ニュース
» 2012年08月13日 20時23分 公開

音楽ゲーム? ストラテジー? 謎が謎を呼んだ「orgarhythm(オルガリズム)」とは結局なんだったのか日々是遊戯

「どんなゲームかさっぱり分からない」と話題騒然のあのゲームがついに発売に。

[池谷勇人,ITmedia]

 「スペースチャンネル5 パート2」や「Rez」「ルミネス」などを手がけた平井武史氏の新作「orgarhythm(オルガリズム)」が8月9日、PS Vitaで発売された。

画像

 遊んでみて思ったのは、このゲーム、これまで平井氏が関わってきた作品とは一つ、決定的な違いがあるということ。

 「Rez」も「ルミネス」も言ってしまえばバーチャルドラッグのようなもので、ゲーム要素なんてあってないようなものだった(だから良かった)。ところが本作、一言で言うと、ムッズいんですよ! 序盤はともかく、中盤以降はかなり忙しく頭と指を動かさないとクリアできないし、後半のステージになると、ちょっとリズムがズレただけで総崩れになってしまう。これまでの作品よりもかなりゲーム寄りな作りになっいて、最初はちょっと面食らった。

 ゲーム内容は、一言で言えば「タワーオフェンス+リズム要素」。開発にあたっては「Anomaly Warzone Earth」というゲームの影響を強く受けたという。

 プレイヤーは「光の神」となり、自分をあがめる「光の民」たちを引き連れ、わっしょいわっしょいと踊りながらルート上を練り歩いていく。道中には敵である「闇の民」が待ち構えており、プレイヤーは民に指示を与えてこれを迎え撃つ。“タワーディフェンス”と違って、自分がルートに沿って侵攻する側だから“タワーオフェンス”というわけだ。

 面白いのは、ここに「リズム要素」が加わっている点。民への指示は画面のアイコンを指でタップすることで行うが、BGMのリズムに合わせてタップできると民のレベルが上がり、音楽もどんどん豪華になっていく。逆にズレているとレベルが下がり、音楽もヘナヘナになっていく。

 タワーオフェンス自体けっこう頭を使うゲームなのに、これにリズム要素まで加わると、もはやちょっとした「脳トレ」状態。「Rez」や「ルミネス」のまったりとしたプレイフィールとは正反対ですね――と平井氏に言ったら「もうそういうのは飽きました(笑)」だそう。勝手にあの路線が持ち味だと思っていただけに、内心ちょっと「えええっ!」とびっくりした。

画像

 本作はもともとアクワイア側から「音楽ゲームをやりたい」と平井氏に提案したのが出発点。「濃い」ゲームはお手の物のアクワイア(でも音楽ゲームのノウハウはない)と、かたや音楽ゲームにかけては一級品の平井氏。この二者が組み合わさって生まれたのが「orgarhythm(オルガリズム)」なのだそうだ。

 「Rez」や「ルミネス」に比べると敷居はむちゃくちゃ高いが、リズム・音楽・攻略の各要素がドンピシャリと重なった瞬間の高揚感は、練習を重ねてようやく難しい曲が弾けるようになった時のうれしさに近い。プレイヤーがより能動的に音楽と関わっていく、新しい「音楽とゲームの融合」を見せてもらった気がする。

 ところで本作、プレイヤーの後ろを踊りながらくっついてくる民たちが「スペースチャンネル5」みたいだなあ、と思っていたら、「スペースチャンネル5」でうららの中の人(モーションアクター)を演じたNAHOさんが、本作でも一部モーションを担当しているそう。うららファンの人は、これだけでも遊ぶ価値アリですよ!

画像

(c)2012 ACQUIRE Corp. XSEED JKS, INC. Published by ACQUIRE Corp.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」