ニュース
» 2012年02月10日 19時50分 公開

ねとらぼ知ったかぶりα版(2/4〜2/10):「美少女ブラ外し」アプリが“神”アップデート パジャマのボタンを外せるぞ

ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は見た目はスーツっぽいけれど、着心地はパジャマな「Suitjamas」や、「おさわり探偵なめこ栽培キット」のアニメが話題になりました。

[笹山美波,ITmedia]

 ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は見た目はスーツっぽいけれど、着心地はパジャマな「Suitjamas」や、「おさわり探偵なめこ栽培キット」のアニメが話題になりました。

画像 美少女ブラ外しPutti!

 先日記者のもとに、萌えキャラのブラジャーのホックを外すiPhoneアプリ「美少女ブラ外しPutti!」が「神アップデート」されたとの知らせが入った。ん? 神? なんだって……! 早速アプリを試してみることにした。

 美少女ブラ外しPutti!は、プレーヤーが男子学生となり、授業中の教室で、目の前の席に座っている女子生徒に息を吹きかけ、ブラジャーを気付かれないように外すゲーム。キャラが「そんな顔近づけて……」「ち、近いようっ」と照れたり、ブラを外そうとすると「何?」ととぼけた表情で振り向くのがいちいち萌える。記者は会社で何度もプレイしているが、その度に編集部員の失笑を買っている気がするのは気のせいか。iPhone/iPad/iPod touch向けで、価格は85円。

 今回の「神アップデート」では新たに1ステージ追加。もともと3ステージで、ビキニのブラひもを解くシチュエーションが終わればエンディングだったのだが、4ステージ目ができた形だ。今度は一体どんなシチュエーションだろう。開発者は以前から、ベッドで寝ている女の子のパジャマの前ボタンを外していくステージを追加したいと言っていたが……ま、まさか。アプリを起動し、メニュー画面に現れた「Stage4」のタブをタップすると、そのまさかが起こっていた。

 ピンクのパジャマ姿の女の子が、保健室のベッドで寝ている。記者はいつも通り端末を直立にして息を吹きかける。あれ? 彼女の「フィールパワーゲージ」が変化しない。ほかのステージとはプレイ方法が異なるようだ。ではではと、パジャマに付いた5つの小さなボタンを、上から下まで順番に指先で触ってみる。おっとまずい。「!」マークが表示され、気づかれそうに。端末を水平にして画面から顔を離し、知らないフリを決め込む。彼女はしばらく片目を開いてこちらの様子をうかがっていたが、気付かれずに済んだようだ。今度はパジャマのボタンを激しくこねくり回してみる。するとゲージが上がってきた。よしよし、この調子。ゲージが溜まった所で、ここからが本番だ。

 パジャマの1番上のボタンをつまむようにして画面をタッチすると、ガバッと胸の辺りが全開になった。おおお!!!!! しかもパジャマの下はノーブラじゃないか。これはエロい。引き続き第2ボタンを外しにかかろうとすると、興奮を抑えきれずゲームに集中できなかったためか、彼女に気づかれてしまった。毛布を抱きしめてこちらを向いて無言で怒っている。す、すまん……。この後何度もボタン外しにチャレンジしてみたが、ボタンに少し触れるだけですぐに悟られそうになって一向にゲームを進められず、ついにはクリアできなかった。うう、悔しい……!


画像 ピ、ピンクのパジャマ姿の女の子が!
画像 ボタンを外すと胸元が全開になった!
画像 気づかれてしまった。あちゃちゃ

 開発者の深町卓史(38)さんにその旨を報告したところ、このステージは少し難しく作ってあるそうだ。うう、やっぱり。攻略のポイントは1番下のボタンが画面下ギリギリに見えるよう端末の傾きを調整することと、外す時の2本の指を同時に画面にタッチすることと助言してくれた。アドバイス通りに再度プレイしてみたが、第3ボタンまでしか外すことができなかった。ちなみにクリアすると「外してどうするつもり?」と、ほほ笑みかけてくるらしい。どうするつもりって、そりゃあ……ねぇ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた