これは潜らずにはいられない 世界のダイビングスポットベスト10

ダイバーならば一度は行ってみたいと思ってしまうダイビングスポットばかり。いや、ダイバーじゃなくてもこれは行ってみたい!

» 2012年05月17日 19時19分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

1. バハマ 西大西洋

 バハマ諸島は約700の島々と2400の岩礁からなる、ほぼサンゴ礁の群島。暖かい海流は色とりどりな海洋生物を育んできました。洞穴や沈没した船などのダイビングスポットが点在しているそうです。

画像 Bahamas – Stuart Cove’s shark feeding / Photo from remainingoceansart

2. パプアニューギニア ビスマルク海

 太平洋南西部・パプアニューギニア近隣の海域であるビスマルク海には、太平洋戦争時に沈んだゼロ戦が漁礁となっている場所や、30メートル超えの透明度を誇るダイビングスポットが点在しており、グレーリーフシャークやシルバーチップ・シャークが乱舞しているそうです。

画像 Nakajima Kate / Photo from Murray Cornish

3. ガラパゴス諸島

 ダーウィンが進化論を着想した場所として有名で、固有種の宝庫。エクアドル本土より西約900キロメートルに位置し、大小120あまりの島々で構成されています。火山活動が続いており、島によってはダイビングに適していない場所も。ほとんどの島々が国際保護の管理下にあるので、それほど自由はきかないようです。が、だからこそ手つかずの自然が広がっています。

画像 Wolf island / Photo from hsacdirk

4. ランギロア島 ポリネシア

 「広大な空」という意味のランギロア島は、その名のとおり海と空しかないぜいたくな環境がそろっています。ランギロア環礁は琵琶湖の面積の2.6倍ほどの大きさで、マーシャル諸島のクワジャリン環礁に次ぐ世界第2位の大きさを誇るのだとか。

 ダイビングの名所であり、マンタやバラクーダなどの遭遇が容易だとか。リゾート地でもあるため宿泊施設は充実しているようですよ。

画像 Rangirora – Green Lagoon / Photo from JulienNarboux

5. リヴィエラマヤ メキシコ

 カンクンから遺跡のあるトゥルムの間に急速に開発されたリゾート地がリヴィエラマヤ。ユカタン半島に点在する泉(セノーテ)へのダイビングとともに、透明度50メートルを誇るコスメル島でのダイビングが人気を集めています。

 海岸線では入り組んだ洞窟へのダイビングもでき、マヤの遺跡とあいまってカリブの海賊気分を味わうことができそう。

画像 Cavern diving in the Chac Mool cenote in Quintana Roo. / Photo from brad77

6. グレートバリアリーフ オーストラリア

 言わずと知れたオーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯。大部分が漁業や観光などが制限されています。宇宙からも見ることができるほど大きいのだとか。絶滅危惧種など固有種も多く、クジラやイルカ、アオウミガメなどありとあらゆる生物の安住の地となっているようです。

画像 Great Barrier Reef Marine Park, Queensland, Australia / Photo from !snednas!

7. リトルケイマン島 英領西インド諸島

 ロバート・ルイス・スティーブンソンが書いた「宝島」のモデルとなったケイマンブラック島などもあるケイマン諸島のひとつ。フランスの海洋学者であるジャック=イヴ・クストーが世界で3本の指に入るダイビングスポットだと絶賛したのがここ。海賊たちの拠点にもなっていた時期があり、やはりカリブの海賊ごっこ……(以下略)。

画像 Grand Cayman 9ft Bronze Mermaid / Photo from Sam Cathey

8. ボネール島

 こちらもカリブ海。カリブ海にいればもうダイビングせざるを得ないほどダイビングスポットだらけなのではないでしょうか。ボネール島は、ベネズエラ沖合にあるオランダ領の島。フラミンゴの生息地としても知られています。

画像 Turtle / Photo from edpdiver

9. マーシャル諸島 ビキニ環礁

 ビキニ環礁はマーシャル諸島共和国の一部で、1946年から1958年にかけて核実験場としてアメリカ合衆国が23回もの核実験を行ったことで有名です。サラトガや長門など太平洋戦争で活躍し、のちに核実験のため沈められた戦艦たちが今は漁礁となり海底に横たわっています。

画像 Nagato Battleship / Photo from rjdiver

10. ブリティッシュコロンビア

 カナダの1州で、太平洋に面している海岸付近ではシャチが定住していることで有名です。クルマエビ、イチョウガニ、アシカ、タコ、リングコッドなどが生息しており、海藻類も豊富なんだとか。今まで紹介したダイビングスポットとは生態が異なりまた違った体験ができるのではないでしょうか。

画像 Orca / Photo from pranjal2008

 これらのダイビングスポットのセレクトはHottnezの「The 10 Best Diving Places of the World」によるものです。

関連キーワード

生物多様性 | リゾート | 水着 | イルカ | 観光


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」