ニュース
» 2011年07月07日 10時06分 公開

どんだけ無理ゲーだ! 海外ユーザーが選ぶ「プラチナトロフィー獲得が難しいゲームTOP5」日々是遊戯

そのゲームを極めた人だけが獲得できる、PS3の「プラチナトロフィー」。ゲームによっては獲得までに数百時間を要するものもありますが……。

[池谷勇人,ITmedia]

難しいってのはこういうことだ!

 祝、PS Store復旧!

 ――とはあんまり関係ありませんが、海外サイト「Lazy Ass Gamer」にて、「プラチナトロフィーを獲得するのが難しいゲームTOP5」という記事が掲載されています。

 筆者もわりと「実績/トロフィー」にはこだわってしまうタイプで、ひとたび集めはじめてしまうと、実績1000 or プラチナトロフィーを獲得しないとどうしても気が済まない――ということがしばしばあります。まあ、それが「時間をかければなんとなかる」レベルだったらまだいいんですが、たまに「どんだけ無理ゲーだ!」ってゲームもちらほら……。それでは実際に、そんな無理ゲーの世界を実際にのぞいてみることにしましょう。

5位:ストリートファイターIV(50時間〜)

 本作が難しいと言われる最大の理由が、純粋にプレイヤー自身のテクニックが問われるトロフィーがいくつかある点。「ランクマッチで10連勝」や「ネットワーク対戦で100勝」などもかなり腕前に依存するトロフィーですが、何より難しいのが、超難度のコンボを実際に成功させなければならない「トライアルモード」系のトロフィー。本作のコンボは1フレームの狂いも許されないものが多くあり、ある程度格闘ゲームに慣れた人でも全キャラクターでこれをクリアするのはかなりの苦行となりそうです。

4位:スターオーシャン4 THE LAST HOPE -INTERNATIONAL-(450〜1000時間)

 こちらはとにかく時間がかかるのが特徴で、プラチナトロフィー獲得までの目安はおよそ450時間から1000時間、もしくはそれ以上とも。アイテムクリエイション制覇、モンスターコレクション獲得などコレクション系の実績はどれも時間がかかるうえ、なおかつ周回プレイによる引き継ぎも不可能。中でも厳しいとされるのが、9キャラクター×100項目におよぶ「アーツコレクション」(戦闘時に特定の行動をとることで解除)の制覇で、このトロフィーだけでもゆうに数百時間はかかるとされています。

3位:LOST PLANET 2(250時間〜)

 こちらもシングルモード難易度(4段階)別クリア、オンラインバトル100勝、CO-OPプレイで386エリアクリアなど時間のかかるトロフィーが多く、最低目安時間は250時間以上とかなりのもの。またプレイ中に特定の行動をとることで獲得できる「通り名」や「Good Job」といったシステムもあり、これをコンプリートするのがまた至難の業。特に「通り名」の中には「いずれかのランキングで(世界)1位になる」というトンでもないものも……。

2位:Warhawk(1000時間〜)

 オンライン専用ゲームなので、トロフィー獲得にあたり最大の敵は何と言っても「他のプレイヤー」。ランク系のトロフィーを獲得するためには、最低限トッププレイヤーレベルの実力が必要不可欠なうえ、さらに「メダル」や「バッジ」といったやり込み要素まで……。すべて獲得するまでの目安はオンラインプレイ1000時間以上、実力によってはさらに何倍もの時間がかかると言われています。ちなみにユーザーからは不評だったのか、次回作の「Starhawk」ではもっと簡単に取得できるように調整されるとか。

1位:NINJA GAIDEN Σ2(150時間〜)

 そして栄えある1位に輝いたのは、激ムズアクションゲームとして知られる「NINJA GAIDEN Σ2」でした。最低目安時間こそ150時間と前3作品に比べて控えめですが、それでも1位なのは単純に「要求されるスキルレベルがハンパないから」。しかもオンライン必須の「チームミッション」では、自分だけでなくパートナー側にも「悟り」レベルのスキルが要求されるとのこと。

 特に「オンラインで世界1位になる」といったムチャクチャなトロフィーはありませんが、普通にミッションをクリアするだけでも十分に難しい本作。アクションの腕前に自信があって、なおかつトロフィー獲得に付き合ってくれるパートナーがいる人は、ぜひ一度コンプリートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 ――ということで、なんと5タイトルのうち4タイトルが日本のタイトルという結果に。クリアだけならそれほど難しくはないものの、プラチナトロフィー獲得まで目指すと途端に難しくなる……というあたりに、やり込み好きな日本人の国民性(たぶん)が反映されているのかもしれません。

 個人的には、実績/トロフィーはゲームの遊び方を変えた偉大な発明だと思いますが、一方でユーザーからは「やり込みを強いられているようでイヤだ」という意見があがっているのも事実。みなさんは実績/トロフィーについてどう思いますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」