ニュース
» 2012年01月14日 13時05分 公開

「いまいち萌えない娘」はいかにしてスターダムを駆け上がったのか? 「奇跡」の1年間を振り返る誕生から1年(1/2 ページ)

昨年ネットを賑わせたものと言えば、神戸新聞社の求人広告から生まれたキャラクター「いまいち萌えない娘」だろう。そんな「いまいち萌えない娘」のねとらぼデビュー1周年を記念して、生みの親である神戸新聞社 デジタル事業局を訪れた。

[池谷勇人,ITmedia]

まさに「公式が病気」(褒め言葉)

 神戸新聞社の「いまいち萌えない娘」を当時のねとらぼが取り上げてから、1月14日でちょうど丸1年になる。

「右のキャラクターが、いまいちいけてない(萌えていない)理由を3つあげなさい」

 そんな求人広告からはじまった「いまいち萌えない娘」の人気は、Pixivをきっかけに火が付き、ニュースサイトを経由してたちまちネット上へと広がった。確かにいまいち萌えないが、なぜ萌えないかと言われると答えに困る。「どうして萌えないのか?」「こうすれば萌えるんじゃないか?」――議論が議論を呼び、「いまいち萌えない娘」はたちまち注目を浴びる存在となった。

画像 すべてのはじまりとなった求人広告。いま見てもかなりのインパクトがある

 ネットで話題になってからの神戸新聞社の対応は早かった。数日後には公式Twitterアカウントが開設され、次いで専用のFacebookページも作られた。3月には「いまいち萌えない娘」の公式サイトもオープンし、運営による「公式同人誌」(PDF版)は、現在までに累計1万ダウンロードを記録。Pixivニコニコ動画における二次創作も盛んで、いつしかネット上では「公式が病気」「神戸新聞はじまったな」――といった「褒め言葉」(皮肉ではなく本当に)があちこちで聞かれるようになった。「奇跡でしたね」と、「いまいち萌えない娘」を担当する、神戸新聞社 デジタル事業局の矢野正樹さんは当時を振り返る。

 なぜ「いまいち萌えない娘」はここまでのコンテンツになり得たのだろうか? 1周年を記念して、育ての親である矢野さんを取材し、「いまいち萌えない娘」の1年間を振り返っていただいた。

 ちなみに以下は、昨年ねとらぼが扱った、「いまいち萌えない娘」の記事一覧。今さら突っ込むのもなんだが、扱いすぎである。

偶然が生んだ「いまいち萌えない娘」

画像 神戸新聞社のオフィスビル。「いまいち萌えない娘」はここから生まれた

 「いまいち萌えない娘」が生まれ、ひとつのコンテンツとして離陸するまでには、実は様々な偶然の積み重ねがあった。矢野さんはその偶然を「ピタゴラスイッチのようだった」と語る。

 そもそもすべての元凶はあの「萌えない」求人イラストだ。しかし、あれはもともと「萌えない」ように描いたのかというと、そうではないという。「社内でちょっと絵心のある人をつかまえてきて、無理矢理描かせたんです。ただ、その人はいわゆる“萌え絵”についてはまったくの素人で、その結果ああいうイラストになった」(デジタル情報部 部長 西栄一さん)

 が、この時点ではまだ単なる「微妙な萌えイラスト」だ。第2の偶然は、そこへ別の部員が「いまいち萌えていない理由を3つあげなさい」という例の設問をキャッチコピーとして追加した点にあった。微妙すぎるイラストと、それを活かした絶妙なコピー。かくして、奇跡の化学反応によって「いまいち萌えない娘」は誕生し、2010年12月29日、神戸新聞ホームページにて最初のデビューを果たすこととなった。


画像 「いまいち萌えない娘」を担当している「デジタル事業局」

 ところが広告を掲載しても、すぐに反応があったわけではなかった。応募が殺到しはじめたのは、応募締め切り日(1月14日)の午後になってから。前々日あたりからPixivや掲示板などで盛り上がっていたのを、ねとらぼがトピックとして取り上げたのが原因だった。

 「(もう5時ですけど)これから履歴書を持って行っていいですかとか、明日でもいいですかといった電話が人事部に殺到したんです。京都や大阪からわざわざ届けにくる人や、夜中に通用口まで持ってくる人もいた。あまりの反応の多さに人事部の業務に支障をきたしてしまって、人事担当者からひどく怒られました(苦笑)」(西さん)

 最終的に、2名の採用枠に対し100名近くもの応募があった。倍率50倍。普段の応募数は10名ほどだというから、その反響の大きさがうかがえる。応募者の顔ぶれもそうそうたるもので、中には声優志望、歌手志望の人などもいたという。

「でも、それも1つのミラクルだったんです。あのとき怒られたおかげで今がある。たぶんどのパーツが欠けてもこんなふうにはならなかった。あのイラストがあって、あのキャッチコピーがあって、さらにそれを盛り上げてくれたユーザーやメディアがあって……。奇跡のような確率の積み重ねで『いまいち萌えない娘』はここまで来れたんです」(矢野さん)

画像 これまでファンから送られた手紙や作品はすべて大切に保管されている
画像 どれだけ「いまいち萌えない娘」が愛されているかがよく分かる

グッズの売り上げを震災被災地へ寄付

 「いまいち萌えない娘」として震災被災地への寄付も行った。2月下旬、キャラクターグッズ製作の「COSPA」から、「いまいち萌えない娘」のグッズを制作したいという提案があり、利益はすべて寄付にまわすという条件でこれを了承した。当初は全額を阪神淡路大震災の震災遺児へ寄付する予定だったが(神戸新聞社も阪神淡路大震災で被災している)、その後3月11日の東日本大震災を受けて、半分を阪神淡路へ、もう半分を東日本の被災地へと送ることにしたという。

 またこんなエピソードもある。1冊目の「公式同人誌」が制作された3月中旬のこと。当初頒布予定だった即売会が震災の影響で中止になってしまい、いまいち萌えない娘が「どうしよう」とTwitterでつぶやくと(この同人誌の印刷費用は西さんのポケットマネーから出ていた)、フォロワーから「被災地への寄付分を上乗せして通信販売してほしい」という提案があった。「それはいい」とさっそく購入希望者を募ると、当初用意していた100部はまたたくまに完売、さらに追加で刷った200部もたちまち売り切れになってしまったという。結果、7万円ほどを被災地へ送ることができ、西さんもなんとか印刷代を回収することができたそうだ。

画像 COSPAより発売されたマグカップ。他にストラップ、Tシャツも作られた

画像 「いまいち萌えない娘」の誕生を描いた公式同人誌「エピソード0」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」