ニュース
» 2011年07月08日 19時18分 公開

節電推進Ver.でヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA:箱根に第3新東京市立第壱中学校が開校したので登校してみた (2/2)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

いよいよ2年A組へ

アニメっぽい構図でがんばって撮影
入るとレイとアスカがお出迎えしてくれる

そうか、日直はヒカリとトウジでしたか
よくみると2014年度と書いてある
いかにも教室に“ありそう”な掲示物が並んでいる

乱雑に放り込まれている体操服……レイのはどれでしょうか? アスカのでもいいです
山口県特産のしもらく牛乳が放置されている。トウジの?
レイのお弁当と薬を机の上で発見

地震に対する心構え
アスカの生写真だと? うむ、全部もらおうか
それぞれの個性がにじみ出ている書道の作品


2年A組以外の展示室

ほかの教室にはジオラマや劇中のシーンと実際の場所の対比をしたパネル展示を実施

設定資料とともにレイとマリの制服も展示されている

テーマが節電ということで、電力補完をテーマにした展示も


 こうして校内を順路に沿ってめぐっていくと、最後に体育館へと導かれる。ここにはレイとアスカ、そして初号機のフィギュアとともに、「NERV公用車仕様プリウス」が展示されている。ここの電力が校舎入口でフル稼働しているハイブリット車からの電源供給によるもの。イメージ的には第5使徒ラミエル殲滅を目的とした「ヤシマ作戦」をイメージしてもらいたい。なお、トヨタ プリウスPHV(プラグインハイブリッド)は、家庭用電源から直接充電することができるハイブリッド車で、通勤や買い物など近距離は電気自動車(EV)として、長距離は従来のハイブリッド車として走行できるトヨタ自動車が推進する次世代のエコカーである(2012年市販開始予定)。

 体育館では「葛城ミサト」によるトヨタ プリウスPHVを解説するオリジナルムービーが公開されているほか、「第壱中学校購買部」として箱根町限定のヱヴァンゲリヲン土産やオリジナルフレーム切手セットなどオリジナル物販も催される。

使徒殲滅を使命とする特務機関「NERV」の公用車として「トヨタ プリウス PHV」の配備が決定(写真右のクルマが今回配備されることになったもの)。決め手は、先進性と環境性能、そして“活動限界の長さ”を備えた点。PHVとは「プラグインハイブリッド車」のこと。家庭用電源から充電して、バッテリーに電気を蓄えることのできるタイプのハイブリッド車。大容量のリチウムイオン電池で1回充電すると、電気だけでの走行距離は23.4キロにも及ぶ

プレス内覧会では、「NERV公用車仕様プリウス」を箱根町へと引き渡す贈呈式も実施。トヨタマーケティングジャパンの新井範彦副社長から箱根町観光協会の数馬勝理事長へと鍵が渡されるセレモニーも行われた

「トヨタ プリウスPHV」の特徴をNERV戦術作戦部作戦局第一課の葛城ミサト一尉が自ら解説してくれるオリジナルムービーも公開
なお、イベントはエスティマハイブリッドからの電源供給による運営している。このへんが“節電推進バージョン”であり“電力補完計画”と呼称するいわれである

購買部も設置。「NERV謹製饅頭 箱根二子山」でおなじみのしいの食品から、箱根町限定商品「第3新東京市土産 ジオフロント直送 西瓜饅頭」を発見。日本政府観光局制作「COOL JAPAN:のポスターにもなった綾波レイが持つうちわも販売されていた

 「ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画 in 第3新東京市立第壱中学校」は今週末のみの開催となる。現在箱根地区の6カ所に、UCC箱根オリジナルデザインの「第3新東京市専用自動販売機」が設置されたり、小田原から箱根への観光道路「TOYO TIRES ターンパイク」の料金所で「『電力補完計画』へ行く!」と申告すると「メンソール入り 眠けとり」がプレゼントされたりと、ご当地巡りをしながら発見を楽しめる施策も用意されている。ぜひ週末は箱根へと足を運んでいただきたい。

 なお、イベントの再現テーマでもある「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版」として8月26日の金曜ロードショーでTV初登場することも決まっている。

(C)カラー


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた