レビュー
» 2015年09月21日 06時00分 UPDATE

煮る焼く蒸す炊く揚げる!1台5役のレコルト「ポット デュオ カリテ」を使い倒す (7/7)

[すずまり,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

餃子の温め直しにも活躍

 餃子の温め直しに困ったことはありませんか。電子レンジでもオーブントースターでも、餃子らしさが失われてしまいますね。実はフライパンで少量の水で蒸し焼きにし、最後に油を加えて焼くことで、できたてに近いクオリティにできます。このとき、ポット デュオ カリテを使うと、さらにメリットが得られます。1度に温め直せる量は限られていますが、加熱を止めてもプレートの余熱で温まるので、最後の1個まで冷めることなく食べられるのです。多忙で総菜の餃子に頼ってしまったと思っても、できたて感のある一品になるのでかなり満足できるはずです。

ts_gyoza_01.jpg セラミックボウルの中に餃子と少量のお水を入れて蒸し焼きにします
ts_gyoza_02.jpg 水がなくなったらごま油を少々回しかけて焼きます。1度に10個焼けます
ts_gyoza_03.jpg 上はふんわり、下はカリカリの餃子に生まれ変わります
ts_gyoza_04.jpg 買ってきた餃子でちょっと1杯、なんてことも

単身や2人暮らしなら持ってて損なし!

 以上、我が家流の飾りっ気のない使い方をご紹介しましたが、いかがでしょうか。ポット デュオ カリテが来てからは、卓上料理する機会がとても増えました。最後まで冷めない状態が保てるので本当に助かっています。これからの季節は特に鍋が楽しみ! おでんもいいですね。

 ご飯も炊けますが、以前ご紹介したパーソナル炊飯器と組み合わせると、ご飯とおかずの両方がカバーできて最強タッグになります。同時に使えるかどうかは環境次第ですが、炊飯中にポット デュオ カリテの準備をすればOK。炊きたてご飯で簡単な焼き肉なんてことも可能です。

 付属のレシピ集を見ると、こんな料理までできちゃうの? と驚くはず。小さなポット デュオ カリテがあれば、食事が大きな楽しみになることは間違いないでしょう。

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.