ニュース
» 2012年02月10日 14時43分 公開

手塚治虫の命日にTwitterでイラスト続々 プロの漫画家も参戦で大盛り上がり2月9日はまんがの日

手塚治虫の命日に合わせ、Twitterでは手塚作品のキャラを描いたイラストがたくさん投稿された。プロの漫画家やイラストレーターもその流れに続き、個性あふれる作品がタイムラインに並んだ。

[ITmedia]
画像 Togetterにまとめが

 2月9日は手塚治虫の命日にちなんで制定された「まんがの日」。Twitterではユーザーたちが手塚作品のキャラを描いたイラストを投稿し、盛り上がっていた。プロの漫画家やイラストレーターもその流れに続き、個性あふれる作品がタイムラインに並んだ。

 手塚治虫の長女・るみ子さんの呼びかけで始まったこの企画。「鉄腕アトム」「ブラックジャック」「火の鳥」など、それぞれが好きな作品のイラストを描いて投稿している。いくつかイラストをピックアップして紹介していこう。

 まずはアトムから。イラストレーターのYAM2(@yam_owl)さんは勇ましいポーズを決めたアトムを投稿。これはかっこいい! 「コミックビーム」で「イムリ」連載中の漫画家三宅乱丈(@rarannji)さんは女の子風の色っぽいアトムを描いた。「電撃コミックジャパン」で「オオヤシマ〜遣独愚連艦隊航海記〜」を連載中の漫画家松田未来(macchiMC72)さんは鉄腕アトムに登場する「白い惑星号」を披露。なかなかマニアック(?)なチョイスだ。中には「おさわり探偵なめこ栽培キット」のなめこ風アトムを“ついかっとなって”描いてしまった方もいた。


画像 イラストレーターのYAM2(@yam_owl)さんによるかっこいいアトム
画像 「コミックビーム」に「イムリ」連載中の漫画家三宅乱丈(@rarannji)さんによる女の子風のちょっと色っぽいアトム


画像 電撃コミックジャパン」で「オオヤシマ〜遣独愚連艦隊航海記〜」を連載中の漫画家松田未来(macchiMC72)さんによる「白い惑星号」
画像 なめこ風アトム。んふんふ

 漫画デザイナーの関善(@seki_yoshi)さんがアレンジを効かせて描いたブラックジャックは、元より渋みが増していてかっこいい。「月刊コミックフラッパー」で「ダンスインザヴァンパイアバンド」を連載中の環望(@tamakinozomu)さんは、執筆中の原稿にブラックジャックを忍ばせてしまった模様。こ、こんなことしていいの? 「TOKYO妖怪図鑑」の著者ゴトウマサフミさんは、自身が手がけるたらこくちびるのキャラ「だるだるくつした」とピノコをコラボさせたイラストを投稿している。もはやピノコの原型はないが、これはこれでかわいい。


画像 関善(@seki_yoshi)さんがちょっとアレンジを効かせて描いたブラックジャック
画像 環望さんが執筆中の「ダンスインザヴァンパイアバンド」にブラックジャックを!
画像 「だるだるくつした」とピノコのコラボ

 「ビッグコミックスピリッツ」で「このSを、見よ!」を連載中の北崎拓(@takukitazaki)さんが描いた「火の鳥2772」の育児ロボット・オルガは、原作のちょっとエッチな雰囲気を忠実に再現していて、萌えるっ。「リボンの騎士」のサファイアをラテアートで描いてしまうユーザーも。もったいなくて飲めないぞ。

 ゲイ漫画を手がける田亀源五郎(@tagagen)さんは「やけっぱちのマリア」の秋田先生を最初「エロ系は自重」して描いていたものの、次の投稿では秋田先生がパンツ一丁に。あれれ……。さらには同性愛を描いた手塚作品「MW(ムウ)」の絵を、「私がこれを描かなくてどうする!」という意気込みで投稿していた。

 手塚作品のパロディーで知られる漫画家田中圭一さんは当初「ううう! 参加してぇのに、用事があってできねぇよ」とこの祭りに乗り遅れたようだったが、日付けが変わったころに楽しいお祭りをありがとうございましたとイラストをツイート。「流石の完コピ」などとフォロワーから好評だった。

 たくさんの漫画家やユーザーに今なお手塚治虫が愛されていることがうかがえた、まんがの日。その模様はTogetterにもまとめられている。


画像 北崎拓(@takukitazaki)さんが描いた「火の鳥2772」の育児ロボット・オルガ
画像 「リボンの騎士」のサファイアを描いたラテアート


画像 「やけっぱちマリア」の秋田先生が
画像 パンツ一丁に……!
画像 「MW(ムウ)」の絵も

画像 「HELLSING」で知られる平野耕太さんも参戦
画像 「楽しいお祭りをありがとうございました」と田中圭一さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10