田舎でIngressを楽しむ方法は「走るためにゲームする」だった!自転車はガジェットだ!

田舎でIngressをするとポータルも少なく、なかなかレベルも上がりにくいもの。しかしそれを逆手に取る新しい遊び方があったのだ!

» 2015年07月07日 06時00分 公開
[布施繁樹ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 先日、友人がIngressを始めたけれども、すぐに辞めてしまったと聞いた。

 理由は「田舎ではポータルが少なすぎてレベルが上がりにくい、効率が良くない」という内容だった。それもそのはず、都内などの都心部であればポータルだらけとなり、ちょっと歩くだけでイベントとなる。とても楽しい。

 しかし、田舎はどうだろう。次のポータルまで1km以上はザラ、遠くのものでは、2km、3km、さらには「近くにポータルはありません」状態となる。こんな中、徒歩でIngressをするのは正直ムリだ。

 かといって、車で回っていては、健康的でもないし、本当にただの作業となってしまう。そこで提案するのが「自転車」というのが以前書いた以下の記事。

そもそも田舎では「ゲームするために自転車乗るべからず」

 正直、ゲームの効率を考えると、「都市部で遊びましょう、以上、終わり」という身も蓋もない返答になってしまう。ポータルの密集度や、次のポータルへ行く手間を考えると、当然の返答なのだ。しかし、「田舎では遊べません」かというとそうではない。「田舎ならでは」の遊び方だってできるのだ。

 そもそも、「ゲームをするために自転車に乗る」という前提を忘れてしまおう。「自転車に乗るためにゲームをする」これがポイント。Ingressをスタンプラリーのように使って、道中は今まで通ったことのない道を探検する。これこそ正しい遊び方だと思っている。

ということで登場したIngress号ではなく、愛車のクロスバイク
Ingressしつつ観光名所も回ってみるが実は自宅の近所だったりする

Ingressが導いてくれる「知らない道」

 この遊び方のポイントは、「Ingressのレベルもアイテムもあまり関係ないこと」にある。そして大事なルール。「知らない道をあえて走る」。これだ。ポータルの場所を知っていても、その道を走らない、できるだけ裏道や枝道、生活道路をゆっくりと走って目的地を目指す。するとどうだろう、今まで見知った場所が、新鮮なサイクリングに変貌するのだ(少し言い過ぎ)。

 しかし、ただ知らない道を走るのは、抵抗がある。そこで役立つのがIngressのポータルというワケ。Ingressアプリを起動すると、最寄りのポータルまでの距離と方角のみ分かる。都市部とは違い、自分の周辺にポータルが見えていることは多くないため、おおまかな距離と方角だけで推測しつつポータルを目指すのだ。これがまた楽しく、気分はアドベンチャーである。

昼間はスマホの画面が撮影しても映らないのが悲しい…(一応Ingress起動中)
このように知らない道を適当に走るのがポイント。多くの発見を楽しめる(※注:停車中です)

 なお、注意したいのはスマホを注視しながら走らないこと。禁止行為なのもそうだが、そもそも危ない。それともうひとつ。ナビ機能を使わないでポータルを探してみよう。自転車でも、当然ながらナビ機能を利用した方が効率よく目的地に到着できる。しかし、この遊び方は「道中を楽しむ、発見する」がメインだからだ。したがって、「迷うのも楽しみ」として、景色と勘だけで目的地を目指してみよう。

 当然ながら、目的地に近づいたらIngressして、ハックなりアイテム回収するべきである。両方楽しんでこそ、田舎での楽しみ方だと思っている。

ポータルとして発見した場所は鳥居がたくさんある謎の神社だった!こういうのが超楽しい!

 普段から知っている道だけをサイクリングしている場合は、こういった遊び方もあるので、ぜひ挑戦してみよう。ちなみに、田舎でなく都会であっても、もちろん同様の遊び方は可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」