ニュース
» 2011年07月05日 09時27分 公開

何これスゴい! Kinectを使った「デジタル砂場遊び」――ほか、最新Kinect小ネタ集日々是遊戯

つい先日、マイクロソフトの公式SDK(β版)が公開されたKinect。今回はそんなKinectの最新ハックを集めてみました。

[池谷勇人,ITmedia]

まだまだ新しい活用方法はありそう

プロジェクターと併用すればこんな遊びもできちゃいます

 モーションキャプチャや空間レンダリングなど、発売以降世界中のハッカーたちの手で様々な活用方法が見いだされてきたマイクロソフトの「Kinect」。去る6月17日には公式SDK(ソフトウェア開発キット)も無料公開されており、現在ではマイクロソフトもほぼ公式に「Kinectハック」を認めた形となっています。

 そんなKinectの発売から約半年。果たして現在のKinect界隈は一体どういったことになっているのか、最新のKinectハックネタを集めてみました。


Kinectを使った「デジタル砂場遊び」ゲーム

 「Project Mimicry」と呼ばれるこのプロジェクトでは、Kinectと小型プロジェクタを使って「デジタル砂場遊び」とも呼べる新しいゲームを提案。箱の中に入った砂で山や谷を作ると、Kinectセンサーがそれを読み取り、まったく同じ3D空間がPC上に再現される仕組みで、プレイヤーはその中でボールをころがしたり、空を飛んだりして遊ぶことができます。

 また取得した3Dデータは砂場側にも投影されているため、砂を高く積み上げれば茶色い山となり、逆に掘り下げていけばそこは青い海になっていく――といった仕掛けも。開発しているのはオランダのインディーズゲームメーカーで、現在はオランダのゲームファンドの出資を受けてさらなる開発を進めているところだそうです。

Project Mimicry from Monobanda on Vimeo.


山や谷を作ると、高さに応じて砂の色が変化。このシステムで「巨人のドシン」とか遊んでみたい!

ゲーム画面のイメージ。特に決められたルールはなく、最大4人で自由に遊ぶことができます

Kinectでブロックを動かして遊ぶ「Geek Run」

 こちらは2月に海外で行われた「Lift11」という技術者向けカンファレンスに出展されたもの。Kinectと言えば「体」を使って遊ぶイメージが強いですが、こちらは赤、黄、青、緑の4色のブロックを使ってプレイするゲーム。画面内には赤いエスカレーターや黄色い板など4色に色分けされた様々なオブジェクトが存在していて、各色のブロックを動かすとそれらも連動して動く仕組み。これを使って、画面内を歩くキャラクターが転んだり、穴に落ちたりしないようにサポートしてあげるのがゲームの目的となっています。

Geek Run Trailer from Emilie tappolet on Vimeo.


Kinectで疑似3Dディスプレイを再現

 3Dディスプレイを使わずに、Kinectとヘッドトラッキング技術を使って「疑似3D」を実現してしまおう――というのがこちらの動画。以前、iPhoneのフロントカメラを使った「疑似3Dアプリ」を紹介したことがありましたが、原理はそれとほぼ同じ。Kinectセンサーを使って見ている人の「顔の位置」を判別し、それに合わせて画面内の映像を変化させているわけですね。動画ではヘリコプターを表示させていますが、カメラが左に回り込めばヘリの左側が、ヘリの正面に移動すれば正面がそれぞれちゃんと見えているのが分かります。


Kinectを使った視覚障害者向けナビ

 ドイツ・コンスタンツ大学のある研究グループは、KinectセンサーとAR Toolkitを使った視覚障害者向けのナビゲーションシステムについて研究しています。現在はまだ実験段階ですが、頭部にKinectセンサーを装着して歩くことで、ドアなどに貼られたARマーカーを読み取り、目的地までの距離・方向などを音声でナビゲートしてくれるというもの。また腰に巻かれたベルト型のデバイスは、装着者と障害物との距離を検知して、近づきすぎると振動して知らせてくれるようです。


「Minecraft」に“巨大自分像”を建てたい!

 最後はおなじみ「Minecraft」とKinectの合わせ技。空間レンダリング技術の応用ですが、こちらはKinectセンサーがスキャンしたデータをそのまま「Minecraft」にインポートすることで、ゲーム内に自分そっくりの巨大オブジェを建てて遊ぶことができちゃいます。動画では人間のほか、動いているネコなどもゲーム内に取り込んでいますが、このほかプラモデルや美少女フィギュアなんかをスキャンしてみても面白そう。試してみたい方はこちらのサイトからどうぞ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる