ニュース
» 2013年05月28日 08時58分 公開

クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[2/3]

日本工学院クリエイターズカレッジには日本のポップカルチャーにあこがれる海外からの留学生も多く在籍する。留学生の現状を聞いた。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 先日お伝えした「日本工学院卒業展2013」レポートに続き、今回は日本工学院クリエイターズカレッジ長である佐藤 充(SATO MITSURU)氏に、日本でポップカルチャーを学ぶ留学生の現状や、今後の展望についてお聞きした。

――展示作品を拝見したところ、海外からの留学生の作品が目に付きました。こういった学生は、どういった経緯で入学されたのでしょうか?

「日本のポップカルチャーに憧れを持つ方が、日本語検定試験を取り、実際に自分も作品作りに挑戦するために入学いただくケースが多いです。また、日本で生活をする中で、日本の文化に触れ、好きなアニメや漫画などを通して日本語を習得し、当校に入学される方もいます」

――現在の留学生の人数をお教えください。

「カレッジ全体で約280人、そのうちの半分が声優・アニメーションなどを扱う『クリエイターズカレッジ』に在籍中です。クリエイターズカレッジへの留学生は年々増加しており、今後もアジアの国々を中心にその傾向は続くと思います。校名の通り、もともとは工学系の学校として1947年に創立しましたが、現在は学生の3分の1がクリエイターズカレッジ生なのです(笑)」

――そうした人気学部で次の人材を育てる立場として、日本のアニメ、漫画などのポップカルチャーはどのように変わっていくと思いますか?

「まず日本のアニメ、漫画などのポップカルチャーは、国内でのビジネスとして限界に近づいてきていると思っています。商品も飽和状態で、制作技術の後継者も減少。さらに、海外のレベルも上がっている。特に韓国、台湾、中国はアメリカのCG技術を導入して目覚ましい進歩を遂げています。また、日本の文化を早くから取り上げていたタイ、インドネシア、ベトナムなどはイラストレーションのレベルがかなり高いですね。一枚絵の分野では、すでに日本と同等のレベルに達しているといってもいいかもしれません。ただ、ストーリーが軸となるマンガやアニメの分野では、まだ日本に優位性があることも事実です。だからこそ、先に挙げた国の人達は、自分たちに足りない話作りを学びたいという高い意識を持っています」

――そういった留学生は、どのような将来像を描いているのでしょうか?

「日本で働きたいという意識が非常に強いですね。その一方、日本の技術をアジアに浸透させるため、学生たちには日本で学んだスキルを母国に持ち帰っていただくことも大事だと考えています。そして、学生がいずれ母国で学校を開き、現地の方に学んでもらうサイクルを作ることが理想ではないでしょうか。安直に日本人が現地で指導するより、自国民が日本の文化を自分たちの文化と融合させて教えたほうが、遥かに優れた作品を作り出せます。そこで、現在は『技術を学ぶ』ことで終わらず、『学んだ技術を伝える技術』を考慮した指導者育成プロジェクトにも力を入れています。国際的な視点で見ても、優秀なクリエイターが世界中で技術を教える状況は、才能の分散という点で大きな意味があります。

例えば、留学生が日本で声優になるのは正直難しいですが、『声優のノウハウをつかんで母国で声優になる』、もしくは『声優を育てる』ことは可能性として大いにありうる。教育機関として、そういった部分にしっかりとアプローチをしていきたいです」

――日本で学んだ留学生が、世界のポップカルチャーの一翼を担う時代が近いかもしれませんね。→クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[3/3]

英文:Japan's Most Prominent Technical School Holds Graduation Exhibition [2/3]

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」