ニュース
» 2013年04月23日 13時51分 公開

東京のジオラマに自由にプロジェクションマッピングができる「TOKYO CITY SYMPHONY」

1000分の1サイズの東京の街並みに、さまざまな映像を投映して自分だけのシンフォニーを演奏できます。

[ねとらぼ]

 東京の街並みを1000分の1サイズで再現したジオラマにプロジェクションマッピングを投影できるサイト「TOKYO CITY SYMPHONY」がオープンしました。

 こちらのサイトは、六本木ヒルズが4月25日に開業10周年を迎えるのを記念して公開されたもので、「進化するTOKYOを、世界中の人たちと奏でる」ことがコンセプト。ユーザーは自由にプロジェクションマッピングを楽しむことができ、自分だけのシンフォニーを演奏できます。

3つの都市

 “演奏する都市”は、未来都市、ロックシティ、江戸シティの3種類があり、どれか1つを選択してキーボードをタッチすればOK。押したキーによって異なる音と映像が表示され、あたかもピアノを弾くように、色々な都市のモチーフを演奏することができます。“完成したシンフォニー”は、名前とアイコンを設定して保存可能。さらに、TwitterやFacebookなどSNS上で共有できます。「あなたの手で、東京をもっと面白く」――新しい映像体験を楽しめます。

キーボードの操作に応じて音や映像が出てくる
ROCK CITY

関連キーワード

六本木ヒルズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.