ハウツー
» 2015年06月02日 06時00分 公開

iPhoneの「ヘルスケア」アプリで何ができる?

iPhoneのOSがiOS 8になって突然現れた「ヘルスケア」アプリ。実はなかなか便利なアプリですが、使っていない人も多いのではないでしょうか。ヘルスケアアプリとは何なのか、そしてどう使うのかを詳しく解説します。

[園部修,ITmedia]
iOSのヘルスケアアプリ iOSのヘルスケアアプリ

 iPhoneの最新OS、iOS 8では、これまでなかった新しいアプリがいくつか追加されていますが、その中の1つに「ヘルスケア」があります。OSを旧バージョンからアップデートすると、白地にピンクのハートマークの付いたアイコンがいきなりホーム画面に増えるので、邪魔に感じた方もいるのではないでしょうか。開いてみても、何ができるのか分かりにくいため、そっと閉じて二度と起動していない、あるいはフォルダやホーム画面の後ろの方に移動してしまった、なんていうこともあるかもしれません。

 ですが、このヘルスケアアプリ、実はとても便利なものなのです。今後、iOSの中でも重要なアプリになるはずですので、今からその準備をしておきましょう。

ヘルスケアアプリのポイント

  • HealthKit対応アプリで収集したデータを一元管理する
  • 記録したデータは許可した他のアプリから参照できる
  • iPhoneのモーションコプロセッサーが自動収集したデータをグラフで表示できる

ヘルスケアアプリって何をするもの?

iOSのヘルスケアアプリ ヘルスケアアプリの「ソース」画面を開くと、情報にアクセスを求めたアプリが一覧表示されます。このように、多数のアプリがデータを共有できます

 そもそも、ヘルスケアアプリとは何なのか、改めて解説しておきます。

 ヘルスケアアプリは、iOS上で動作するヘルスケア関連アプリの情報を集約する場であり、そのデータをまとめて表示できる画面でもあります。

 iOSに対応したアプリのうち、「HealthKit」と呼ばれる開発者向けのツールを組み込んだものは、ヘルスケアアプリにデータを記録したり、記録されたデータを読み出したりできます。つまり、別々のサービスで計測したデータが、1カ所で管理できるようになるのです。

 例えばApple Watchで計測した心拍数や消費カロリーのデータと、Fitbitのような活動量計で計測した睡眠状態のデータをまとめて記録しておけ、それぞれ連係させることができます。将来的には、あるアプリで計測したデータを元にして、別のアプリでその結果を分析する、といった連係も可能になるはずです。

 現在のヘルスケアサービスの課題の1つに、データがさまざまなアプリやサービスにバラバラに点在していることが挙げられます。あるサービスから別のサービスに乗り換えたり、機器を買い替えたりすると、それまで計測していたデータが使えず、またゼロからやり直しになることもあります。ヘルスケアアプリはそのデータの断絶を解消する、共通プラットフォームになるわけです。

専用機器がなくてもデータは見られる

 そんな便利なヘルスケアアプリですが、Apple WatchやFitbitなど、専用機器がないと活用できないかというと、そんなことはありません。iPhoneは「モーションコプロセッサー」と呼ばれるチップを内蔵しており、歩数などの基本的な数値は計測可能です。それらのデータを読み出すだけでも、ヘルスケアアプリでグラフの表示が可能です。

 ちなみにiPhone 5sには「M7」、iPhone 6とiPhone 6 Plusには「M8」という名のチップが搭載されています。M7には加速度センサーやジャイロ、電子コンパスなどが搭載されています。M8はこれらに加えて気圧の変化も計測可能になりました。歩く、走る、あるいは乗り物に乗って移動する、といった基本的な動きを検知できるほか、気圧の変化により高さの変化もトラッキングが可能です。

 M7やM8には、自動的に約7日間分のデータが蓄積されており、ヘルスケアアプリの設定をしたり、アプリをインストールしたりすると、過去7日にさかのぼってデータが読み出せます。歩数、上がった回数などは、特別な機器がなくてもグラフ化が可能です。

 また、手動でデータを入力することもできますので、例えば体重や体脂肪率などを毎日自分で手入力することでも、データを蓄積することは可能です。

 毎日の歩数や体重の変化は、蓄積されると、体調の変化などにも気付きやすくなる重要なデータになります。他のアプリでも活用できるデータになるので、まずはヘルスケアアプリを一同起動して、どんなデータが取れているのか見てみてはいかがでしょうか。

 次回はヘルスケアアプリのダッシュボードを設定する方法を解説します。

iOSのヘルスケアアプリ とても有用なiOSのヘルスケアアプリですが、残念なことに初期状態では何も情報が登録されていません

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」