ニュース
» 2011年12月06日 10時38分 公開

まさに「才能の無駄遣い」の宝庫――「Make: Tokyo Meeting 07」へ行ってきたMake: Tokyo Meeting 07(2/2 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2       
画像画像 アシュラマンの気分になれる「第3の手」。おでこに筋電センサーを取り付け、こめかみに力を入れる(=歯をくいしばる)ことで、手を握ったり広げたりが可能

画像画像 こちらも同じく、筋電センサーを使って操作する車イス。操作はやはり歯をくいしばることで行い、左右どちらかだけに力を入れると旋回、両方同時に食いしばると前進。思った以上に操作の精度・レスポンスがよく、練習なしでも自在に操縦することができた

画像画像 LEDを組み込み、「光る初音ミク」衣装を作ってしまった人。あらかじめプログラムしておけば、曲に合わせて光らせることもできるのだそう。着ているのは女装者/コスプレイヤーの“ひろこ”さんで、光る初音ミク衣装自体は筑波大学人文学部類宗教学コース くとのゼミ有志メンバーによるチーム作品とのこと

画像 「いいね!」っぽいボタン。押すと液晶内の「いいね!」カウンターが増えます

画像 こちらは以前動画を紹介したこともある「ラピュタの飛行石」。中心から照射される緑のレーザーは、国際宇宙ステーションの位置をリアルタイムで指し示すのだそう。おでこにピカーッと当ててムスカになりきろうと思ったんですが「レーザーが目に入ると失明しますよ(笑)」と言われ断念

画像画像 ニコニコ技術部による、輪ゴム鉄砲ならぬ「ガトリングゴム銃」。たかが輪ゴムと侮るなかれ、最大96発まで装填でき、発射スピードは毎分1200発にも達するとのこと

画像 こちらもニコニコ技術部による「ムーンウォーク専用下駄」。底面にタイヤが付いており、またストッパーにより後ろにしか進まない機構になっているため、誰でも簡単にムーンウォークが修得できます

画像 カービィのぬいぐるみでプレイできる「コロコロカービィ」を発見。ジャイロセンサーでカービィを操作し、ぬいぐるみを「むぎゅっ!」とするとジャンプ

画像 頭にかぶって遊ぶARマーカーの展示。画面内では、コアラの頭をかぶったように見えます。追従性も高く、かなり自然に見えるのに驚き

画像 脈拍センサーと直結されており、指を当てると、自分の心臓の鼓動に合せて動く「走る心臓」。……キモイ!

 ――と、まだまだ面白い展示物はいっぱいあったのだが、キリがないのでこのへんで。

 個人的には、工房ヒゲキタさんの「手作りプラネタリウムとドーム3D映像」に、勝手に「面白かったで賞」を差し上げたい。プラネタリウムは20分ごとの入れ替え制だったのだが、20分おきにプラネタリウムの方向から「おおー!」「パチパチパチ」といったどよめきや拍手が聞こえてくる。プラネタリウムは鉄ナベだし、3D映像も赤青のメガネを使ったごく古いタイプのもの。にもかかわらず、たったそれだけの仕掛けで、あれほど人を感動させるものを作れてしまうところに、ものづくりの面白さが詰まっているように感じた。

「Make: Tokyo Meeting」の取材は今回で4度目になるが、毎回3つか4つくらいは「すごかった!」「面白かった!」という体験を持ち帰らせていただいている。モノ作りの根源的な楽しさに触れられる貴重なイベントとして、次回の「Make: Tokyo Meeting」にも大いに期待している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響