コラム
» 2015年10月14日 06時00分 公開

眠る前に「ある呪文」を唱えるとぴったり早起きできる?

朝起きた瞬間、だるくて仕方がない。目覚まし時計をかけても起きられない。そんな、朝が苦手な人へ、とっておきの対策をご紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 寝起きが悪いことで悩んでいる場合や、明日の朝、絶対に起きなければならない時間が決まっている場合、あることを唱えるとスッと起きられるといわれています。それはコルチゾールというホルモンに秘密があるようです。

「明日は6時に起きる」3回唱えて寝るだけ!

 もし明日の朝、絶対に6時ジャストに起きなければいけないというとき、「明日は6時に起きる・明日は6時に起きる・明日は6時に起きる」と、起床時間を3回唱えると、本当にその時刻に起きることができるといわれています。

 確かに経験上、「明日は絶対に5時起きだ!」といつもより早く目覚めたいときに強く念じながら寝ると、なぜか5時ちょうどに起きられたこと、ありませんか? 実はこれも同じメカニズムだったのです。

起きる準備をしてくれる“コルチゾール”

 この起きたい時間ジャストに起きられるのは、起床の3時間前からゆっくり分泌が高まる「コルチゾール」というホルモンのおかげだといわれています。コルチゾールは、朝起きた後、日中に活発に活動できるように、身体の調子を整えてくれる働きがあり、明け方に向かって徐々に分泌されていくことで、快適な目覚めが得られます。

 しかし、このコルチゾールが急激に増えてしまうと、なぜかだるかったり、血圧がしっかり上がらなかったり、朝食を食べる気がしなかったりしてしまうのです。

コルチゾールは、言語を理解する?

 実はこのコルチゾール、自分で分泌時間をコントロールできるのだそう。これにより、起きる時間を一定に保つことができているのです。

 そして、何より驚きなのは、コルチゾールは言語でプログラムができること。目覚まし時計をセットするかのように、3回起床時間を唱えることで、体内でコルチゾールがその時間に向けてプログラミングされるのです。

 また、作業療法士で睡眠改善インストラクターである菅原洋平さん著の『ここぞというときに力が出せる睡眠の3鉄則』によれば、もし途中で目覚めてしまったときは、再度、起きたい起床時刻を唱えるといいそうです。

 コルチゾールのコントロールをして、起きたい時間にスッキリ起きられるようになれば、毎日の生活がより豊かになること請け合いですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」