ニュース
» 2011年04月08日 09時30分 公開

キモイのに男前 Twitter時代の“マジレス型ゆるキャラ”「まんべくん」にファン熱狂(3/3 ページ)

[岡田有花,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

キモい? かわいい? 動くまんべくん

 着ぐるみのまんべくんが登場する動画もYouTubeに14編アップされているが、ほとんどが意図不明の不思議動画だ。ホテルのフロントで台車に乗っているだけエレベーターに乗っているだけトランポリンではねているだけ吹雪の函館山でたたずんでいるだけ――多くの動画が片目のアップで終わっており、正直ちょっとキモい。

動画が取得できませんでした

「東京まんべ会」にファン熱狂 グッズ、飛ぶように売れる

 「見た目はちょっとキモい、動きは奇妙、でも中身は男前」――そんなまんべくんを目の当たりにできるイベントが「まんべ会」だ。これまで数回、北海道で行われたが、4月2日に初めて都内で開催。都内には熱狂的なファンが多く、150枚のチケットは発売から5時間で売り切れた。遠方から駆けつけた人も多く、北海道はもちろん、広島や大阪から来た人もいた。

画像 まんべくんに会場は熱狂
画像 ガムテープで巻き付けた刀で殺陣(たて)を披露するまんべくん
画像 コマネチするまんべくん

 まんべ会でまんべくんは、「会いたかった」(AKB48)、「ミスター」(KARA)、「Gee」(少女時代)、「カニサンバ」(YOSAKOIソーラン祭りの踊り曲)などさまざまな楽曲に合わせて踊った。可動部の少ない体をめいっぱい動かしたり振るわせたりしながら、すべてフルコーラスで踊りきり、ミスターではKARAの“尻振りダンス”を再現。ファンから「かわいい!」と声援が飛んだ。

動画が取得できませんでした

画像 まんべくんはステージの合間に客席を練り歩いてファンと「イチャイチャ」
画像 プレゼントを渡すファンも多かった

 ステージでは、「ドドスコスコスコ……ラブ注入」「そんなの関係ねぇ」「ジョジョ立ち」「ムーンウォーク」「コマネチ」などさまざまなネタも披露。まんべくんは会の間「緊張でしゃべれなくなる」ため無言だが、ステージの合間に客席を練り歩き、ファンと抱き合ったり写真撮影に応じたりしていた。午後6時半ごろから10時過ぎまで4時間近くにわたった会は、最後まで盛り上がり続けた。

 まんべ会では、Tシャツやトートバッグ、缶バッジ、お守りなどまんべくんグッズを販売。売り場には大行列ができ、飛ぶように売れていた。同じグッズを4〜5個買うなど“大人買い”する人も多く、1人で2万円使った人もいたという。

画像 グッズ売り場の行列。飛ぶように売れていた

 「まんべ会は常に進化しつづけていく」――会終了後、まんべくんはTwitterで、「同じ会は二度とないッ!」と宣言。札幌で行う次のまんべ会に向け、テンションを高めている。

画像 まんべ会翌日の4月3日、新宿駅前で東日本大震災の募金活動をするまんべくん。多くの女性ファンに取り囲まれ、一挙手一投足に歓声が上がっていた

岡田有花

画像

 元ITmedia News記者。現在はネットベンチャーのロケットスタートで、暮らしのレシピサイト「nanapi」編集に携わる。Twitterは@yukatan



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」