レビュー
» 2016年09月14日 19時00分 UPDATE

“ウェアラブル”の今:ワークアウトの充実と新たなライフスタイルの提案が見えた「Apple Watch Series 2」 (2/2)

[松村太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

増量したバッテリーによる新たな使い方

 Apple Watch 2は、アルミニウムモデルで比べれば、38mm・42mmともに0.9mm厚くなり、重さは38mmで3.2g、42mmで4.2g重たくなる。

Apple Watch Series 2 アルミニウムモデルは、厚さが約0.9mm増えている。バッテリーが増えたことで、重さも若干増えた

 筆者は42mmモデルのApple Watch Sportを使っており、Apple Watch 2の同じサイズのアルミニウムケースをレビューで試してみたところ、手首に装着し続けることもあり、わずか4.2gでもその差は非常に大きく感じた。

 以前のモデルの軽快さはない。ただ、ステンレススチールモデルに比べれば、十分に軽いままだ。

 この厚さと重量の増加の原因は、前述のGPSと後述のデュアルコアプロセッサーの搭載で消費電力量が増えたことに合わせ、Appleが規定する1日(18時間)分のバッテリー持続時間を確保したためだと考えられる。

 筆者は朝起きて充電が終わったApple Watch 2を装着し、駅まで約20分の道で、GPSを用いたウォーキングを行きと帰りで実行し、日常を過ごしてみた。

 夜寝る段階で、バッテリー残量は55%ほどで、驚くほどバッテリーが減っていなかった。朝起きた段階でも50%残っており、充電なしで翌日の終わりまで過ごす事ができた。

もちろんそれでも1日に1度は充電しなければならないが、夜寝る前に必ず充電が必要ではなくなると、ベッドでのApple Watch利用の可能性が開けてくる。

 例えば、Apple Watchで睡眠計測できるSleep++は、寝る際に手首にApple Watchを着けていなければならないが、朝起きても半日以上のバッテリーが残っているなら、寝ている間の利用は現実的な選択肢となる。

 もし睡眠計測をしない場合でも、watchOS 3に搭載された呼吸によるマインドフルネス機能「Breathe」を応用した安眠テクニックを試してみてはどうだろうか。

 ベッドに横になって、手首の振動で呼吸のペースを知らせてくれるBreatheの5分セッション(1セッションあたりの最大時間)で呼吸を行っている間に眠りにつくと、ぐっすりと眠ることができた。忙しいレビュー期間中の快眠をサポートしてくれた。

日々を快適にするデュアルコアプロセッサー

 Apple Watch 2を使い始めると、その直後から、内蔵される新しいS2プロセッサのメリットを感じることができるはずだ。

 新たにリリースされるwatchOS 3とともに、S2のデュアルコアプロセッサは、より高速なアプリ起動を実現し、「通知以外の機能やアプリを積極的に使いたくなる」だろう。

 watchOS 3では、グランスが廃止され、iPhoneのマルチタスクメニューに似たアプリ切り替え画面「ドック」が搭載される。この画面では、アプリがバックグラウンドで最新の情報を更新し続けてくれるため、グランスのような役割も兼ねる。

 また、ホーム画面からアプリを起動する際にも、何も起きず1分待たされる、といったことはもうない。そのため、アプリを積極的に利用したくなる、という感想を持ったのだ。

グラフィックス性能も向上するため、小さな画面でのかわいらしいアニメーションを楽しむようなアプリの登場も期待できる。

 Apple Watchのプレゼンテーションで紹介された「Pokemon GO」は、Pokestopを回転させるアニメーションもスムーズに再現していたほか、ポケモンとの遭遇を通知してくれるなど、Apple Watchをゲームと組み合わせて利用する、最も良い事例となるはずだ。

日本でのSuica対応は、生活をよりアクティブに変える

 Apple Watch 2の日本向けモデルには、FeliCaが搭載される。iPhone 7などとともに、2016年10月からSuicaの利用が可能になる。iPhone 5以降の、Apple WatchをサポートするiPhoneを持っていれば、Apple Watch 2単体でのSuica利用も可能だ。

 例えば、iPhoneを家に置いてランニングに出かけても、途中のコンビニで水を買い、帰りはバスで帰ってくる、といった使い方が可能だ。もし東京に住んでいるなら、Apple Watch 2だけを装着して、手ぶらで皇居に走りに行くこともできるだろう。

同日に発表されたApple初のワイヤレスオーディオ、「AirPods」も、Apple Watchとの相性は抜群だ。

Apple Watch Series 2 Apple Watch Series 2とAirPodsの相性も抜群。iPhoneから簡単に切り替えられる

 iPhoneとペアリングしておけば、自動的にApple WatchからもAirPodsを認識してくれるため、Apple Watch上でAirPodsを選べば、iPhoneなしで音楽を楽しみながらのランニングも可能になる。

 なお、Apple Watch 2は、引き続き「iPhoneとのペアリング」が前提のデバイスであり、Wi-Fiがない限りは単独でのインターネット通信には対応しない。しかし、あるいはそれ故に、Apple Watch 2によって、オフラインでのアクティビティにより集中することができ、充実した自分の時間を楽しむ事ができるようになるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.