センサーやジャイロ、電子コンパスなどが搭載されています。M8はこれらに加えて気圧の変化も計測可能になりました。歩く、走る、あるいは乗り物に乗って移動する、といった基本的な動きを検知できるほか、気圧の変化により高さの変化もトラッキングが可能です。

 M7やM8には、自動的に約7日間分のデータが蓄積されており、ヘルスケアアプリの設定をしたり、アプリをインストールしたりすると、過去7日にさかのぼってデータが読み出せます。歩数、上がった回数などは、特別な機器がなくてもグラフ化が可能です。

 また、手動でデータを入力することもできますので、例えば体重や体脂肪率などを毎日自分で手入力することでも、データを蓄積することは可能です。

 毎日の歩数や体重の変化は、蓄積されると、体調の変化などにも気付きやすくなる重要なデータになります。他のアプリでも活用できるデータになるので、まずはヘルスケアアプリを一同起動して、どんなデータが取れているのか見てみてはいかがでしょうか。

 次回はヘルスケアアプリのダッシュボードを設定する方法を解説します。

iOSのヘルスケアアプリ とても有用なiOSのヘルスケアアプリですが、残念なことに初期状態では何も情報が登録されていません

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン