ニュース
» 2013年01月28日 11時32分 公開

ジャンクがミクに変わる――パーツに命を吹き込み、芸術を生み出すアーティスト(後編)

ボルトやナットなどのジャンクパーツから作品を生み出すアーティスト、下平大輔さん。ハンドメイドの世界に入ったきっかけはプラモデルだった。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 下平さんは子どものころ、プラモデルからハンドメイドの世界に入った。それまでは普通の子どものようだったが、そのときから、どこか普通ではなくなった。

 「最初は説明書通りに、いわゆるプレーンビルドを作っていました。その次のステップは彩色なのですが、私はすぐにパーツを分解してほかのものを作ろうとしていました」

 はじめから、彼は普通のプラモビルダーとは違う道を進む変わり者だったのだ。だからといってモデル作りの世界でよくあるパーツのディテーリングや素材の加工のようなことをしなかったわけではない。友達がスケールモデルを作り始め、コーティングやウェザリングの技法だけを学んだり、ジオラマ作りに熱中する一方で、彼は一から作り上げることにはまり、マスターモデルビルダーへの道を進んだ。

 「ほかの人と同じ道は行かなかったんです。塗装の方には進みませんでした。色は塗らないんです」

 彼が金属スクラップから作った最初の作品はメカゴジラだったが、本物のメカゴジラをモデルに作ったものではなく、オリジナルだった。それ以来、彼は捨てられたスクラップを使って新しい生き物を作り続け、今に至る。不定形のパーツを使うのはたやすいが、彼は楽な道を行かない。逆にパーツの形を生かしてデザインを完成させる。彼には、不定形のパーツを使ったり、色を補うことはズルに感じられるのだ。

 話を終える前に、彼のスタジオがどんな状態なのか聞いてみた。大量のパーツが散らかっているのだろうか。

 「ちゃんと整理してますよ。同じパーツや対になるパーツをセットにしています。生き物はだいたい左右対称ですから」

 これが達人の知恵というものなのだろう。

Facebook:https://www.facebook.com/junk.shimodaira

Photos by Tetsuya Hara

原文:Daisuke Shimodaira - A Master in the World of Magnificent Junk Art [2/2]

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も