ニュース
» 2013年04月24日 17時01分 公開

「大好きでした」――老舗「ムトウ楽器店」が89年の歴史に幕 アイドルヲタに愛された名物コスプレ店長

4月いっぱいで閉店することが決まった、高田馬場の老舗「ムトウ楽器店」。“ヲタの裏聖地”とも呼ばれ愛されたその理由とは。

[寺西ジャジューカ,ITmedia]

 東京・高田馬場にて89年間営業していた老舗CDショップ「ムトウ楽器店」が、今月いっぱいで閉店することが決まった。

 このニュースが同店のTwitterアカウント(@kenkorou)から発表された2月11日以降、ファンからは「ほんとうに残念!」「どうして愛されるものが終わってしまうのか……」と、惜しむ声が止まらない。なぜこの店は、そこまで愛されていたのか、同店のアイドルに対する愛情をうかがってきた。

画像画像 アイドルグループ「ひめキュンフルーツ缶」のコスプレで接客する店長(左)/元はこれです(右)

画像画像 こちらはアイドルグループ「RYUTist」のコスプレ(左)/同じく元はこんな感じ(右)

「アイドルコスプレ」で一躍有名に

 2010年7月ごろから、「アイドルのコスプレをして、店頭に立つ」という試みを同店の足立賢吾店長はスタート。新譜発売日に合わせ、アイドルのコスチュームに身を包んだり、ダンスを覚えて店頭で披露し、その模様をYouTubeにアップしたりした。こうした活動の結果、「ムトウ楽器店」は次第にアイドルヲタが集う聖地として名を馳せていく。

画像 「元々は『ジャズとクラシックに強い』と言われていたんです」(足立店長)

 実はそれまでの足立店長、愛聴している音楽はヘビーメタル一辺倒(IRON MAIDEN推し)だったらしい。しかし2009年にAKB48の楽曲「10年桜」「涙サプライズ」に出会い、新境地を開拓。

「ストレートなアイドルソングで、非常にポップでキャッチー。そして、コンパクトにまとまっている。気になって、夜な夜なYouTubeを観るようになりました(笑)」(足立店長)

 楽曲の魅力が、全ての始まりだった。


「アイドル推し」で熱狂的なファンも

 閉店の理由に関し、足立店長は「まぁ、儲からないからということですよね(苦笑)」と、あっけらかんと答えてくれた。CDの生産量が落ち続けているここ10数年、比例して店舗の売り上げも下降気味に。そんな状況に抗うための“アイドル推し”コンセプトだった。

 結果、熱狂的なファンも誕生した。

「『ムトウ楽器店Z』(ももいろクローバーZにかけて)としてリニューアルオープンするんじゃないかって声もお客様からはありますけど、ありえないっす! そうできたら、面白いですけどね(笑)」(足立店長) 

 ファンによる“閉店を惜しむ声”はTogetterにもまとめられているので、気になる方は見て感傷に浸ってみてほしい。

画像 JR山手線・高田馬場駅早稲田口より徒歩1分の場所にある。早稲田大学生による利用も非常に多かった

画像 Togetterにも「ムトウ楽器店の閉店を惜しむ声」はまとめられている。アイドルファンが集う“裏聖地”だったことがよく分かる

 もちろん閉店後も、アイドルの応援を止めるつもりはない。

「今までは土曜が休みで、その日は2〜3現場(ライブやコンサートなど)を回るようにしてましたが、これからはしばらく自由が利きますんで。今までは週に1回しか休みがなかったですし……」(足立店長)

 ところで、気になるのは店内に展示されているサインやポスター類の数々。

画像画像 天井には直筆サイン入りTシャツが(左)/サインやポスターが所狭しと(右)

画像画像 隙間が見当たらない(左)/直筆サイン入りポスター(右)

画像画像 ブロマイドも綺麗に貼られている(左)/こちらにもブロマイドが(右)

画像画像 あのブレザーを手放すわけにはいかない(左)/アイドルからムトウ楽器店へ感謝のメッセージも多い(右)

画像画像 こちらはカウンター前。壮観としか言いようがない(左)/モチベーションの上がる職場だ(右)

「店を畳むに当たってサインやポスターは持って帰ろうと思っているんですけど、衣装をどうするか……。持って帰ったら、カミさんに怒られるなっていう(笑)」

画像 「野菜シスターズ」の前田敦子のコスチュームを再現

 きっと足立店長がアイドル現場に赴く際、今までの衣装が再び活躍する日がやって来るに違いない。


最終日“あっちゃん”降臨をひっそりと願う

「一日の営業を終える時、店内BGMを前田あっちゃん(前田敦子)の『夜明けまで』にしているんです」(足立店長)

 これは、2011年6月に発売された彼女のソロシングル「Flower」のカップリング曲。曲調がすごく好きだったのと、雰囲気が閉店時間のお知らせにマッチしていたので、「蛍の光」代わりに毎日流していた。かれこれ2年近く、毎日だ。

 だからこそ、期待を抱かずにはいられない。

画像 Twitterでも「最終営業日の4月30日、果たして あっちゃんの降臨はあるのか?!」とツイート

 最終日である4月30日には、「MAGIC」と「WELOVE」2組によるアイドルイベントが立て続けに開催される。そして、その後のサプライズを同店は待望しているのだ。前田敦子の来店である。

「Twitterから呼び掛けているのですが、本人にまでとは行かずとも太田プロくらいまでは届いてくれないかなって(笑)」(足立店長)

 これは、ムトウ楽器店からあっちゃんへ一方的に投げ掛けられているラブコール。実際に“前田敦子降臨!”となるかどうかは置いといて、その姿勢はまぶしかった。


本当は、誰推しなんですか?

 ところで、足立店長が一番好きなアイドルって、一体誰なんだろうか?

「いろいろな現場に行ったり、いろいろなアイドルがお店に来てくれたりで、もう誰が一番とか言えない状況ですよね。DD(“誰でも大好き”の略)です。僕なんか、クソDDですよ(笑)!」(足立店長)

 そんなことない。どのアイドルに対しても深い愛情で接していたのは、彼女たち自身が知っている。だからこそ、閉店に際してアイドルからの直筆メッセージが多数寄せられたのだ。店内にはそれらのメッセージが貼られており、アイドルからの愛あるメッセージをこの目で見ることができる。

画像 「大好きでした」「ムトウさん大好き」「マジ○チ店長足立様 愛してるZっ」

画像画像画像 閉店ボードにもアイドルからの寄せ書きが。ムチャクチャ書いてある

 ムトウ楽器店の閉店を惜しみ、以下のアイドルイベント開催も決定している。

4月28日 ムトウライブ(恵比寿Live Gate)

5月4日 MUTO IDOL FESTIVAL(Studio Cube)

5月5日 5月5日は端午の節句!HIKO☆星祭with足立店長w(仙台での定期公演)

 閉店日の4月30日まで、店内の商品ほぼ全品が50%引きの閉店セールも実施中。自分を「クソDDです!」と言いつつ、最後までアイドルとファンに愛された足立店長の勇姿をぜひ見届けに行ってみてほしい。

画像 衝撃的なお知らせだった

関連キーワード

アイドル | コスプレ | 衣装 | Togetter | AKB48 | ダンス | 音楽


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙