ニュース
» 2011年04月08日 09時30分 公開

キモイのに男前 Twitter時代の“マジレス型ゆるキャラ”「まんべくん」にファン熱狂(2/3 ページ)

[岡田有花,ITmedia]

自治体公式なのに…… 遊戯王や韓国ドラマ語るゆるキャラ

画像 鏡見たら水嶋ヒロがいたッ!

 まんべくんのTwitterの話題は、ゆるキャラ離れしている。テレビアニメ「遊戯王5D's」が大好きで、毎週、放送時間中に「ジャックまじかっけええ」「ジャックの先見の明に脱帽」など叫び、フォロワーが話題に付いて来れなくても一切気にしない。韓国ドラマ「雪の女王」にハマって徹夜で見、感想をつぶやきつづけたこともある。

 サッカーについてもよくつぶやくが、観戦中のツイートは常に上から目線。日本代表戦の際にも、選手がシュートを外した瞬間「いまのシュート、まんべくんなら決めてた」など、偉そうなつぶやきを連投していた。

 「鏡見たら水嶋ヒロがいたッ!」「鏡見たらGacktがいたッ!」といったツイートも。自意識はあくまで“男前”なのだ。

 毎日の食事の内容もつぶやいているが、たいていは「1本満足バー」や「柿1個」などきわめて粗食で、好物はニチレイの冷凍食品「本格炒めチャーハン」。見ているテレビ番組や食事などから、等身大の日常生活が見えてくる、生活感あふれるゆるキャラだ。

1日最大584ツイート つぶやき過剰、コミュニケーション過剰

画像 ひたすら続く「おはまんべーッ!」。これが毎朝の恒例行事だ

 フォロワーとの交流のマメさも前代未聞だ。朝は、声をかけてくれたフォロワー1人1人に「おはまんべーッ!」とあいさつ。ほぼ毎日、30回以上の「おはまんべーッ!」をつぶやいている。

 フォロワーと活発に会話しており、話しかけると数秒で答えが返ってくることも。元気のないフォロワーには「セイッ!」と元気付け、さみしがるフォロワーには「ギュッ」「いつもそばにいる」と言葉をかけ、ほめられれば「キリッ!」と返し、質問には「コクリ」と答える。友達感覚で毎日話せる、“身近なゆるキャラ”なのだ。

 Twitterを始めてまだ半年あまりだが、毎日休むことなくつぶやいており、ツイート総数は4万7000近く。早朝から深夜までつぶやき続けていて、1日平均ツイート数は270、最も多かった日には1日584回もツイートしている(twilogのデータ)。

 つぶやきがあまりに多く、タイムラインを占領するため“ウザい”のだが、一度ハマると抜け出せなくなる中毒性が。どっぷりハマり、「まんべくんに恋したかも」とつぶやいた女性フォロワーは1人や2人ではない。

画像 魔んべくん。マジで恐い

 つぶやきが多すぎ、Twitterの投稿上限(1時間に70ツイート程度)を超えて規制を受け、しばらく投稿できなるなることもしばしば。その際には裏アカウント「魔んべくん」(@manbe_sub)が発動。“裏まんべくん”といえる存在で、「みんな久しぶりだね!首締めてあげるよッ!」「両手両足の自由を奪うのは基本」など、もはやゆるキャラでも何でもない恐すぎる発言が一部ファンに人気だ。

 これまで派手な露出も行っていないが、まんべくんのフォロワー数は1万4000近く(※)と小さな自治体のゆるキャラアカウントとしては快挙。人気は口コミで広まり、フォロワーは日々、快調に増え続けている。

※当初、本文一部誤りがあったため修正しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」