連載
» 2015年08月23日 11時00分 公開

第41回 Apple Watchを使うと運動量が増える“ウェアラブル”の今(1/2 ページ)

Apple Watchユーザーは、Apple Watchを身に着けることで実際に運動量が増えている――。そんな調査結果が発表された。生活習慣は3カ月からが変化を体験し始めるタイミングといわれるが、Apple Watchはこの壁を越えられるのだろうか。

[松村太郎,ITmedia]
Appe Watch Activity

 Apple Watchは、この秋に登場する予定のwatchOS 2以降、開発者によるより深いアプリ開発が可能になるため、その活用の幅が広がり、ガラリと異なる印象を抱くことになるだろう。

 そう考えると、現在は助走期間、という位置づけで良いのではないだろうか。その助走を楽しく過ごせるよう工夫しているのが、エクササイズ系の機能だ。

 6月に来日したAppleの健康・フィットネス分野のディレクター、ジェイ・ブラーニク氏が語るように、Apple Watchのアクティビティ機能にはリングが3つ用意されており、外側から「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」の進捗(しんちょく)率を表している。

 ムーブは消費カロリーの目標値の達成度合いを表し、エクササイズは早歩き以上の運動に分類される動作、スタンドは座りっぱなしは良くない、といことで1時間に1分以上立ち上がっているかを測る。だいたい毎時50分頃、そろそろ立ち上がりましょう、と通知が来ることから、筆者にとってはまるで、学校の休み時間を知らせる鐘みたいな役割になっている。

Apple Watchユーザーの半数が「運動が増えた」

 WristlyがMediumに投稿したリポートによると、Apple Watchユーザーは、以前より健康を気遣うようになり、またApple Watchを装着し続けて使っているという結果が出ている。

 Apple Watchユーザーの78%が「より立つようになった」と答えており、67%が「より歩くようになった」、57%が「より運動するようになった」と答えるなど、Apple Watch購入以降の行動の変化について、特に運動に関して顕著な結果が得られている。

 Apple Watchを使い始めて、より健康に気遣うようになったと応えるユーザーが78%、より体に良い選択をするようになったユーザーが59%となった。加えて、Apple Watchを毎日着けていると応えたユーザーは86.1%という結果が得られている。

 もちろんそれによる効果が現れるのには個人差もあるし、生活習慣は3カ月からが変化を体験し始めるタイミングであることから、早急にApple Watchで健康になる、と結論づけるわけには行かないが、意識の変化を作り出せている点は、ユーザーとして実感している点であるし、予想通りととらえることができるのではないだろうか。

夏場の対策

 さて、日本は連日30度以上の暑さに見舞われてきた。運動に積極的な意識と、熱中症対策は、相反する問題でもある。ヤフーの防災速報アプリでも、連日の熱中症アラートで「運動は原則中止」という文字が送られてくると、もどかしさ半分、気だるい暑さに納得感半分、といったところだ。

 Apple Watchに限らずだが、夏場の腕時計はあまり心地よいものではない。汗でベタつくし、もしも屋外を歩く時間が長ければ、腕時計をしている部分に白い日焼けの跡が残る。筆者ももれなく、時計焼けの跡がついてしまった。

 夏場にApple Watchを使ってみて、手首はお世辞にも涼しいとはいえない状況だ。やはりほんのりとぬるいApple Watchのセラミック面がぴったりと手首に吸い付いていると、重点的に汗をかいているような感覚になる。

 筆者のApple Watchの付属バンドはステンレスのミラネーゼループだったが、夏場はこのモデルが大正解だった。

 レザーループは汗で湿ってしまうことを懸念して自粛中。そしてスポーツバンドと呼ばれるフルオロエラストマー製のバンドは、濡れても心配はないのだが、ぴったりと装着していると、やはり汗がにじんでくる。

 なんとなく、スポーツをする際にはスポーツバンドを、ということで交換バンドを手に入れてみたが、夏場に限っては、メタル系のバンドの方が心地よくつけていられる、というのが感想だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」