2016年、Apple WatchやAndroid Wearはどう変わるか“ウェアラブル”の今

さまざまなウェアラブルデバイスが登場した2015年。特にスマートウォッチはいろいろなメーカーから意欲的な製品が登場したが、広く普及したかと言われると、まだそこまでには至っていない。スマートウォッチが使い続けられるためには何が必要なのだろうか。

» 2016年01月30日 11時00分 公開
[松村太郎ITmedia]
Apple Watch Apple Watch

 2015年は、ウェアラブル元年とも言われ、市場が一気に花開いた1年だった。2016年は、それが定着していくのかどうかを測る、重要な年になるだろう。簡単に言えば、そもそもウェアラブルデバイスを、今日の段階でつけ続けているだろうか、という話だ。

 裏を返せば、1人1人がデバイスを装着し続けるだけの「メリット」を感じ続けられるかどうかが問題、ということになる。例えば、ジョギングをやっている人、良い睡眠を続けたい人など、その動機はさまざまだ。単純に、計測が楽しくなった人もいるかもしれない。

 話はそれるが、普段バークレーで暮らしていて、東京に長期で帰ってくると、その歩行量、軽度以上の運動と認識される早歩きが、ものすごい量で溜まっていくことに驚かされる。主に地下鉄の乗り換えでポイントを稼いでいるようで、朝夕のラッシュ時などは周りの人につられて自分も自然と速く歩くようになる。

 東京がいかにスポーティーな街か、というデータがあると、オリンピックのキャンペーンにも良さそうだ。自動改札なんか、出走ゲートみたいだし。

ファッション傾向も強まるが……

 ウェアラブルデバイスとファッションとの結び付きも、2015年に見えた流れだった。2016年はより大きな動きになることが予測される。

 「Apple Watch」は、Apple自らもファッショナブルなものとして売り込んでおり、高級ブランドHERMÈSとのコラボレーションも年末商戦においてApple Watchを「気になるもの」へと昇華させた。またMisfitもアクセサリー性を女性に訴えるスワロフスキーモデルなどのオプションを取り揃えている。

 Apple Watchに対抗すると豪語する時計業界も、TAG Heuerのスマートウォッチ「Connected」が登場したり、Misfitを買収したFossilからもウェアラブルウォッチが登場した。また本連載でもご紹介したVELDT SERENDIPITYという選択肢もある。Android Wear搭載の時計も、デザインに力を入れている。

 今後、よりさりげなくスマートウォッチを装着できるようになる傾向が高まっていくことが考えられ、“時計らしさ”をそこまで追究していないApple Watchが逆に目立つことになるだろう。

 ただ、時計らしさを打ち出しすぎると、時計らしく扱われるようになるわけで、これについては痛し痒しかもしれない。時計として手に取る人が増える反面、時計としてファッションやその日の気分に合わせて選ばれる数本のうちの1本になる可能性も高まる。そうした人は、スポーツの時に宝飾時計はしないし、フォーマルの時にスポーツウォッチはしないのだ。

 Appleはおそらく、Apple Watchを「オンリーワン」としてつけ続けてもらおうとしている。そのため、バンドで雰囲気を変えられるよう、本体の時計のデザインもさほど冒険しないのだろう。一方、Android Wear搭載の時計は、より面白いものがたくさん登場してくることになるだろう。

 そのためには、Android OS自体が、複数のスマートウォッチを使い分ける前提に変わることが重要だ。

心地よい通知から、そろそろ機能の話に

 筆者は2015年を通じて、Apple Watchを主として使いながら、Misfitも1日ポケットに入れっぱなしにしており、夜寝るときは睡眠トラッカーとして活用する、という日々が定着しつつある。後者については睡眠の計測が最大の用途だ。日中の活動については、Apple Watchでの計測と重なるため、Apple Watchを優先するようにヘルスケアで設定している。

 Apple Watchについてだが、iPhoneに届く通知を手首で見る、というスタイルはすでに日常になった。最近ではアプリの通知にもアクション付きのものが増えており、Apple Watch内にアプリを入れなくても、ボタン操作で返信やメールの削除などを行うことができるようになってきた。

 Apple Watchで普段やっていることを洗いざらい書き出してみると、こんな感じだ。

  • 時間の確認
  • 通知の確認、ちょっとしたボタンでのリアクション
  • コンプリケーションズでの為替や東京時間、次のスケジュールの確認
  • 活動量計測
  • アラームやスケジュールの確認
  • 音声通話(手が離せないとき)
  • Siriでタイマーをセット
  • Apple Payでの支払い
  • 地図のナビゲーション

 もちろん、RemoteアプリでのApple TVの操作なども行うことはあるが、ほぼこの9項目に集約することができる。

 裏を返せば、Apple Watchで日常的にぜひ使いたい、というアプリにまだ出会えていないという意味でもある。Apple Watchを使っていて心地よいと思える通知もあり、ここから可能性を拡げていくことになるだろう。

 例えばFoursquareのチェックインツールであるSwarmは、ランドマークとなるスポットにやってくると、スマートフォンアプリに通知が届き、チェックインを促す。スマートフォンのアプリを開いてわざわざチェックインをしようとは思わないが、Apple Watchに届いてボタンを押すだけで済むのなら「チェックインしようかな」という気分になる。

 また、ニュース速報の通知も、Apple Watchに届いてくれると、逃さずチェックすることができて便利だ。東京に帰ってくると受信する緊急地震速報も、Apple Watchでの通知の受信に適したサービスだと言える。

Apple WatchApple Watch 緊急地震速報や雨の通知が来るのはなかなか便利

キラーアプリは登場するか

 やはりApple Watchは通知が便利。2016年初頭も、そんな結論であることを確認しつつ、書き初めの原稿を終えることにしたいと思う。

 iPhoneの通知は、人の行動に対して割り込み処理をかける「ストレス」であり、それを時計で受け流せるという点で、Apple Watchでの通知の心地よさを感じるポイントになっている。

 そこにボタン操作でのアクションが加われば、いままでの、スマートフォンを取り出して通知を確認し、アプリを開いて、それに反応する、あるいはそれ以外の新着まで確認するという、数分以上かかる操作を、3秒で済ませられるからだ。今後iPhoneの通知がますますうるさくなることが予測される中、Apple WatchはiPhoneを快適に使う必須ツールになることも考えられる。

 Appleとしては、iPhoneのためのApple Watch、という関係性を堅持することから、上の結論でも良いのかもしれない。しかしそれではつまらない。

 腕に着けていることを前提とした、なんらかのキラーアプリの登場に、今年こそ期待したいと考えている。期待している領域は、大きく5つ。

  • リモコン
  • ちょっとした情報記録
  • 細切れの情報インプット
  • 1時間をデザインするマイクロスケジューラー
  • 絵文字的コミュニケーション

 しかも、これらが3秒でこなせる、そんな世界観になっていくのではないか、と考えている。今年は最新のニュースも兼ねて、このあたりを掘り下げていこうと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評