ニュース
» 2012年09月04日 11時52分 公開

女子大生に「Facebook」疲れなし? 女子アプリコンテスト受賞者に聞いた今時ネット事情 (1/2)

ギークではない普通の女子がスマホアプリを作るコンテストで入賞した、「一般女子の感覚」を持った女子大生2人組にイマドキのネットやアプリ事情について聞いてみた。

[池田園子,ITmedia]

 ギークでなくても、アプリを作れるようになる――IT・デジタルコンテンツ専門スクールのデジタルハリウッドが「JointApps」というアプリ作成アプリを年内にリリースする。いろいろな機能が搭載されたブロックを選んでつなげるだけで自分の好きなアプリを作れるというものだ。

 このJointAppsを使ってスマホアプリを制作するコンテストが、女子高生・女子大生限定で開かれた。参加者には、写真を使うことが必須、制作時間に制限があるなどの条件が課された。

左から審査員のデジタルハリウッドの古賀鉄也社長、インテルの吉田和正社長、ゲストの増田萌絵さん、松浦雅さん(第1回JUNONプロデュース ガールズコンテスト入賞者)

1日4時間×2日でアプリを作る

 コンテストの候補者は9組(1組1〜3人)。審査会の会場には高校2年生から大学4年生まで若い女子が次々と登場した。彼女たちが発表したアプリは、撮影した写真をデコって即SNSに投稿できるアプリ、写真と音声を使ってサプライズ用の画像を作るアプリ、料理写真とお店を記録するためのアプリ、4枚の写真と4文字で気持ちを伝えるアプリ、あみだくじを作るアプリなど、制限のある中でも工夫していることが伝わってくる。1組10分程度のプレゼンも、パワーポイントで上手くまとめ、トークも軽快。最近の若者のレベルは高いなぁと、当時の自分と比べ、堂々した億さない姿に感心してしまう。

MCの鮎河ナオミさんとホリさん
プレゼンする参加者

 審査員はインテルの代表取締役社長 吉田和正氏と、デジタルハリウッドの代表取締役社長兼CEO 古賀鉄也氏。2人の審査により、写真と音声でサプライズ用の画像を作る「写真と音でサプライズ」を作った「チームれっどぶる☆」にデジタルハリウッド賞、4枚の写真と4文字で気持ちを伝える「気持ちを伝える 君に届け!」を作った「チーム地学」にインテル賞が贈られた。

デジタルハリウッド賞の「チームれっどぶる☆」

 チームれっどぶる☆は慶野奏さん(青山学院大2年)、髙木萌香さん(国際基督教大2年)の2人組。アプリを作ってはいるが、ギーク女子とはほど遠い、普通の女子大生。見た目にも気を使っている子たちでかわいい。

 苦労した点を聞くと、「1日4時間限定で2日で作ると決められていたことです」と慶野さん。髙木さんは「2人の日程がどうしても合わず、2日目は慶野さんに任せきりになってしまったことですね」と苦笑。初日に綿密なブレストをしてコンセプトを考え、2日目から本格的にアプリ作りに着手し始めた。

 「JointAppsを使ってプログラムが組み込まれたブロックを組み合わせていきます。最初にやり方さえ分かれば作れるようになります」と慶野さんは話す。アプリが好きだったり、アプリ作りに興味があったりするものの、ITの知識に詳しいわけではない――そういった子たちにとって、JointAppsは「アプリ開発の最初のきっかけ」となりそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた